ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ……タイヤ以外の凄いコト ベスト10


 クルマの足もとを支えるタイヤ……だけでなく、タイヤメーカーは実に多彩な分野で、その技術力をいかんなく発揮している。このメイン写真の人工芝もまさにそのひとつだ。

 今回は多岐に渡るタイヤメーカーの“タイヤ以外の”取り組みから10の凄いコトを選りすぐってお届けする。

 文:ベストカー編集部/写真:ブリヂストン、横浜ゴム、住友ゴム工業


1.西川産業のマットレスに新開発のウレタンフォームが採用

 【ブリヂストン】

 ブリヂストンが新たに開発したウレタンフォーム「ソムニフォーム」が、西川産業のコンディショニングマットレスの新商品「エアー03(ゼロスリー)」に採用された。

 柔らかく、かつ高い反発弾性の特徴を持つソムニフォームを「エアー03」の上部層に一層追加することで、柔らかく包み込むような寝心地を提供。体圧分散性能の向上を追求している。


ブリヂストンが新たに開発したウレタンフォームが、西川産業のマットレス「エアー03」に採用

2.新たな天然ゴム資源!? ロシアタンポポの共同開発を開始

 【ダンロップ】

 より環境に配慮した高性能な商品提供を目指す住友ゴム工業は、新たな天然ゴム資源として「ロシアタンポポ」に着目。米ベンチャー企業のカルテヴァット社と、その実用化検討のための共同研究を開始した。

 ロシアタンポポは、従来の天然ゴム資源であるパラゴムノキと異なり、温帯地域で栽培が可能なため、北米をはじめとする、世界の多くの地域で栽培が可能だ。

タンポポ

次ページは : 3.タブレットに最適。ブルーライトカットフィルムを開発

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ