かつてのミニバン王者ステップワゴンはなぜ苦戦しているのか?


売れない理由は外観のデザイン?

2015年4月デビュー当時のステップワゴン(左)とスパーダ(右)
わくわくゲートを採用したステップワゴンのリアスタイル

 それでもステップワゴンの売れ行きが伸びない理由として、まず外観デザインが挙げられる。

 現行型の登場時点で、標準ボディだけでなくエアロパーツを装着したスパーダも、メッキグリルの輝度を抑えた大人しい顔立ちだった。これでは標準ボディと同じように見えてしまう。

 開発者に理由を尋ねると「派手なフロントグリルはほかのミニバンも採用して個性が乏しいから、ステップワゴンは抑制を利かせた」という。

 この意図は理解できるが、最近のステップワゴンは、いつも地味な顔で登場して売れ行きが伸びず、マイナーチェンジで派手に変更している。

 現行型も2017年9月のマイナーチェンジで、スパーダのフロントマスクを大幅に変えた。この繰り返しをするなら、最初から売れ筋路線で登場した方が良い。販売に弾みが付き、その後も堅調な売れ行きを保ちやすいからだ。

2017年9月のマイナーチェンジで スパーダ系は外観が変更され、ヘッドライトをLED化され、フロントグリルのデザインやテールゲートスポイラーの形状が変更された

 ミニバンで大切な内装でも、ステップワゴンは個性が乏しい。セレナはS(スマートシンプル)ハイブリッドのシートアレンジを充実させ、2列目の中央を1列目の間までスライドさせると収納設備として使える。

 この状態では2列目の中央に空間ができるため、車内の移動もしやすい。ヴォクシー系3姉妹車は、3列目シートがレバー操作だけで持ち上がるようにした。2列目の長いスライド機能も含めて、使い勝手に工夫を凝らしている。ステップワゴンでは、このような初めて見た人を感心させる実用的な特徴が乏しい。

低床で乗り降りもしやすく使い勝手はいいが、個性が乏しいと渡辺陽一郎氏は指摘する

 ステップワゴンの販売が伸び悩む理由に、今のホンダのブランドイメージもある。2019年1~12月の販売実績を見ると、軽自動車がホンダ車全体の50%に達した。

 さらにN-BOXだけで、国内で売られたホンダ車の35%を占めてしまう。そこにコンパクトミニバンのフリード、コンパクトカーのフィットも加えると、国内で売られたホンダ車の75%に達する。

 こうなるとホンダのブランドイメージは、小さなクルマを中心に扱うスズキやダイハツに近付く。クルマ好きから見れば、ホンダは今でもNSXやシビックタイプRをそろえるスポーツモデルのメーカーだが、ミニバンを買う人達の見方は違う。

 ホンダは軽自動車や全長が4m前後の小さなクルマを造るメーカーで、ミドルサイズのミニバンはトヨタと日産の領域に入るのだ。

 そのためにホンダで堅調に売れる車種の上限はヴェゼルになり、オデッセイ、CR-V、シビックなどはすべて伸び悩む。

 販売力の問題も見逃せない。N-BOXが国内販売の1位になり、小型車も1.5L以下が好調に売れると、ミドルサイズやLサイズの販売促進に力を入れる余裕はない。販売店は軽自動車とコンパクトな車種を売るので手一杯だ。

ステップワゴンが売れない理由はココにある!

 以上のようにステップワゴンは、機能についてはセレナやヴォクシー系3姉妹車に見劣りしない。

 しかしデザインのインパクトが乏しく、ホンダのブランドイメージも軽自動車とコンパクトな車種に偏り、ディーラーの販売力も奪われた。

 その結果、売れ行きを下げている。いわばクルマの販売を支える総合力で、ステップワゴンは負けたことになる。

 ホンダはミニバンや軽自動車を豊富にそろえ、国内市場にも力を入れている。それだけにステップワゴンが低迷するのは残念だ。

 軽自動車偏重から脱して、もう少し販売のバランスを整えると良い。ステップワゴンは惜しいところで好調の波に乗れていない。

【画像ギャラリー】わくわくゲートを採用したステップワゴン詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ