【蔓延するウソ情報に喝!!】知らないと危険!! タイヤの寿命を示すサインと知識


 タイヤがなければクルマは走ることができない。わかっちゃいるけど、日々タイヤをチェックしたりケアしたりしている人はごく少数派だろう。

 タイヤひとつでハンドリングや乗り心地も激変する。難しいのは、タイヤは一気に劣化するわけではないから、劣化に気付きにくい。

 さらに、タイヤは4本セットで交換するとなるとそれなりの出費となる。できることなら交換サイクルを長くして、長期間使いたいと考えるのも当然だが、タイヤは安全に直結するパーツでもあるので、寿命の見極めは重要だ。

 見た目だけで寿命のわからないタイヤの寿命、トラブルに関する噂についてタイヤのスペシャリストの斎藤聡氏がウソとホントを明らかにしていく。

 タイヤに関する知識を蓄えて、安心・安全のカーライフを送ろう!

文:斎藤聡/写真:ベストカー編集部


タイヤはちょっとした油断が重大事故を誘発することもある

 普段当たり前のように使っているタイヤだが、気がつくと摩耗が進んでいたり、パンクしてしまったり、思いもよらないタイミングでトラブルに見舞われることがある。

 クルマの保有年数が増えれば、当然タイヤの磨耗は進み、タイヤを交換する機会も増えてくる。タイヤと長く付き合うほどに、新品の時には考えもしなかったタイヤのトラブルに遭遇するケースも多くなる。

タイヤがなければクルマは走ることができない重要なパーツゆえ、寿命に関する誤解に端を発するトラブルも多発しているので知識を蓄えて損はない

 このくらい大丈夫だろう、などと軽く見ているとそれが存外深刻なトラブルだったり、トラブルにつながる予兆だったなんてことも。

 そんなわけで、ここではタイヤの寿命などにまつわるトラブルを5つ拾い出して解説してみよう。

タイヤの溝は法律で決められた1.6mm残っていればOK←ウソ

 法律では溝は1.6mm残っていればよく、いわゆるスリップサインが出るまで使用可、ということになっているが、タイヤメーカーに話を聞くと残り溝3mmくらいが交換の目安だということだ。

タイヤのスリップサインはサイドの三角マークの延長線上にある。残り溝が1.6mmになった時にトレッド面と高さが同じになって現われるが、交換推奨時期はそれよりも前

 溝が少なくなって危険なのが雨の日に起こりやすいハイドロプレーニング。タイヤの溝が浅くなると排水性が悪くなって排水しきれなかった水がタイヤの前に押し出され、タイヤが水の上に乗ってしまうのだ。

 溝が浅くなるほどハイドロプレーニングは起きやすくなる。タイヤメーカーのテストでも5分山くらいからハイドロプレーニングの性能が急激に悪化していくのだという。

 ちなみにサマータイヤのタイヤの溝は7〜8mmほどなので、4分山あたりが交換の目安になる。

次ページは : オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤ通行可のチェーン規制を走れない←ウソ

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ