なぬっ、後続車の速度検知で煽りを防ぐ? 超最新ドラレコはWi-Fiも搭載でどこまで進化するのか

「あおり運転」対策に朗報! カロッツェリアの新ドラレコは“その上”を目指す

 5月12日に発表されたカロッツェリアの新ドライブレコーダー。昨今のあおり運転問題を受けて同社が出したひとつの答えは何か? 発売開始前に特設コースで実際に体験した結果、今後ドラレコに求められる機能と役割が少しずつ見えてきた。

文/高山正寛、写真/高山正寛、Pioneer

【画像ギャラリー】カロッツェリア新製品体験会で実際に後ろから迫られる「あおり運転」を体験!!(14枚)画像ギャラリー

■昨今のクルマ社会はリスクだらけ、という現実

カロッツェリア体験会で2022年夏の新商品をひと足先に体験した

 今回テーマにする「あおり運転」だけでなく「車両へのいたずら」「駐車時における隣のクルマからのドアパンチ」など本来ドラレコの役目である「運転中における事故の記録」だけではなく、走行中も駐車中もクルマには危険やリスクが多く潜んでいることが浮き彫りになったことだ。

 実際、現地では新製品のプレゼンテーションが行われたが、同社の調査でもドライブレコーダーを初めて購入しようと検討している顧客の不安点の第1位は「録れていると思ったら録れていなかった」が34.7%と最も多く、求めているのは「画質」「夜間(暗闇)における性能」「駐車監視」という結果だった。

 これらをまとめるとドラレコに求めるものは“映像の証拠能力”になるが、ドラレコのカメラは通常のカメラ(スマホ含む)とはそもそも撮影目的や被写体、フォーカスポイントや露出などの考えが根本的に違う。

 今回の新商品は「必要な証拠を残す」ために同社がこれまで培ってきた映像の品質に徹底的にこだわってきたことがわかる。

■画質チューニングに必要な「3現主義」とは何か?

 では具体的にどのような部分を強化したのだろうか。そのキーワードが「3現主義」である。聞き慣れない言葉だが、3現とは(現場・現物・現実)の意味で、日中/夜間、トンネルなど様々なシチュエーションの走行評価。

 そこから得たデータ上に白飛びや黒つぶれなどの明暗バランス、ナンバー文字の精細さなど録画データの確認、そしてそれらを様々なチャートを用いて各種チューニングを行う。このサイクルをくり返すことで実験室では再現できない録画性能を向上させてきたとのことだ。

■大ヒットモデルの後継機は画質を大幅に向上

2021年にヒットした「VREC-DH300D」の後継機「VREC-DH301D」が登場

 カロッツェリアには昨年大ヒットした「VREC-DH300D」というモデルがある。価格と機能のバランスが優れており市場で評価されたモデルだが、新製品の「VREC-DH301D」は型番からも実質の後継機であることがわかる。

 筆者は説明を受ける前に「マイナーチェンジモデルだな」という認識でいたのだが、これは大きな間違い。パイオニアのエンジニアからも「筐体自体は同じですが、画質に関してのレベルアップが半端ない」とのことだ。

 前述したようにドラレコに映像を記録する環境は非常に厳しい。どの環境下でも安定した映像を記録できることが最も重要だが、前モデルである「VREC-DH300D」の映像評価から見えてきた走行中に遭遇するであろう厳しい状況でも確実な証拠能力を発揮することが求められる。

 具体的には前述したチューニングにプラスして、夜間における駐車時の記録能力を高めている点が進化ポイントとして大きい。

 これまでも同社のドラレコには暗闇の中でも鮮明に記録する「ナイトサイト」と呼ばれる機能が搭載されていた。これのコアとなるのがSTARVIS(スタービス)技術を搭載するソニー製のCMOSセンサーだ。

 これ自体は他社でも採用しているものだが、今回の新製品はそのセンサーの中でも特に「低照度性能と広いダイナミックレンジ」を持つセンサーをセレクトし採用している点だ。これにより光源の少ない駐車場などでも「色付き」で記録できるとのことだ。

 駐車監視機能に関してはオプションの「RD-DR001」が必要になるが、エンジン停止に連動し作動開始、衝撃を感知すると前後20秒づつの映像を記録できる。また設定により感度設定を8段階、4種類最大12時間のタイマーオフ設定も可能だ。

 実際の画質自体をテストデータから確認するとフロントカメラに搭載された約370万画素のセンサーと明るいF1.4のレンズにより映像自体の品質が大きく向上していることが分かった。

次ページは : ■本命のVREC-DZ800DCが何が凄いのか!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ