スマホ使うならこれを買え! 高性能でコスパ抜群のおすすめディスプレイオーディオ5台!


■遂に出た「車載専用」タブレット&メインユニット

【5】カロッツェリア FH-7600SC オープン価格

            SDA-700TAB オープン価格

FH-7600SC 実勢想定売価3万2000円前後(税別)/SDA-700TAB 実勢想定売価3万2000円前後(税別)

SDA-700TABは表示とインタフェースを担当するタブレット。メインユニットのFH-7600SCと組みあわせて使用する

 DAという枠からは少し外れるかもしれないが、注目の商品を紹介する。まずこのメインユニットFH-7600SCは単独で使うことができない。

 これを使うためには専用に開発された車載専用8インチタブレットSDA-700TABが必要となる。

 元々スマホやタブレットをクルマで使っている人も多いが夏場などは車内温度が上がることでシステムダウンするケースも多い。

こちらがメインユニット兼クレイドルとなるFH-7600SC。オプションを装着することでバックカメラやステアリングリモコンが使用できるなど、従来のタブレットにはない使い方を実現できる

 しかし車載専用を謳うだけに、このタブレットは-10 ℃~60 ℃ の間で使えるモデルなのだ。

 元々がAndroidタブレットなので好みのアプリを入れて使う形になるが、通信ユニットは内蔵されていないので、Wi-Fiルーターやスマホのテザリング機能を使うことになる。

 実力は未知数だが、ユニークな商品と言えるだろう。

ソニーが海外で販売するXAV-AX8000。国内への導入も期待したいところだ

 この他にも海外ではソニーの「XAV-AX8000」と呼ばれる9型のDAが販売されている。最近では米Amazonからも直接購入できるようになっている。

 日本国内で使うには取り付けなどの確認が必要だが、世界的にもDAはひとつの流れとして認知されている証明と言えそうだ。

【画像ギャラリー】おすすめディスプレイオーディオ5台を並べてチェック!