GT-R、NSXから始まった300km/hオーバーの世界 今では常識範囲内?

 300km/h。いまではスーパーカーでは当たり前となったこの速度。近年では国産車でもGT-Rをはじめ300km/hオーバーのマシンが存在する。

 そしてそんな300km/hの世界にまた新たなクルマが加わった。それが最高速307km/hのホンダNSX。

 国産車で久しぶりの大台超えを記念して、国産車300km/hへの道のりを紹介しよう。

 文:ベストカー編集部
写真:茂呂幸正、日産、ホンダ
初出:ベストカー2015年12月26日号


新型NSXの登場で国産車も300km/hオーバーの常連に!?

 2016年、自動車業界を賑わせた車種といえば新型NSXだろう。

 V6、3.5L DOHCツインターボ+3モーターハイブリッドのシステム出力は573ps/65.8㎏m。そして、最高速はなんとカタログ値で307㎞/hとなっている。

 最高速が300㎞/hを超える日本の量産車はGT-R、レクサスLFAに続き、NSXが史上3車目。LFAが325㎞/h、GT-Rはノーマルが309㎞/h、NISMOが315㎞/hで、NSXは歴代3位ということになる(すべてメーカー公表値)。

 近年、500psや600psはあたりまえという馬力のデフレ現象が起こっており、それとともに最高速も上昇。スーパースポーツクラスなら最高速300㎞/hは「超えて当然」という状況になってきている。

 そうは言っても300㎞/hは高い壁。最新技術の粋を尽くしたクルマでなければ、その速度域で安定して走らせ、安全に止めることができないのは言うまでもない。

 少なくともスペック上では300㎞/hが身近になりつつある今、改めてその凄さを知るべきではないか。なんつって、そんなに大上段に構えるつもりもないのだが、ここで300㎞/hの世界をちょいと覗いてみようではありませんか。

長くかかった300km/h突破への道のり

 日本の量産車が初めて最高速300㎞/hを超えたのは2007年デビューのR35 GT-R。天才・水野和敏氏の力作だが、日本車がそこに至るまでには長い年月がかかっている。

 そもそも200㎞/hを超えるまでが長かった。日本車で初めて最高速200km/hオーバーを表示したのは1967年登場のフェアレディSR311の205km/hだったが、これはあくまでカタログ値。実測での200㎞/hオーバーは1981年登場の初代ソアラ2.8GTが初めて。

 以降、競争が激化し、1980年代には最高速200㎞/hを超えるクルマは増えたが、300㎞/hは遠い彼方の世界であった。その最大の要因は1989年から始まった280ps自主規制。

 パワーが頭打ちでは最高速は伸ばせない。スカイラインGT-RもスープラもRX-7も、250㎞/hが限界だった。しかし、それでも日本車は健闘していたのだ。

レースでは最強の座を欲しいままにしていたスカイラインGT-R(R32)。しかし市販車では300km/hはまだ遠い話だった

初代NSXの登場で300km/hが近づいた?

 初代NSXが登場し最高速は270km/hという国産車として大きな進歩を見せた1990年代前半、フェラーリは428psの512TRが最高速314km/hを表示していたものの、248tb/tsは275km/hだったし、ポルシェ911ターボも360psながら最高速は280km/h。

 世界的にも300km/hは高い壁だったのだ。ちなみにポルシェ911ターボが300km/hを超えるのは、1998年登場の996型が初めてで最高出力は420psだった。

 2004年の280ps規制解除後は日本でも300psオーバーのクルマが続々と登場。その究極だったのがR35 GT-Rで、480psでデビューして300km/h超えを達成。

 その後進化を重ね、今ではノーマルグレードが550ps、NISMOは600psにまでパワーアップし、最高速も315km/hまで伸ばしている。

 2010年にはレクサスLFAが登場し、325km/hを表示。500台限定の少量生産車だったが、世界的にみても325㎞/h以上をマークするクルマは超高額の少量生産車ばかり。

 スーパースポーツでも量産車では300~320km/hあたりが限界値となっている。

空力にすぐれるミドシップのNSX。NAエンジンながら270km/hという最高速度を表示していた

GT-Rで300km/hを見た男たちのストーリー

 【鈴木利男の場合】

 GT-Rの開発テストで、アウトバーンの300km/hは何度も経験していますよ。300km/hも出したら、それは怖いですよ。

 アウトバーンを走っているドライバーは、みんな後ろをよく見てくれていますが、それでもいつ車線変更してこちらに出てくるかわかりませんから、やっぱり緊張します。

 開発している側としては、何km/hで走っていても挙動が変わらないようにしたいわけですが、やはり250~260㎞/hを超えると空力でボディが持ち上がり、全体的にクルマが軽くなった感じは受けますね。

 また、スピードが出れば出るほど横風の影響が大きくなるので、山あいから抜けた瞬間に多少ぶれたりすることはありますね。

 水野(和敏)さんはよく「GT-Rは300km/hでもリラックスして走れる」と言っていましたが、さすがにそれは無理ですね(笑)。

 そのスピードで何かあったら絶対に対処できないわけで、ドライバーにできるのは危険を予知することしかないんですよ。前車の挙動はもちろん、匂いとか振動など、五感を研ぎ澄まして危険を感じ取らないといけない。

 やはり普通に走っている時のようにリラックスはできませんよね。300km/hで走るのは快感でもなんでもないですよ。

 また、無理して、我慢して出すものでもありません。テストドライバーが怖いのを我慢して300km/hで走ったって、お客さんに「300km/hで走れます」とは言えないですからね。

水野氏と仙台ハイランドでの開発を行う鈴木利男氏。300km/hのテストで命を預ける2人の信頼関係は厚い

 【ホットバージョン編集長 本田俊也の場合】

 GT-Rの開発現場を動画で記録する仕事をしていたので、何度かアウトバーンで300km/hを経験しました。911ターボを持ち込んで比較もしましたが、両車の最大の違いはブレーキングの安定性でしたね。

 前のクルマがこちらの速さを読み切れず、追い越し車線に入ってくることがあるんですけど、そういう時、強めにブレーキを踏むと911はリアがズルズルするのに対し、GT-Rは路面に吸い付くようにビターッと減速してくれるんですよ。

 また、高速になればなるほどダウンフォースが大きくなって、固めた足がちょうどいい感じになるんです。超高速域に照準を合わせた足なんだということがよくわかりますね。

 音は270~280km/hくらいから急激に騒がしくなるんですが、2010年モデルからだいぶ静かになった印象がありましたね。

 問題は燃費で、300km/h近くで走っていると満タンにしていても20分くらいでガソリンがなくなるんです。多分1km/L台だったんじゃないかな?

 助手席でも何度も300km/hを体験しました。日産のテストドライバーの方が運転する雨の高速テストに同乗した時なんですが、走行中いきなり豪雨になって、ハイドロプレーンのような状態になり、横を向いたことがあるんです。

 僕の感覚では90度くらい横を向いたように思って「ダメだ!!」と思ったんですが、あとで動画を確認したらわずかなものでしたね。やっぱり助手席だとだいぶ感覚が違うんでしょうね。

 水野さんはデータロガーを確認しながら「4WDがきっちり制御できてる」って言ってましたね。正直言って300km/hは快感ですよ。

 この経験でスピード感覚も磨かれたと思いますけど、それが今、何かの役に立っているかというと、何もないですね(笑)。

最初期型 GT-R2007年モデル

 日産GT-Rは登場から10年が経とうとしているものの、国産車最速の地位は譲らない。いまだに世界のライバルと肩を並べているのが凄い。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ