【日本のEV戦争 開戦前夜】ホンダe マツダMX-30はリーフに勝てるか?

 2020年から2021年にかけてようやくというべきか、欧州勢に対抗しうる日本メーカーの新たなEV(電気自動車)が続々と登場する。

 2020年にホンダはコンパクトEV「ホンダe」を日本市場に導入、東京モーターショーで初披露されたマツダの「MX-30」は2020年に欧州市場で発売の後、日本でも2021年に向けて導入予定だ。

 続く2021年にはトヨタがレクサスブランドとして「UX300e」を投入する。

 これらの新世代EVは、量産EVの先駆けであるリーフと比べてどう違うのか? 充分、実用に耐えうるEVに仕上がっているのだろうか?

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】日本のEVは百花繚乱!? ホンダe、マツダMX-30、C-HR EV、レクサスUXeの詳細写真


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ