ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ……タイヤ以外の凄いコト ベスト10

クルマの足もとを支えるタイヤ……だけでなく、タイヤメーカーは実に多彩な分野で、その技術力をいかんなく発揮している。このメイン写真の人工芝もまさにそのひとつだ。

今回は多岐に渡るタイヤメーカーの“タイヤ以外の”取り組みから10の凄いコトを選りすぐってお届けする。

文:ベストカー編集部/写真:ブリヂストン、横浜ゴム、住友ゴム工業


1.西川産業のマットレスに新開発のウレタンフォームが採用

【ブリヂストン】

ブリヂストンが新たに開発したウレタンフォーム「ソムニフォーム」が、西川産業のコンディショニングマットレスの新商品「エアー03(ゼロスリー)」に採用された。

柔らかく、かつ高い反発弾性の特徴を持つソムニフォームを「エアー03」の上部層に一層追加することで、柔らかく包み込むような寝心地を提供。体圧分散性能の向上を追求している。

2.新たな天然ゴム資源!? ロシアタンポポの共同開発を開始

【ダンロップ】

より環境に配慮した高性能な商品提供を目指す住友ゴム工業は、新たな天然ゴム資源として「ロシアタンポポ」に着目。米ベンチャー企業のカルテヴァット社と、その実用化検討のための共同研究を開始した。

ロシアタンポポは、従来の天然ゴム資源であるパラゴムノキと異なり、温帯地域で栽培が可能なため、北米をはじめとする、世界の多くの地域で栽培が可能だ。

3.タブレットに最適。ブルーライトカットフィルムを開発

【ヨコハマ】

無色・透明で液晶ディスプレイの本来の色彩を損なうことなく、ディスプレイのバックライトに使用されるLED光源からのブルーライトを減衰できるフィルム「YF-Rシリーズ」を、横浜ゴムが開発した。

LED光源でのピーク波長となる450nm付近でも効果的にブルーライトをカットすることに成功している。

4.充填材を使わない人工芝「ハイブリッドターフEVO.」

【ダンロップ】

メイン写真でも紹介した人工芝がこちら。ゴムチップや目砂といった充填材(インフィル)の代わりに、カール状のヤーン(原糸)を織り込んだノンフィルタイプの人工芝、「ハイブリッドターフEVO.」だ。

豊富な実績を積み重ねた住友ゴム工業が送り出す、ロングパイル人工芝「ハイブリッドターフ」の新仕様で、充填材がウェアや肌に付着することがないため、さまざまな競技を快適に行うことができる。

5.ボディ剛性を高める自動車ウインドウ用高弾性接着剤

【ヨコハマ】

横浜ゴムが2016年12月に発売を開始した自動車窓ガラス用高弾性接着剤「Hamatite Hyper Sealant(ハマタイト・ハイパー・シーラント)」。

この接着剤は、高強度ポリマーと特殊添加剤の独自ブレンドにより、硬化後の弾性が高いのが特長で、フロント、リアガラスを窓枠に接着させることで、窓ガラス自体がボディの補強パーツになるという。

販売はチューニングショップを通じて行われる。

次ページ:家庭の水回りに、道路のジョイント……残り5つの凄いコト

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ