カローラ祝50周年!! 思わず「へぇ〜」と唸る10のうんちく話


 「花の冠」を意味するカローラは現行11代目まで作られ、日本を代表する国民車として2016年、50周年を迎えた。

 カローラ50年の歴史のなかには知られざる多彩な知恵・工夫が凝縮されている。そんな「へぇ〜」と思える話のなかから10のエピソードを、通称“カローラ先生”と呼ばれる小林敦志氏に教えてもらった。

 文:小林敦志
ベストカー2016年12月26日号


1.初代カローラの計器盤はふたつあった

 扇型やバー式の速度計をメインとした計器盤が主流だった1966年当時、丸型2連メーターを採用したのが初代カローラ。

 デビュー当初は計器盤がダッシュボードから飛び出た雰囲気だったが、後期で一体タイプに変更。

 ’68年に対米輸出を開始したり、カローラ・スプリンターを発売したタイミングで変更したようだ。速度計の位置も右側から左側に変更されている。

初代カローラの計器盤

2.レザートップをまとった2代目

 2代目クーペにはレザートップが設定された。これは天井部やA/Cピラーの表面に合皮を張った仕様のこと。

 幌馬車時代の名残りとされ、アメリカで広くもてはやされた。

 高級車の証として1970年頃にはクラウンなどほかの日本車でも設定はあったが、カローラクラスでの設定は珍しい。対米輸出を強く意識した証だろう。

レザートップが採用された2代目カローラ

次ページは : 3.スプリンターは2代目でカローラから独立

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ