新型トライトン日本仕様どうなる? 三菱トップに聞いた「日本市場での勝算」と…え……まさかの「電動化」と「次期デリカ構想」

新型トライトン日本仕様どうなる? 三菱トップに聞いた「日本市場での勝算」と…え……まさかの「電動化」と「次期デリカ構想」

 2023年7月26日、タイ・バンコクで世界初披露となった新型トライトン。世界戦略車としてASEAN諸国を中心に販売されるこのモデルは、今回の発表会でなんと「2024年初頭に日本市場でも販売する」と明言された。えらいこっちゃ。この発表会場で、三菱自動車加藤隆雄社長、長岡宏副社長(開発・商品戦略・TCS・デザイン担当)、中村達夫副社長(営業担当)に短い時間ながら詳しい話を伺う機会を得た。新型トライトンの日本仕様がどうなるか? 電動化は? 派生車種は?? 大変突っ込んだ話が聞けました!!

文/ベストカー編集部、写真/諸星陽一、三菱自動車

■「三菱」を象徴するクルマに

――新型トライトンがタイで世界初披露となりました。同時にこのモデルは12年ぶりに日本へ導入する(2024年初頭)とのこと。どのような経緯で日本市場へ導入することになったのでしょうか。

2023年7月26日、三菱自動車の世界戦略車である新型トライトンが9年ぶりにフルモデルチェンジを実施。2024年初頭には(9年ぶりとなる)同車の日本導入も明言された
2023年7月26日、三菱自動車の世界戦略車である新型トライトンが9年ぶりにフルモデルチェンジを実施。2024年初頭には(9年ぶりとなる)同車の日本導入も明言された

加藤隆雄社長/かつてトライトンは一度日本市場に挑戦して(2006~2011年)、その時は台数を絞って「これくらい」という感じだったんですが、その頃(12年前)と比べて近年は日本のお客さまもかなり嗜好が変わってきて、たとえばアウトドアにはもっとお金をかけていいんじゃないかというユーザーが増えてきております。それに合わせて販売店のほうから「もっとアウトドアカラーの強いクルマを」という声もあり、それなら新型トライトンがいいんじゃないか、ということで日本市場への導入を前向きに検討するようになりました。

――新型トライトン(タイ仕様)には3つのボディ(シングルキャブ、ダブルキャブ、クラブキャブ)と、3つのディーゼルエンジン仕様(ハイパワー版、中間版、通常版)があります。これ、常識的に考えると、日本で売れるとするならダブルキャブのハイパワー版かな、とは思うのですが、日本市場ではどんな仕様が用意されるか、伺える範囲で伺えますでしょうか。

中村達夫副社長/ええと…それではぜひベストカーさんのアドバイスに従ってそれで…(笑)。というのは冗談で、実際に「この仕様で日本に」というのは、まだ検討中の部分もあり、今秋のジャパンモビリティショーあたりで発表させていただければと思っております。

新型トライトンは「ダブルキャブ」「シングルキャブ」「クラブキャブ(シングルキャブのややキャビンが長い版)」の3種類のボディが用意されている
新型トライトンは「ダブルキャブ」「シングルキャブ」「クラブキャブ(シングルキャブのややキャビンが長い版)」の3種類のボディが用意されている

加藤社長/もちろん日本のお客様が「こういう仕様がほしい」という希望があると思うんですが、そのいっぽうで、この新型トライトンは「三菱自動車」というブランドイメージを引っ張ってもらいたいと思っています。そうなると高いブランド価値を感じていただきたいということになり、ハイエンドなグレードで、ということは考えております。

次ページは : ■新型トライトンで「電動化」に挑戦は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!