なぜいまスズキは絶好調なのか 快進撃スズキの勝因と懸念


■他メーカーが高価格車に力を入れるなか

 スズキの元気がいいと感じる3つ目の理由は、いろいろな部分で日本人の共感を得やすいことだ。象徴的なのはスイフトスポーツ、アルトワークス、ジムニーといった小さくて楽しいクルマだろう。「スズキは俺たちの気持ちが分かっている」と嬉しくさせる。

 逆にほかのメーカーは、トヨタであれば高価格車しか売らないレクサスにも力を入れ、「クルマ好きを増やしたい」と発売された86の価格が300万円前後に達する。

2015年12月に追加設定されたアルトワークス

 ホンダは日本のクルマ好きが愛したシビックやCR-Vをアッサリと廃止した。「日本のユーザーは軽自動車に乗れってことだな」と諦めた矢先に、ご都合主義で復活させている。かつてシビックやCR-Vを愛用した読者諸兄の中には、こうした日本市場に対する冷遇に対して、不愉快に感じた方も少なくないだろう。

 マツダはクルマ好きの味方みたいな感じもするが、外観は全部同じに見える。

 初代ロードスターの頃は「みんなで理屈抜きに楽しもう!」といった雰囲気を感じたが今は違う。「マツダ車はこうあるべき」風の硬直感がハナに付き、ドライバーに対しても「マツダ車はこうやって運転すべき」と説教する面がある。クルマ好きにとっては、それはそれで面白かったりするが、メーカーの顧客に対する接し方として疑問の余地がある。

 日産は新型車をまったく出さず、マトモに買いたい気分にさせるのは、ノート/セレナ/エクストレイル程度だ。デイズとデイズルークスは堅調には売れているが、スズキやダイハツのライバル車に比べて商品力が低い。

 ほかのメーカーが以上のような具合だから、反感を買って当然だろう。特に中高年齢層のユーザーには、「日本車は俺たちが育てた」という自負がある。今の日本車の状況は、その気持ちに冷や水を浴びせる。

■海外シフトが続く国内メーカーにあって

 過去を振り返ると、今のように日本車メーカーが世界生産台数の80%以上を海外で売るようになったのは、この20年ほどの話だ。

 1980年代の前半までは、北米が伸びたとはいえ、国内比率が高かった。高級セダンも国内を相手に開発されていた。それが1990年頃になると、海外の生産拠点も増えて、半数近くを海外で売るようになった。1990年代以降は、国内と海外の販売比率が次第に逆転していく。

 ちょうどタイミングよく(あるいは悪く)、1989年に消費税が導入されて3ナンバー車の不利が撤廃され、海外向けのセダンが国内にも流用されるようになった。ここで国内の売れ行きがガクンと下がり、1990年代の中盤からはミニバンの新型車が続々と投入され、1998年には軽自動車が今の規格に刷新されて売れ行きを伸ばす。2000年以降の約20年間は、大した変化がない。

 スズキはこの呆れた日本車の変遷を横目で見ながら、淡々と商品を開発して、販売してきた。大したことはやっていないが、他メーカーがみっともないから、スズキが日本を大切にする企業に思えてしまうのだ。

次ページは : ■スズキの「売れないクルマ」の事情

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ