街で見かけた「1万円車検」って、どうなんでしょうか?

 なかなか給与アップが見込めないこのご時世、車検にかかる費用は家計に重くのしかかります。近年、ガソリンスタンドなどでよく見かける「1万円車検」という看板。

 もし本当に1万円で車検が通せるならありがたい限りですが、ほんとうにそんな安い値段ってありえるのでしょうか? 今回は1万円車検のしくみをひも解いていきます。

 文:ベストカー編集部


なぜ1万円で車検が可能なのか?

 「1万円車検」と書かれれば、確かにインパクトがあります。看板だけ見れば「1万円で車検が取れちゃうの?」と勘違いする人がいることでしょう。

 車検に詳しい人が見ればわかると思いますが、1万円は1万円でも、この金額は整備にかかる費用のことなのです。

 順を追って見ていきましょう。そもそも継続車検を取るには、どういう項目があるのか、フィットを例にして項目を挙げてみます。

 初年度登録から13年未満のフィットの場合、自動車重量税が2万4600円、自賠責保険が2万7840円、印紙代が1100円と法定費用の合計だけでも5万3540円が必要です。

 これに加え法定24カ月点検整備(56項目)を行わなければなりません。この法定点検整備費用が看板に謳われた1万円ということなのです。

 日本全国に400以上の店舗を構えるチェーン店、車検のコバックを例にとると、車検のメニューは3種類あります。

 まず車検に必要な手続きと法定点検整備を30~60分で行う「スーパークイック」が9500円です。いわゆる巷の1万円車検は9500円の「スーパークイック」に類するものと予想できます。

 次にエンジンオイルやフィルター交換、ブレーキ調整などを行う「スーパーセーフティ(60分以上)」が1万4770円。

 最後に法定点検56項目を超える100項目の点検を実施し、1日かかる「スーパーテクノ」が2万4336円です。ちなみに全国のコバック店での一番人気はこの「スーパーセーフティ」とのこと。ユーザーの多くは、安さよりも安心を選択しているようです。

 なお神奈川県、埼玉県エリアにあるニコニコ車検の「1万円車検」ではWEB予約すると1000円割引きを行っています。

 ニコニコ車検の場合、車検を受ける前に無料の事前点検(1時間程度)を行い整備内容を決め、不良な部品などが見つかった場合、その発注をしなければいけないので、本検査の約1週間前に事前点検を行うのがおすすめとのこと。

1万円の車検と聞くと、あまりにも安くてちゃんと整備してくれるの? という不安がつきまとうが……
1万円の車検と聞くと、あまりにも安くてちゃんと整備してくれるの? という不安がつきまとうが……

 この事前点検を行った後、車検(継続2年点検・継続検査)を行うのですが、24カ月法定点検は56項目を超える112項目の点検を行っており、日数的には1~2日かかるとのこと。

 そのほか、ニコニコ車検では軽自動車からベンツなどの輸入車まで1万円の全車種均一料金。車検切れでも追加料金不要、2年間の整備保証、車検おまとめローンなどサービス体制が非常に充実してます。

 車検整備費用1万円というのは、たしかに安くて早く、過剰整備がないのはいいかもしれません。

 ユーザーが安心と価格のバランスを見極めて、上手に利用すればいいのではないのでしょうか。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ