熟成期に入ったレクサスの苦悩と明るい未来

 2020年2月、レクサスは昨年の世界新車販売実績を発表した。それによると総販売台数は76万5330台。前年比10%増、過去最高の成績となった。

 2019年1~12月の主要地域別の販売実績を見ると、北米では約32.5万台(前年比100%)とほぼ横這いながら、中国は約 20.2万台(前年比 125%)、欧州は約 8.7万台(前年比 114%)、中近東は約 3.2万台(前年比 108%)、東アジアは約 3.4万台(前年比 108%)など、ほかのすべての地域で前年比プラスとなっているのが目をひく。

 一方、日本ではどうだったのか? 日本におけるレクサス車の販売は2019年の新規登録台数が6万2394台で、前年に比べて13.2%増と堅調だった。

 さて、順風満帆に見えるレクサスだが、2020年以降はどうなっていくのか? 新車登場スケジュールは? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤徹
写真/レクサス ベストカーWEB編集部
CGイラスト/ベストカー編集部

※新型車登場スケジュールは2020年2月時点で流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。新情報が入り次第更新していきます

【画像ギャラリー】デザインに力がある現行レクサス全モデルの詳細写真


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ