【放っておくと大惨事に!?】クルマの「SOS信号」 危険な異音15選とその対処法

 クルマからはいろいろな音が出てくる。エンジンの回転音、排気音、タイヤのロードノイズなどなど、気持ちのいいものもあれば、不快になるものもある。その気持ちいい、悪いとは違い、『異音』には注意が必要だ。

 異音、すなわち異常音はクルマから発せられるSOSサインであったり、警戒警報的なものであったりするので聞き逃したり、気づいても放置していると重篤なトラブルにつながることもあるので最新の注意を払いたい。

 異音の種類によっては走行不可となるものもあるし、早期発見によりトラブルを未然に防ぐこともできる。どこからどんな異音がすると危険なのかを紹介していく。

文:ベストカーWeb編集部/平野学、中里慎一郎、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】異音と連動させて覚えておきたい警告灯


エンジン、モーター、補機類の異音

クルマからはいろいろな音が出る。異音はクルマからのSOSサインで聞き漏らしするとトラブルが大きくなったりする。新しいクルマもトラブルフリーではない

★カリカリ・キンキン・カンカン(走行中)

 これは冷却水不足によるオーバーヒート状態にある時に発生する異音で、カリカリはオーバーヒート初期、キンキン・カンカンとカン高い音に変化するともう末期症状で、エンジンの回転数が一定しなかったり、水温、油圧などの警告灯が点灯しているケースが多い。

冷却水漏れによってエンジンはオーバーヒート状態になってしまう。外的要因で漏れる場合もあるが、運転前に冷却水の残量のチェックを習慣づけたい

 この状態のまま走行を続けていると、エンジンが焼き付く→エンジン破壊という最悪のケースもり、修理費は恐ろしく高くなる。

 安全な場所に速やかにクルマを止めるのはもちろんだが、重要なのは冷却水が残っているのかどうかの確認で、残っていればエンジンを切らずにアイドリング状態で待機、残っていなければエンジンを切ってそれ以上進行しないように対処しなければいけない。

音と同時に警告灯でもSOSサイン、警戒警報は発せられる。一般的に黄色よりも赤色の警告灯が点灯は危険サインだから見逃し厳禁

★ガラガラ(アイドリング時/走行中)

 冷却水を循環させるウォーターポンプのベアリングが故障している時にガラガラという音がしやすい。放置しているとオーバーヒートやシャフト折れの原因となるので要注意。即走行不可ではないが、高速道路を避けて整備工場、修理工場に持ち込むのが先決。

★ゴロゴロ(アクセルオン時)

 潤滑油であるエンジンオイル不足により、エンジンのクランクメタルやコンロッドメタルが摩耗している状態。重い打音が出たら摩擦により溶け出していることもある。

 すでに手遅れとなっている場合も多いが、速やかに安全な場所にクルマを停止。異音を放置して走行を続けると、エンジンが破壊するケースもある。

クルマにオイルはあって当たり前だがメンテナンスフリーではない。オイルの劣化の具合、量は定期的にチェックするようにしたい

★キュルキュル(アイドリング時/走行中)

 エンジン回転数を上げると、歩いている人も振り返るほどの大きな音がする。非常に不快な音で、ファンベルトをはじめとするベルト類が緩んでいたり、滑っているのが原因だ。

 ファンベルトが切れるとオーバーヒートを誘発するので要注意。音量も大きいので聞き逃すことはまずありえない。

★キーン(走行中)

 ハイブリッドカーやEVの場合、走行中にキーンという音がする。一般的にモスキート音と呼ばれるもので、高周波のため加齢状態によっては聞こえないケースも多いが、このキーン音が大きくなったら、モーターや制御関係に不具合が出ている可能性がある。

 すぐに停車する必要はないが要整備。

ハイブリッドカー、EVはモーターを搭載しているため走行中に高周波のキーン音が出るケースが多いが、普段より大きくなった、急に聞こえるようになったら警告サイン

★ガタガタ(走行中)

 ハイブリッドカーを運転中に、ガタガタとパワーユニットから音がするようになったら、エンジンマウントの劣化しているケースがほとんどだが、制御系の不具合の可能性もあるのでこちらも要整備のこと。

初代プリウスのように古いハイブリッドカーに乗る場合、モーターや制御系にいつトラブルが発生したてもいいように心構えが必要

排気系からの異音

★バラバラ(アイドリング時/走行中)

 腐食によってマフラーに穴があいたり、破損などによって排ガスが漏れている状態。バラバラという音でなくても、排気音が大きくなったと感じたり、リアからこもった音が聞こえたら排ガス漏れのサイン。

★カラカラ(アイドリング時/走行中)

 マフラーのパイプ部分からカラカラという異音が出る場合は、(1)サイレンサー内部のパイプが外れている、(2)排気管の内部に異物がある、(3)遮熱板の振動という3つの原因が考えられる。走行中に音が消えるようなら遮熱板の可能性が高くなる。

マフラーはボディ下回りに配置されているため、異常やトラブルを目でチェックすることが難しい。その時に役に立つのが異音だ

 最近はクルマの使用年数が長くなっているため、マフラーの整備も忘れずに。

 ただし、連続走行した後にマフラーからチリチリといった音がするのを聞いたことがある人もいるかもしれないが、金属が冷える過程で出る音なので異常ではない。

ブレーキからの異音

★シュー・キーキー(ブレーキング時)

 日本ではブレーキパッドは交換品の概念はないが、ブレーキパッド、ローターともれっきとした消耗品で定期的な交換が必要になる。ブレーキパッドが摩耗してくるとシューとかキーキー泣くようになる。

★ゴー(ブレーキング時)

 ブレーキペダルを踏んで踏力を緩めるまでゴーと飛行機の着陸時のような連続音がするようになったら、ローターに小石などの異物がかんでいる場合がある。ゴーという連続音は、ローターが削れている音で、放置しているとローターの交換が必要になる出費がかさむので、早期対応したいところ。

ブレーキングの度にゴー音が聞こえたら危険サインだから放置厳禁。ブレーキパッドの交換に比べてブレーキパッドの交換は費用が掛かる

トランスミッション、クラッチからの異音

★ガラガラ・ゴー・ジャー(アイドリング時/走行中)

 CVT車を運転していてミッション部分からガラガラ、ゴー、ジャーといった異音が聞こえるようになったら、それは内部のベアリングに不具合がある場合もある。トランスミッションはめったに壊れないが、壊れると修理費が高いので以上を検知したら即点検。

★ジャラジャラ(アイドリング時/走行中)

 MT車を運転していてクラッチを切ると、ジャラジャラ音がする場合、クラッチのレリーズベアリングに不具合があるケースが多い。なお、ジャラジャラという異音は、クラッチをつなぐと音が消えるというのも症状の特徴となっている。

シフトレバー付近から異音がした場合は、ベアリングのトラブルが考えられるほか、FRならば位置的にプロペラシャフトのトラブルもあり得る

足回りからの異音

★コトコト・ゴトゴト(走行中)

 クルマを走らせていて、足回り近辺からコトコト・ゴトゴトといった異音がする場合はショックアブソーバーのオイル抜けが原因のケースが多い。ショックアブソーバーの機能が低下していると、クルマの振動が収まらないといった症例が出る。最近クルマの乗り心地が柔らかくてよくなってきたと感じた時もその兆候サイン。

 そのほかではサスペンションのアッパーマウントの劣化でもゴトゴト音は出る。

ショックアブソーバーも長く使っているとオイルが減ってくる。そんな時はコトコト・ゴトゴトという異音が出てくる。フワフワした乗り心地になってきたら要注意

ホイール&タイヤからの異音

★ギシギシ→ゴトゴト(走行中)

 ホイール周辺からギシギシという異音が発生した時は、ホイールナットが緩んでいるケースもあるので要注意。そのまま放置して走行を続けていると、ギシギシはゴトゴトに変化し、非常に危険な状態になっているので安全な場所に速やかに停止して要確認。

★キキキー(走行中)

 タイヤからキキキーと鳴る音はスキール音といって異常ではないが、スキール音が頻発する、新しいタイヤなのに出る、といったケースはタイヤの空気圧不足のケースがあるのでタイヤの空気圧を要チェック。

タイヤ&ホイール付近からの音はロードノイズと重なり聞き分けづらいが、ギシギシからゴトゴトに変化したらかなり危ないサイン

【画像ギャラリー】異音と連動させて覚えておきたい警告灯

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ