高っ!!!! 首都高値上げで現金車はますます苦境に…同じ距離でETC240円、現金1950円ってマジか!!


 2022年4月1日から首都高の上限料金が値上げになった。35.7km以上の走行で適用されていた「上限料金1320円」は距離に応じて料金が加算され、新たな上限料金は55km以上で1950円に設定。この値上げにより、現金車とETC車の料金設定の「待遇差」はますます広がり、もはや「現金車の排除」と言えるほどの格差になった。以下、その概要を詳しく紹介したい。

文/加藤久美子
写真/加藤博人、AdobeStock(アイキャッチ画像@Caito)

【画像ギャラリー】現金レーン激減でETCなしでは首都高難民に…まだ装着していない人は「いま」がETC装着時!!(10枚)画像ギャラリー

■首都高の料金改定!! 35.7kmまでは料金変化なし、「周回」した場合は…どうなる……?

 今回の料金改定をまとめると以下となる。(ETC車両の普通車が対象)
・35.7km~55kmまでの距離料金は「1kmあたり29.52円」(普通車)が10円単位で加算される。
・新上限料金は55km以上で設定され1950円
・首都高の最長区間はさいたま見沼~並木の86.6kmなので55km~86.6kmまでは新上限料金1950円となる。
・新たに午前0~4時の間に首都高に入ったクルマは深夜割引(約20%引き)を適用

具体的な料金イメージ/画像提供:首都高ドライバーズサイト

 さて、今回の値上げで気になるのは都心環状線(C1)や中央環状線(C2)を「周回」走行した場合の料金だ。周回というとルーレット族を思い浮かべる人も多いかもしれないが、夜景を楽しみながら空いている首都高を周回ドライブする善良なドライバーも数多く存在している。

 警視庁は悪質な危険走行を繰り返すルーレット族の取り締まりに躍起になっているが、実際、首都高をサーキット代わりにして本気で走るルーレット族はごくわずか。筆者も月2-3回くらいの割合で夜の首都高ドライブを楽しんでいるが、ルーレット族らしきクルマに遭遇するのは半年に1回あるかないかである。

 なお、以前首都高の広報課へ確認した時は、「交通ルールを守り、安全運転で走っていただくのであれば、周回走行はまったく問題ございません」という心強い(?)お言葉もいただいている。

 結論から言うと、周回は距離料金にカウントされない。何周走っても加算されることはないのでご安心を。

 なぜ、周回しても距離料金にカウントされないのか? それは首都高の距離料金システムが「入口から出口までの最短距離」で計算されるからだ。

 首都高は同じ入口から入って、目的地の出口で出るまで複数のルートが選択できる場合が少なくない。渋滞や通行止めを避けるため少し遠回りした別ルートを使って目的地に行く場合もあるだろう。それゆえ必然的に料金の計算は「入口~出口の最短距離」が基準となるのだ。

 都心環状線(C1)や中央環状線(C2)、そして大黒PAを起点にK5~K1~K3~Bを周回するにしても、距離料金は入口と出口の最短距離が基本となる。

■気になる深夜割引 NEXCO高速道路の深夜割引との違いに注意!

 今回の料金改定には嬉しい「割引」も新たに導入された。0~4時の間に首都高に「入る」(=ETC無線通信を行う)と、約20%の割引が適用される。いわゆる深夜割引だ。

 しかし、首都高の深夜割引は東名や新東名などの高速道路ですでに導入されている深夜割引とはシステムが大幅に違うので注意してほしい。

 まず、深夜料金適用の基準であるが、NEXCOの場合は基本、料金ブースを通過した時間となるが、首都高においては料金所手前に設置してあるETCの通信機器と首都高に入って最初のETCアンテナとの通信時間(通信した時間)が基準になる。例えば用賀料金所の場合、ETCアンテナは料金所の240メートル手前にある。

 具体的にNEXCO3社の高速道路と首都高との「深夜割引」の基準について記しておこう。

 深夜割引の時間帯はいずれも0-4時となっているが、適用の基準には大きな違いがある。

 NEXCOでは0~4時の間に「入る」「出る」「高速道路上にいる」のいずれかで割引となるが、首都高の場合はこの時間帯に「入る」ことのみが基準となる。

(1)午後11時に入って、午前6時に出る 〇NEXCO ×首都高(入った時間が0~4時ではないので×)
(2)午前0時に入って、午前0時半に出る 〇NEXCO 〇首都高(入った時間が0時以降なのでOK)
(3)午前3時59分に入って午前5時に出る 〇NEXCO 〇首都高(入った時間が0~4時なのでOK)
(4)午後10時に入って、午前1時に出る 〇NEXCO ×首都高(入った時間が0~4時ではないので×)

 NEXCOなら(1)~(4)いずれの場合でも深夜割引が適用されるが首都高で適用となるのは(2)、(3)だけ。これは十分注意してほしい。「深夜割引だと思っていたら対象外だった!」とはなかなか悲しい。

 また、割引と言えば、意外と知られていないが「都心流入割引」なるものが2016年からスタートしているのをご存知だろうか。これはすべてのETC車を対象としている。

首都高「都心部流入割引」割引イメージ

 上記(1)~(10)の対象出入口~宝町、京橋、新富町、銀座、汐留、芝公園、飯倉、霞が関、代官町、北の丸、神田橋、八重洲、丸の内各出入口及び東京高速道路(D8)との接続部の間を利用する場合、割引になる。

 例えば「用賀」から3号線経由で都心環状線に入って「銀座」で降りた場合、首都高ETC料金は740円だが、都心流入割引が適用されると-130円の610円になる。同様に「飯倉」で降りれば990円→610円、「北の丸」なら890円→610円に割り引かれる。

首都高ドライバーズサイト料金検索

次ページは : ■現金車は絶対ソン!ETC車載器購入助成金制度があるうちにつけておこう

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ