軽最高の安全性能車に何が? 日産&三菱 生産中止から一転緊急リコールのドタバタ裏事情

軽最高の安全性能車に何が? 日産&三菱 生産中止から一転緊急リコールのドタバタ裏事情

 2022年2月4日夜、日産と三菱は軽自動車3車種(日産ルークス、三菱eKスペース、eKクロススペース)のリコールを発表しました。対象車種は約8万6000台。3車種は昨年2021年12月から生産を中止しており、この問題の調査に当たっていたものと見られます。改善点はエアバッグ。日産ルークスといえば、国交省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する安全性能評価「JNCAP(自動車アセスメント)」において、最高評価の「ファイブスター賞」を獲得しています(2021年9月)。その、軽自動車最高の安全性能と評価されたルークスにいったい何があったのか? 本件について昨年12月から調べていた国沢光宏氏がお届けします。

文/国沢光宏
写真/日産、三菱、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】広くて使いやすくて安全で…高評価だった日産ルークス&三菱eKスペースに何が?(15枚)画像ギャラリー

■日産&三菱の最量販車ルークス&eKスペースに問題発生

 御存じの人も多いと思うけれど、昨年(2021年)12月3日から、日産と三菱自動車のスーパーハイト系3モデル(ルークス/eKスペース/eKクロススペース)を生産していた水島製作所の組み立てラインが停止している。この件、12月24日になって両社のWebサイトで「エアバッグが一定の条件のもとでは十分性能を発揮しない可能性がある」と公式のアナウンスを出した後、ずっと沈黙状態だった。

日産ルークスは先進安全装備「プロパイロット」を装備。JNCAPで予防安全82点満点中82.00点を獲得しAランク(100%)。事故自動緊急通報装置で8点満点中8点を獲得して先進型(100%)評価を獲得。衝突安全でも100点満点中86.54点を獲得してAランク(86%)。最高評価を獲得した
日産ルークスは先進安全装備「プロパイロット」を装備。JNCAPで予防安全82点満点中82.00点を獲得しAランク(100%)。事故自動緊急通報装置で8点満点中8点を獲得して先進型(100%)評価を獲得。衝突安全でも100点満点中86.54点を獲得してAランク(86%)。最高評価を獲得した

 当該車両に乗っている人は、生産中止になるほど安全性に問題を抱えた状態で乗ることを意味する。生産中止になるレベルなら、当然のごとくリコール対応になること間違いなし。なのに、なんの説明もないまま2ヶ月放置されたことになります。顧客第一主義のまったく逆をいく対応だったと思う。いつまで顧客無視を決め込むつもりなのかと注視していたら、2022年2月4日に急遽情報発信を行った。

 漏れ伝わる情報によれば、取締役の1人から「どうなっているんだ?」という強い声が出たらしい。

 日産、会議室などに『顧客第一』と書かれた赤いイスを置き、復興の目玉コンセプトにしているという。なのに業績の回復と共に日産の悪いDNAである「事なかれ主義」が多々出ていると嘆く日産社員も多いと聞く。とはいえ日産社内に顧客第一を考える人がいるのはいいニュースです。

 結論から書くと、生産中止になったのは運転席エアバッグの問題(詳細は後述)で、リコールを行う。具体的には運転席エアバッグを、糸で展開をコントロールするタイプに交換し、その上でニーエアバッグも追加するという大がかりなもの。2月11日から生産を再開する車両だけでなく、既納客のリコール対象車も運転席エアバッグ交換&ニーエアバッグ追加になります。

 私が調べた限り、ニーエアバッグのような大物部品を追加装着するリコールなど過去に例が無い。けっこうな対策コストになるけれど、「やるからには徹底的にやろうと思います」ということのようだ。相当時間掛かった点についちゃまったく褒められないけれど、2月8日に予定されている決算説明会でメディアから突っ込まれて渋々情報を出すよりはずっといい対応だと思う。

次ページは : ■具体的にはどんな不具合だったか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ