なぜ自動車メーカーは開発車をサーキットで走らせるのか?


■「いい車を作るため」にサーキットを走らせる

 こうして、自動車メーカーが作ったクルマは、ユーザーの手に渡った後、さまざまな条件のもとで使用されることになります。

 渋滞の多い道を頻繁に走る、高速道路をおもに使用している、未舗装路、うねった道などなど、国や生活様式によって、クルマの使われ方は変わります。

2万点といわれる部品数それぞれが、組み合わさることで(単体の時とは違う動き方で)作動する。組み合わさった時にどう動くかを入念にチェックするために、自動車メーカーはテストコースやサーキットで走らせる

 自動車メーカーは、販売する車がどんな状況で使用されても「安全」であることを目指しています。サスペンションの上下荷重やブレーキ、エンジンの負荷について、普段の使用状況をはるかに超える部分で実車検証ができているからこそ、どの速度域でも安心して乗れる「良い車」を作ることができるのです。それはスポーツカーでも、SUVでもミニバンでもコンパクトカーでも同様です。

■まとめ

 サーキットでの走行実験には、膨大なコストと時間がかかります。それでも、各自動車メーカーは、「安全でいい車」を開発するために、開発車両のサーキット走行をしているのです。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ