ダイハツ新型タントついに王座奪還!! 賢い買い方はこれだ!!!


Xセレクションで従来の不利を払拭

 タントXセレクションをライバルのN-BOX G・Lホンダセンシング(154万3300円)と比べると、タントXセレクションには車間距離を自動調節できるクルーズコントロールなどの運転支援機能は装着されないが、サイド&カーテンエアバッグやシートバックテーブルを備えて価格は5万2800円安い。

 N-BOX G・Lホンダセンシングも相当に買い得だから、装備と価格の勝負にタントXセレクションが勝ったとはいえないが、従来の不利は払拭されている。前述のようにN-BOXは安定的に売れるだけあって、高機能で価格も割安だ。そこに対抗するのは容易ではない。

タントカスタムRSのターボモデルは価格設定は高いが、安全装備なども充実しているため満足感は高い。セレクションシリーズも買い得感がある

 いっぽう、上級シリーズのタントカスタムを買うのであれば、ターボエンジンを搭載したカスタムRSセレクションを選ぶ。これも新グレードのセレクションシリーズだ。

 Xセレクションのコンフォータブルパックに加えて、カスタムRSにオプション設定される車間距離を自動調節できるクルーズコントロールなどの運転支援機能、LEDフォグランプなどを加えた。

 カスタムRSセレクションの価格は185万3500円で、カスタムRSに比べると7万1500円高いが、セットオプション価格にして総額11万9900円の装備が加わるから、カスタムRSよりは4万8400円割安だ。最上級の軽自動車を求めるユーザーにはメリットがある。

今の軽自動車は安全装備、快適装備をケチると販売に大きく影響するため、各社とも精力的にH外発を進めている。ユーザーにとっては歓迎すべきことだ

セレクションシリーズはタントをたくさん売るダイハツの意思表示

 以上のようにタントの買い得グレードは標準ボディのXセレクション(149万500円)、高い満足度を求める個性派グレードはカスタムRSセレクション(185万3500円)になる。

 販売店に納期を尋ねると「セレクションシリーズは、メーカーも売れ筋になると考えているから生産台数も増やしている。従って契約から1カ月で納車できる。

 逆に以前から設定されているセレクションシリーズ以外のグレードに、メーカーオプションをたくさん装着すると、納期が2カ月に延びることも考えられる」という。

スーパーハイトワゴン軽自動車の広い室内はハイトワゴン軽自動車を凌駕。このゆったりした余裕が今のユーザーのニーズに合致して大ヒットしている

 つまりセレクションシリーズは、予めメーカーオプション装備を標準装着しているから、ユーザーがオプションを注文することに伴う受発注や生産の面倒を避けられる。効率が高いから、価格も割安にできた。

 セレクションシリーズは、今後タントをたくさん売る意気込みの表現でもあるわけだ。果たしてタントは、年間販売ランキングのトップをN-BOXから奪えるだろうか。

【画像ギャラリー】もっと詳しく!! ダイハツタント解剖