「渋滞時、空港リムジンバスに続け」は正解か? VS乗用車で最速到着に挑む

 

出張などの空港までの行き帰りで頼りになるのがリムジンバスだ。多少の渋滞が発生しても、ほぼ定刻通りに目的地まで身体と荷物を運んでくれる。その速達性、正確さはかなりのものだ。そこでリムジンバスに勝負を挑むべく、編集部員&ライターが運転する3台の乗用車とで、目的地までの時間を競ってみた。

乗用車はロードスター(ナビなし)、86(ライター永田氏が運転。ナビの使用・不使用は自由)、フリード(インターナビプレミアムクラブ搭載、ナビの指示に従う)の3台。最も早く目的地へ着くのはどの1台だ!?

文:ベストカー編集部、末長高章【バスマガジン編集長】
写真:WEBベストカー編集部

ベストカー2017年1月10日号

 

 


 

横羽線と湾岸線、スタートからルートが割れる

 

17:00 羽田空港第1ターミナル。ナビなしロードスター、86、インターナビフリードによる空港バスとの戦いが始まる

勝負の開始は17:00。同時刻に羽田空港第1ターミナルを出発し、18:25に池袋サンシャインバスターミナルに到着予定のリムジンバスがターゲットだ。リムジンバスにはWEB編集部・シオカワが乗り込み、通過したルートを逐一報告することになっている。

3人の刺客+リムジンバスが選択したルートは、さまざまだ。タカセ&ナガタは空港中央入口から湾岸線に乗り、フリード搭載のインターナビ任せのイイジマとリムジンバスは、環八経由で羽田入口から横羽線に乗った。

そして湾岸線を選択したタカセから、いきなり連絡が入る。

「渋滞してます」

そのまま8時間くらい渋滞にハマるがいい。などとイイジマが余裕をカマしていたら、昭和島JCT付近でリムジンバスに乗るシオカワから、

「バスが湾岸線に入ります」

との連絡が。横羽線ダメなの? インターナビは「横羽線乗っとけー」って、いってるんだけど!?

18:00頃 出発から約30分後に、空港バスは大井JCTから中央環状線へ。しかしその後、山手トンネル内の渋滞に遭遇

1発目の報告以降、連絡がないタカセ&ナガタはどうなっているのか。勝負開始より1時間も前の道路状況をスマホで確認して、

「中央環状線いくッス」

と宣言したナガタはたぶんダメだろうが、タカセと、シオカワの乗るリムジンバスの動きが気になる。そんな時、シオカワから久々の報告が。

「中央環状線に入りました」

ウソだろー!!

リムジンバスと別ルートをゆくフリード、その選択は吉と出るか、凶と出るか!?

 

18:00頃 空港バスとは異なり、5号線経由を選択したイイジマのフリード。しかし、まもなく東池袋というところでまさかの足止め

さほどひどい渋滞に捕まらず、首都高環状線に辿りついたフリード。残すは首都高5号・池袋線のみ。なのだが、ここでまさかの大渋滞。

が、インターナビは何も語らない。そして、時間だけが無情に過ぎていく。

どれほどの時間、どこまでも続く赤いテールランプを眺めていたのだろう。ようやく東池袋出口に到達し、サンシャインのバスターミナルにクルマを近づけたところ……、リムジンバスがいない!

ロードスターと86もいないが、それはどうでもいい。大事なのはリムジンバスだけだ。

リムジンバスがターミナルに現われたのは、フリード到着のおよそ15分後の18:50。定時の18:25分より25分遅れたが、バスから下りてきたシオカワに話を聞くと、途中、中央環状線が大渋滞していたものの、最初の停留所である池袋駅西口にはちゃんと18:30に到着していたらしい。

軽度の遅れですませたのはさすがといえるが、伝説は、いま打ち砕かれたのだ。

……と思っていたら、後日、リムジンバスの運行に詳しい人物から、衝撃の事実が伝えられた。

次ページ:リムジンバスが重視するのは「時間」ではなく「時刻」

 

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ