激戦!! フィット、ヴォクシーなど21世紀に登場して生き残った「新登場車」たち

 クラウンやカローラといった伝統のクルマがあるいっぽうで、自動車メーカーはブランニューカーを頻繁に登場させくる。

 ブランニューカーには、まったく新しいジャンルに投入するチャレンジングなクルマ、先代モデルの不調によりコンセプトを変更または、コンセプトは踏襲しながらも車名を変更するクルマ、派生モデルの追加などさまざまあるが、定着して代を重ねているクルマもあれば、1代限りで消滅してクルマもある。

 また、新規で初代モデルは大ヒットしながらもその後が続かず尻すぼみになっているクルマもあれば、途中で挽回してヒットしているクルマなどいろいろ。クルマの販売の難しさを痛感させられる。

 東京モーターショー2019ではトヨタがブランニューミニバンのグランエースを公開し、注目度も激高だった。いつの時代もブランニューカーは話題に満ちている。

 本企画では、21世紀に入って登場した(2001年以降)ブランニューカーで認知されたクルマを紹介していく。

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA、HONDA、DAIHATSU、SUZUKI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】生き残るのは至難の業!! 21世紀に入って登場したブランニューカー一覧


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ