スマホわき見も検知!! 自動運転時代を見据えたオムロンの新技術


 来場者は9.1%増!! 10月4日(火)〜7(金)日までの4日間、幕張メッセ(千葉県美浜区)を舞台に開催された「CEATEC JAPAN 2016」。

 その会場には昨年比9.1%増となる14万5180人もの来場者が訪れ、盛況のうちに幕を閉じた。さまざまなメーカーの新技術が集った今年のCEATECだったが、そこに“クルマの未来”の一端が見えた!!

 文/写真:WEBベストカー編集部


意外!?自動改札機もつくるオムロン

 今回、取材班が訪れたのはオムロンのブースだ。体温計を始め、血圧計や体脂肪計などホームヘルスケア製品で知られるオムロンだが、じつはそれは“ひとつの顔”に過ぎない。

 例えば、自動改札機の開発や、スマートキー、さらには電動パワステコントローラの開発など、実に幅広い製品を手がけているのだ。

 こうしたオムロンの高いセンシング技術を生かして、ブースでは人間とラリーができる卓球ロボット「フォルフェウス」のデモ展示も行われ、多くの人々の注目を集めていた。

人と卓球のラリー中! オムロンのフォルフェウス
人と卓球のラリー中! オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」  

 そんなオムロンのブースの一角に、クルマの未来を感じさせるひとつの技術展示があった。

 それは「ドライバー運転集中度センシング技術」で、今回のCEATECで準グランプリにも輝いた。いったいどんなモノなのだろうか? オムロンの解説員に聞いた。

カメラでドライバーの状態を認識、分類、運転可能か判断

 Webベストカー取材班(以下、BC) まず、どんな技術なのか? 要点を教えてもらいたいのですが。

 オムロン解説員(以下、解説員) ハンドル上部に付いているカメラで、ドライバーの状態を検知するというシステムです。

オムロンのステアリング上部、スピードメーターの下に設置されているものが、認識用のカメラ
オムロンのステアリング上部、スピードメーターの下に設置されているものが、認識用のカメラ  

 BC なるほど。これで表情などから、ドライバーが運転可能かどうかを判断しているのですね。具体的には、どのようにドライバーの状態を「判断」しているんですか?

 解説員 例えば「スマートフォンを使っている」場合、「すぐには(運転復帰)できないけれど、何秒か経ったら運転可能」。「ドライバーが寝ている」場合、「運転復帰にはかなり時間がかかる」。

 というように、ドライバーの状況、ひとつひとつを定義する(下記、「運転復帰レベルの例」を参照)といった形で判断しています。


次ページは : ●運転復帰レベルの例

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ