トヨタC-HRとマツダCX-30 どっちが魅力的? 大ヒットクーペSUV頂上決戦!!!


 SUVが日本でも認知され人気となって長く経つ。売れるモデルに力を入れるのは常套手段で、世界中の自動車メーカーはSUVのラインナップを積極的に強化している。

 そのなかで現在注目されているのがクーペルックのSUVで、パイオニアは2008年に登場したBMW X6だ。その後ランドローバー・レンジローバーイヴォークなどが続き、現在では日本車にも波及し始めている。日本車で先鞭をつけたのは日産ジュークだろう。

 その最新モデルとして、2019年10月にマイチェンしたトヨタC-HRとブランニューデビューを果たしたマツダCX-30について、アレコレ比較してどっちが魅力的なのかを検証していく。

写真:TOYOTA、MAZDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】もっと見たい!! マイチェンC-HR&ブランニューCX-30


どんなクルマなのか?

 トヨタC-HRとマツダCX-30を比較するにあたり、まず両モデルがどんなクルマなのかを簡単にまとめる。

■CH-Rはこんなクルマ

 現行プリウスに続くトヨタの新世代プラットフォームのTNGA採用第2弾として2016年12月にブランニューデビュー。デビュー後1カ月で約4万8000台を受注するなど一気に人気モデルとなった(2017年SUVでベストセラー)。

2016年12月にトヨタのブランニューSUVとしてデビューしたC-HRは瞬く間に超がつく人気モデルになった
マイチェン後のモデルはヘッドライトの変更、バンパーの開口部、エアインテークの拡大などによりさらにスポーティ感が増している

 パワートレーンは1.8L+モーターのハイブリッドと1.2Lターボの2種類だ。

 SUVながらニュルブルクリンク24時間レースにも投入されたように、スタイリッシュさにこだわっただけでなく、世界中の道で鍛えられた走りも大きなセールスポイントだ。

 2019年10月に初のマイナーチェンジでリフレッシュ。

 マイチェンのポイントは、エクステリアの進化、GRシリーズのGRスポーツを追加、安全装備の充実、ディスプレイオーディオを全車標準装備、1.2Lターボ車(FF)に6MTを追加など多岐にわたり、新たな魅力が与えられた。

マイチェンで待望のGRスポーツが追加された。足回りをGRが専用チューニングしているほか、フロントマスクもノーマルとは大きく差別化されている

■マツダCX-30はこんなクルマ

 2019年3月のジュネージュショーで世界初公開され、日本では2019年9月に発表、10月24日から発売開始された(一部モデル除く)。マツダ最新のSUVで、ボディサイズはCX-3とCX-5の中間的サイズとなっている。

CX-30はCX-3とCX-5の中間的サイズで、クーペルックのSUVとして伸びやかなエクステリアデザインが与えれれている

 ではなぜCX-4ではなくCX-30という車名なのか? マツダの新世代SUVということをアピールするためにふたケタ数字の30を使ったというのが一番大きな理由だ。

 同時に日本では販売されていない中国専用SUVの CX-4というクルマが存在するため、CX-4にすることができなかったという事情もあったに違いない。

これがマツダ初のクーペSUVのCX-4でCX-5がベースとなっている。中国専売車種のため日本では発売されていないが、フォルムが美しい

サイズ

★ボディサイズ
■C-HR:全長4385×全幅1795×全高1540mm、ホイールベース:2640mm
■CX-30:全長4395×全幅1795×全高1540mm、ホイールベース:2655mm

 両車のボディサイズは驚くほど酷似していて、CX-30が全長で10mm、ホイールベースで15mm長いだけということでほぼ同じと思っていい。

 全幅はともに1795mmで3ナンバーサイズとなるが、両車とも全長が4400mmを切っているので住宅街などでも取り回しやすいサイズだ。

 取り回し性の目安となる最小回転半径はC-HRが5.2mに対しCX-30が5.3mとなっていてわずかな差だが、C-HRに軍配。

偶然の産物とはいえ、C-HRとCX-30のボディサイズはほぼ同じ。ワイド&ショートのプロポーションのクーペSUVだ
C-HR、CX-30とも全幅は1795mmのため3ナンバーサイズなのだが、全長が440mmを切るショートボディなので扱いやすいのが魅力

★室内寸法
■C-HR:室内長1800×室内幅1455×室内高1210mm
■CX-30:室内長1830×室内幅1490×室内高1210mm

 ほぼ同じボディサイズながら、室内寸法に関してはCX-30のほうが広く活用していることがわかる。リアシートに3人掛けする場合は、CX-30の40mm差は非常に重宝するだろうが、それ以外のシーンではほぼ差を感じられないかも。

ボディサイズ、室内寸法ともほぼ同じながら、室内幅でCX-30が40mm広いのはリアに3人乗車した時に恩恵があるハズ(写真はCX-30)

次ページは : デザイン

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ