【日本のEV戦争 開戦前夜】ホンダe マツダMX-30はリーフに勝てるか?

 2020年から2021年にかけてようやくというべきか、欧州勢に対抗しうる日本メーカーの新たなEV(電気自動車)が続々と登場する。

 2020年にホンダはコンパクトEV「ホンダe」を日本市場に導入、東京モーターショーで初披露されたマツダの「MX-30」は2020年に欧州市場で発売の後、日本でも2021年に向けて導入予定だ。

 続く2021年にはトヨタがレクサスブランドとして「UX300e」を投入する。

 これらの新世代EVは、量産EVの先駆けであるリーフと比べてどう違うのか? 充分、実用に耐えうるEVに仕上がっているのだろうか?

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】日本のEVは百花繚乱!? ホンダe、マツダMX-30、C-HR EV、レクサスUXeの詳細写真


コンパクトさとデザインで勝負するホンダe

全長3900×全幅1750×全高1500mmというコンパクトなサイズのホンダe

 ホンダは2019年9月のフランクフルトショーにおいて、ようやく同社初の小型量産EVであるホンダeの発表に漕ぎ着けた。

 後輪を駆動するモーターの最高出力は、欧州仕様では100kW(136ps)/113kW(154ps)、最大トルクが315Nm(32.1kgm)、最高速度は約140km/h。リチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWhとされる。

 欧州仕様での全長×全幅×全高は3894×1752×1512mmとされ、ホイールベースは2530mm(前後トレッド:1520/1516mm)、現行フィットよりも全長は約100mm短く、全幅は50mm広く、全高は10mmほど抑えられ、ホイールベースは同値だ。

 車重は1860kg(軸重は前後それぞれ870/990kg)。一充電航続距離は220km以上として、30分で80%まで充電する急速充電にも対応するなど、シティコミューターとしての使い勝手にも配慮したという(サスペンション形式は未発表)。ちなみに50:50の重量配分はホンダのこだわりといえそうだ。

 5ドアハッチバックのボディに丸く滑らかなデザインを施し、ポップアウト式のドアハンドルやサイドミラーに代わってサイドカメラを装備した電子ミラーシステムを採用するなど、見た目や機能面でもEVとしての新しさを主張する。

 インテリアではシンプルな印象を与える2画面の12.3インチ大型タッチパネルモニターを装備した。さらに先進のAI(人工知能)を用いたコネクテッド技術による情報提供などを実施する。

ウッド調パネルを採用したホンダeのオシャレなコクピット。 メーターとは別に10インチモニター2つと6インチのサイドビューモニターが配置される。AI技術を使った「OK Honda」の呼びかけで起動するパーソナルアシスタントも特徴的な装備のひとつ

 ホンダeは欧州市場で、すでにドイツ、イギリス、フランス、ノルウェーで先行予約を開始。2020年初夏から順次デリバリーを開始予定として、2020年10月の日本市場導入が見込まれている。

 ドイツでの地方自治体の補助金を差し引いた車両本体価格は、最高出力100kW(136PS)のタイプが2万9470ユーロ(1ユーロ=118円換算。約348万円)、同113kW(154ps)のハイパワーバージョンたる「アドバンス」グレードが3万2470ユーロ(約383万円)となっている。

 日本でのホンダeの車両本体価格は明らかにされていないが、補助金を含めて実質350万円程度と推定される。 コンパクトクラスにしてはかなりの割高感がある。

 日産リーフは12月初旬現在で、価格は330万3300~410万7400円。今年度末まで使える補助金40万円、10万円のキャッシュバックもあり、さらに東京地区だと都の補助金30万円も利用できる。これらを合わせると100万円超えの買い得になるケースもありえる。

 ホンダとしては月販1000台以上を売りたい方針のようだが、当面はかなり難しいとの見方が強い。

 リーフは2017年末にフルモデルチェンジし現行2代目にバトンタッチしたが、それでも現在では月販1500台そこそこにとどまっており、買い得なサービスキャンペーンの展開に少しでも気を抜けば月販1000台を割り込んでしまうのが現状である。

 他方、ホンダは長距離用EVシステムも開発中という情報も入ってきてので、今後のEV開発の進展に注目したい。

航続距離約200kmがちょっと心配なマツダMX-30

約200kmの航続距離と発表されているが、ロータリーエンジンのレンジエクステンダーの追加が決まっているMX-30
MX-30はCX-30とプラットフォームを共用しEV化。エンジンとモーターではパワートレーンは違うがクルマ作りの基本は同じマツダ流。マツダにとって初の量産EVとなるMX-30だが、パワートレーンは変わってもドライバーをはじめ、乗っている人すべてが楽しくなるというマツダの走りのDNAは変わらないという

 マツダが開発した新世代プラットフォームを採用する第3弾モデルであり、マツダ初の量産EVとなるMX-30。

 トヨタとの共同開発ではなくマツダが独自に開発したe-SKYACTIV」と呼ばれる電動化プラットフォームを採用。

 ロータリー搭載車「RX-8」以来の採用となる、センターピラーレスのセンターオープン式ドア構造を採る“観音開き”のフリースタイルドアを与えたことも注目だ。

 CX-30とボディサイズ/ホイールベースは同値(全高のみ+30mm)で、サスペンションは新プラットフォームを与えられたマツダ3/CX-30と共通となるマクファーソンストラット式/トーションビーム式。

 フロア部分に搭載したリチウムイオンバッテリー(パナソニック製の角形構造型)を動力源として前輪を駆動する。

 気になる一充電航続距離は約200kmを想定している。すでに欧州市場で先行予約が開始され、2020年後半の商品化を予定。日本でも2021年中の発売とされる。ドイツでの価格は約400万円とされている。

 小型の発電用ロータリーエンジン搭載によるレンジエクステンダー仕様も追加設定することを予想されており、一充電航続距離を2倍程度の400kmまで延ばすことが可能という。

 EV用に回生ブレーキによる前後荷重の制御を実施する「e-G-ベクタリングコントロール」にも注目したい。

 2030年時点ですべての生産車に電動化技術を与えるというマツダだが、「MX」というロードスター(MX-5)と共通の名を与えていることからも、マツダのこの量産EVに対する思い入れが感じられる。

マツダは2030年時点ですべてのクルマにe-SKYACTIVを搭載すると発表しているが、MX-30は記念すべきその第1弾で、マツダのオリジナル技術

C-HR EV&レクサスUX300eの日本発売は?

2019年11月の広州モーターショーで公開されたCH-R EV
レクサス初のEVとなるUX300e

 いっぽう、ビジネス面で中国は販売台数が見込めるだけあって、2019年になってバッテリーメーカーのCATLや電動化技術メーカーのBYDなどの中国資本と次々と手を組んで、EV開発を加速しているトヨタ。

 急がれる中国(と欧州)市場でのEVビジネスへの対応として、C-HRとレクサスUXベースのEVを発表した。

 まず、2019年4月の上海モーターショーでC-HR(中国資本の第一汽車が販売するモデルは「IZOA」)のEVバージョンを発表。

 2019年11月に開催された同じく中国広州モーターショーではレクサスブランドのUX300eを登場させた。

 プリウスなどと共通のGA-Cプラットフォームを基本にEVに仕立てられたC-HRとUX300eの仕様はほぼ共通。

 前輪を駆動するモーターのパワーとトルクは150kW(203ps)と300Nm(30.6kgm)とされ、リチウムイオンバッテリー容量は54.3kWh、一充電航続距離は約400km(NEDC複合)と公表している。

 UX300eは中国・欧州の両市場では2020年以降に順次発売され、日本では2021年前半の導入を予定。

 C-HR EVに関しては別ブランドのIZOAを含め、中国専用モデルとして発売される予定で、日本発売は未定とされている。

堅いビジネスを展開するリーフ

2017年12月に登場したリーフの航続距離はWLTCモードで322km、リーフe+は458km

 さて、2010年に発表された日本車初の量産EVの先達たるリーフは2017年12月に2代目となり、2019年1月にはバッテリーの容量増加によるパワー向上と一充電航続距離を増強したe+の導入が目新しい。

 標準仕様の「リーフ」は航続距離322km(WLTCモード)、「リーフe+」はさらに約40%長い航続距離(458km(WLTCモード))を実現た。

 「e+」に搭載されるバッテリーは、パッケージングの見直しなどにより、エネルギー密度を約25%向上。室内空間やデザインを犠牲にすることなく、容量を55%向上させた。

 そして2019年12月16日、2年ぶりにマイナーチェンジされる。発売は1月中旬。内容的にはメカニズム面の変更はないが、内外装のデザイン変更、ボディカラーの新設定、安全対策強化、装備の充実などが主な内容。装備としては、現行モデルでナビが小さく不評なことから、新しい大型の10インチサイズを設定する。

 日産はどうやら欧州のEV市場に向けて、ルノーと共同開発されたコンパクトクラス用CM-Bプラットフォームをベースに、新世代のEVの開発を進めているようだ。

 先の東京モーターショーでは、前後モーターによる4WD仕様として、欧州の量産EVに追従するかのようなクロスオーバーSUVの「アリアコンセプト」を発表。欧州での新たなEV投入を睨んでいる。

 発表されたアリアコンセプトは全長4600×全幅1920×全高1630mmのクーペスタイルのクロスオーバーSUV。EV専用プラットフォームを持ち、前後にそれぞれ1つずつのモーターを持つツインモーター4WDだ。

「自動運転時代に日産が進む方向を示したモデル」だといい、ツインモーターによるパワフルな動力性能と先進運転支援機能を搭載

リーフと真っ向勝負する日本製EVは出てくるか?

ホンダeの開発責任者・人見康平さんはBCのいじわるな「スペック的にリーフに劣っていますがリーフとは違うホンダeの個性、魅力はなんでしょうか?」という質問に対して「乗って走ってもらえば必ずわかります。“スポーツカー”ですから」とコメント

 では、現段階で老舗EVであるリーフに、日本メーカーの発売予定のモデルはどの程度対抗しうるのか、消去法的に探ってみよう。

 トヨタC-HR、レクサスUXeの両モデルは、パワートレーンに関してはハイブリッドモデルでの実績はあっても、いかんせん“急場しのぎ”の観が否めない。

 MX-30についてはデザインを含めて仕立ては良さそうだが、モーターの仕様や制御がどのようになるか(ワンペダル操作には“人馬一体”を謳うマツダは否定的だ)によって、評価は変わってくるので“待ち状態”だ。一充電あたりの航続距離がWLTCモードで約200kmというのも気になるところだ。

 残るホンダeはシティコミューターとして開発されたため、スポーティーなホンダのイメージを裏切らないことが期待できるとはいえ、ミドルクラスのリーフと同じ土俵では評価しにくい。

 ホンダeの航続距離もWLTCモードで200kmしかない。東京から箱根往復は厳しい。乗車定員も4人乗りだ。駆動用バッテリーは35.5kWhで100kW(136ps)と113kW(154ps)の最高出力と、315Nm(32.1kgm)の最大トルクを発生する。

 ちなみに日産リーフは、駆動用バッテリーが40kWh仕様の場合、最高出力が110kW(150ps)、最大トルクが320Nm(34.7kgm)と、ハイパワー版のホンダeと最高出力より4ps低く、最大トルクはリーフのほうが5Nm上だ。

 一方、リーフの高性能版、e+は62kWhの駆動用バッテリーを搭載し、最高出力は160kW(218ps)、最大トルクは340Nm(34.7kgm)。

 リーフの航続距離はWLTCモードで、40kWh仕様が322km、62kWh仕様が400kmと、ホンダeのWLTCモードの航続距離200kmを圧倒する。

 C-HR EVとレクサスUXeは、前輪を駆動するモーターのパワーとトルクは150kW(203ps)と300Nm(30.6kgm)で、リチウムイオンバッテリー容量は54.3kWh、一充電航続距離は約400km(NEDC複合)。

 数値からすれば充分ともいえるが、UXシリーズの車両本体価格は397万2222~544万9074円ということを考えると、UX300eは550万~650万円あたりになりそうなので、リーフに比べるとかなりの高い。

 こうして見ると、リーフがマーケットのカテゴリーの位置づけなどからも、日産が他メーカーに先駆けてEVが売りやすい領域を突いていたことが改めてわかってくる。

 2020年~2021年にかけて3台のEVが発売され、日本車メーカーのEV戦争が始まるが、現状では価格面、航続距離も含め、日本車に関してはリーフのライバルはまだ存在しないといえる(テスラモデル3がその筆頭といえるだろう)。

【画像ギャラリー】日本のEVは百花繚乱!? ホンダe、マツダMX-30、C-HR EV、レクサスUXeの詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ