いまや必需品となったカー用品!! ドライブレコーダーの映像が証拠となって過失割合は変わるのか!?

いまや必需品となったカー用品!! ドライブレコーダーの映像が証拠となって過失割合は変わるのか!?

 昨今、自動車運転を取り巻く環境が、大きく変化しています。逆走や煽り運転、ペダルの踏み間違いによる事故は、連日ニュースで取り上げられる状況です。危険が潜む場面では自己防衛が必要となります。その方法のひとつとして注目されているのが「ドライブレコーダー」です。

 本稿では、国内大手保険会社の代理店を営む筆者が、実際に対応した保険請求事例を交えながら、ドライブレコーダーの映像が事故の過失割合にどの程度影響を与えるのか、詳しく紹介していきます。

文/河野みゆき
写真/Adobetock(トップ写真=photobyphotoboy@Adobetock)

【画像ギャラリー】万が一に備えて……ドライブレコーダー購入時に押さえておきたい4つのポイント(4枚)画像ギャラリー

■ドライブレコーダー映像の重要性は高まる

 昨今は、ドライブレコーダーにより事故当時の映像が録画されることで、事故の過失割合(どのドライバーが、どれだけ事故に対して責任を負うのか)の判定に大きく影響するようになりました。

 ドライブレコーダーが普及していなかった一昔前は、自動車事故の過失割合が双方の言い分や道路状況、目撃者の証言などに基づいて決められることが多く、実状にそぐわないことが多かったのです。当事者同士で意見の食い違いも多く、示談までに数年かかることもありました。

 しかし、現在はドライブレコーダーを搭載した車の増加によって、事故の詳細が証拠として残り、過失割合が明確かつ早く決まるようになっています。

ドライブレコーダーは事故の瞬間を客観的に捉えるので過失割合を公正に判定してくれる(mapo@Adobetock)

■ドライブレコーダーが事故の過失割合を変えた事例

 ここからは、筆者が実際に取り扱った事例を紹介します。いずれも、ドライブレコーダーの映像をきっかけに、事故の過失割合が変化したものです。

●事例1:商業施設の駐車場

 Aさんが商業施設の立体駐車場のスロープを登っていると、下ってきた車がAさんの車の前に突然現れ、接触しました。Aさん自身は、自分では接触を避けることができない事故で、過失はないと申し出ます。しかし、相手のドライバーはお互い過失があった主張し、過失割合5:5を提示してきたのです。

 Aさんはドライブレコーダーに記録された映像を保険会社に提出しました。その映像には、相手車がスロープのセンターラインを大きく割り込み、Aさんが走行するべき場所に入り込みながら下ってくる様子が、残っていたのです。

 この映像により、相手は全過失を認め、Aさんの過失割合は0となりました。

●事例2:通勤途中の通学路

 Bさんが通勤途中、歩道のない通学路を注意しながら走行していました。前方に子どもたちの姿を確認したBさんは、周囲の安全を確認しながら停車し、子供たちの安全を確保しながら優先的に通行させようとします。すると、子どもたちが車の横を通り過ぎるのと同時に、大きな音を耳にしました。

 車から降りて確認すると、ドアミラーの破損を目の当たりにします。Bさんは当初、幅寄せをしすぎて自損事故を起こしたのかと考えましたが、車は完全停止した状態で音が聞こえたため、自損事故の可能性は極めて低いものでした。

 そこで、Bさんはドライブレコーダーに残された映像をすぐに解析します。すると子どもが水筒を振りながらBさんの車の横を通り、その水筒がドアミラーに当たって破損したことがわかったのです。

 このドライブレコーダーの映像から、子供の過失が認定され、Bさんは自分でドアミラーの修理代を出すことなく、車は元どおりに修理されています。

 このように、ドライブレコーダーの映像は、被害状況を克明に記録し、しっかりとした証拠として残ります。多くの事故、事件の検証に使用され、自動車事故の過失割合を決める場においても、効果を発揮するのです。

次ページは : ■おすすめのドライブレコーダーとは?