真に「家族思いの小型車」はどれだ 後席の広いコンパクトカーランキング

 2020年2月、新型ヤリスと新型フィットが登場し、日本のコンパクトカーが新たな時代に入った。

 この2台のコンパクトカーで注目したいのは、新型フィットは後席の広いパッケージングを採用したのに対し、新型ヤリスは後席の広さよりも、走る、止まる、曲がるという基本性能を追求しているということだ。

 新型フィットにしようか、それとも新型ヤリスか。さらにはノート、マツダ2、スイフトなどライバル車と比べて、どのクルマにしようかと、悩んでいる人も多いのではないだろうか。

 今回は、クルマ全体の評価ではなく、コンパクトカー選びにおいて、重要な要素の一つ、後席の広さにスポットを当て、「後席の広いコンパクトカーランキング」と題して、各車の後席の広さや使い勝手はどうなのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏に解説してもらった。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】後席の広いクルマランキング・室内・外観の詳細写真


サイズはコンパクトだが後席の広さも重視されるように

いまやコンパクトカーは家族3~5人が乗れるファミリーカーとしての役割も担っている。写真はフィットの後席の快適さに満足する筆者

 今話題の新型車といえば、先ごろフルモデルチェンジを行ったコンパクトカーのヤリス(旧ヴィッツ)とフィットだ。

 両車ともに全長を4m以下に抑えた5ナンバー車で(一部のグレードを除く)、混雑した街中や狭い駐車場でも運転しやすい。

 衝突被害軽減ブレーキを作動できる安全装備、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなど、運転支援機能も充実させた。

 日本の新車販売において、コンパクトカーの販売比率が高いことにも注目しておきたい。今やコンパクトカーは、新車販売全体の25%を占めており、軽自動車の38%に次いで人気のカテゴリーになっているのだ。

 コンパクトカーが好調に売れる一番の理由は、商品力の向上だ。小さくて運転しやすいだけでなく、内装の質、乗り心地、走行安定性、安全装備、運転支援機能、環境性能などがバランス良く進化している。

 そのために上級車種からコンパクトカーに乗り替えても、物足りない印象が生じにくい。

 クルマの価格が全般的に高まったことも、コンパクトカーが好調に売れる理由だ。1990年代であれば、初代ステップワゴンやセレナのようなミドルサイズミニバンを200万円前後で買えたが、今では安全装備や環境性能などの向上により250万円を超える。

 クルマが値上がりしているのに、平均所得は1990年代中盤に比べて安い水準で停滞しているから、購入する車種を小さくする必要が生じた。

 ヤリスやフィットであれば、1.3Lから1.5LのNAエンジン搭載車は、買い得グレードの価格が160万~175万円だ。

 ハイブリッドは210万円前後になる。20~25年前のミドルサイズミニバンの価格帯に、今日のコンパクトカーが位置している。

 そうなるとコンパクトカーに対するニーズも変わる。以前は2名以内の乗車で街中を移動するためのクルマだったが、今のコンパクトカーは、かつてのステップワゴンなどと同じくファミリーカーとしても使われる。

 そこで大切になるのが後席の居住性だ。ここでは後席が快適なコンパクトカーをランキング形式で取り上げていきたい。

 候補車種の条件は2つあり、まず価格が割安で運転しやすい5ナンバー車であること。3ナンバー車のインプレッサスポーツやマツダ3になると、NAエンジン車でも、売れ筋価格帯が220万円以上に高まってしまう。

 2つ目の条件は、全高が1550mm以下に収まることだ。これを超えるルーミー&タンク、ポルテ&スペイド、ソリオ、フリードプラスなどは、立体駐車場を使いにくく価格も上昇する。

 また背の高いコンパクトカーなら、後席は広くて当然だろう。どれを選んでも4名が快適に乗車できるため、ランキングする意味も薄れる。

 ここではヤリス、フィット、ノート、マツダ3(旧デミオ)、パッソ、スイフトなど、ボディが小さくて立体駐車場を使いやすい典型的なコンパクトカーを選び、後席が広い順にランキングした。

1位:ホンダフィット

●買い得グレード:1.3Lガソリン・ホーム(171万8200円)

ボディサイズは全長3995×全幅1995×全高1515mm、ホイールベースは2530mm

■室内空間/長さ1955mm、幅1445mm、高さ1260mm

新型フィットの後席に身長170cmの筆者が座ると膝先空間は握りコブシ2つ半、頭上空間にも握りコブシ2つ弱入る

 全長が4000mm前後、全高が1550mm以下のコンパクトカーで、後席が最も快適な車種はフィットだ。

 身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先には握りコブシが2つ半収まる。これはミドルサイズセダン並みの余裕だ。後席の頭上にも握りコブシ2つ弱の空間があるから、長身の同乗者でも窮屈に感じにくい。

 座り心地は座面の柔軟性がいまひとつだが、不満はない。座面の前側を少し持ち上げて、大腿部のサポート性も向上させた。

 先代型が装着していた背もたれの角度を変えるリクライニング機能は、現行型では省かれ、先代型の寝かせた角度で固定されている。

 座面の柔軟性が不足した理由は、荷室の多彩なアレンジを可能にしたからだ。フィットは燃料タンクを前席の下に搭載するので(ほかの車種は後席座面の下側)、後席を床面へ落とし込むように小さく畳み、床の低い大容量の荷室に変更できる。後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積む機能も備わる。

 このようにフィットは、全高が1550mm以下のコンパクトカーでありながら、後席の居住性と荷室の使い勝手が優れている。かつて200万円前後で売られていたミドルサイズカーと同様、ファミリーユーザーにも適している。

フィット最大の特徴ともいえるのがコレ。後席をチップアップすると、ベビーカーや観葉植物など長尺物も積むことができる

2位:日産ノート

●買い得グレード:e-POWER・X・Vセレクション(219万6700円)

ボディサイズは全長4100×全幅1695×全高1520mm、ホイールベースは2600mm

■室内空間/長さ2065mm、幅1390mm、高さ1255mm

後席は身長170cmの筆者が座ると膝前空間は握りコブシ2つ半、頭上空間は握りコブシ2つ弱入る

 全高が1550mm以下のコンパクトカーで、後席の居住性がフィットの次に快適なのはノートだ。

 身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半だから、フィットと同等の余裕がある。頭上には握りコブシが2つ弱収まり、フィットよりも若干広く感じる。

 注意したいのは売れ筋のe-POWERだ。NAエンジン車に比べると、後席に座った乗員の足が前席の下側に収まりにくい。

 前席の下に駆動用リチウムイオン電池を搭載したためだ。この影響でe-POWERは、足元空間が実質的に少し狭まり、膝が持ち上がりやすい。

 現行ノートの発売は2012年だから(e-POWERは2016年)、座面の柔軟性とサポート性が不足気味だが、後席からの視界は開放的でリラックスできる。ファミリーカーとして4名で乗車する用途にも適する。

 荷室容量も十分だが、シートアレンジはフィットほど多彩ではない。後席の背もたれを前方に倒した時に座面が下がる機能はなく、広げた荷室の床に段差が生じる。購入時には後席の快適性や荷室の使い勝手をフィットと比べて判断すると良い。

3位:トヨタパッソ

●買い得グレード:X・LパッケージS(136万9500円)

左がパッソMODA、右がパッソX。ボディサイズは全長3680×全幅1665×全高1525mm、ホイールベースは2490mm

■室内空間/長さ1975mm、幅1420mm、高さ1270mm

ボディサイズは小さいがスペース効率に優れるパッソ&ブーン。身長170cmの筆者が座ると膝先空間は握りコブシ2つ少々、頭上空間は1つ半

 パッソは全長が3650mm(上級のモーダは3680mm)、全幅は1665mm、全高は1525mmだから、コンパクトカーのなかでもボディが特に小さい。

 ただしダイハツが開発と製造を行うので(ダイハツブランドのブーンもある)、軽自動車の手法を使って開発され、空間効率は優れている。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には、握りコブシが2つ少々収まる。

 後席の座り心地は、柔軟性が不足しており、座面の奥行寸法も少し短い。座り心地は良くないが、後席に座った乗員の足が前席の下側に収まることもあり、着座姿勢は良好だ。

 短いボディで後席の足元空間を広げたから、荷室長は短い。後席の背もたれを前側に倒すと、広げた荷室の床に段差が生じる。

4位:トヨタヤリス

●買い得グレード:1.5G(175万6000円)

ボディサイズは全長3940×全幅1695×全高1500mm、ホイールベースは2550mm

■室内空間/長さ1845mm、幅1430mm、高さ1190mm

身長170cmの筆者が座ると膝先空間は握りコブシ1つ少々、頭上空間は握りコブシ1つ

 ヤリスの居住性は、前席はインパネの質感も高くて快適だが、後席は割り切った。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ少々だ。

 この足元空間は、従来型のヴィッツと比べても狭い。ヴィッツでは前述の測り方で、後席の膝先空間は握りコブシ2つ分であった。

 ヤリスの前後席に座る乗員同士の間隔は、ヴィッツに比べると37mm減った。床と座面の間隔も32mm下まわるから、ヤリスは足元空間が狭く、なおかつ腰が落ち込んで膝の持ち上がる座り方になった。

 その代わり後席に座る乗員の足が前席の下側に収まりやすいため、膝先空間が狭い割に窮屈感を抑えた。座面には適度な柔軟性があって座り心地も良く、座面の前側を少し持ち上げたから、大腿部が離れにくい。また頭上空間は握りコブシ1つ弱を確保した。

 荷室の面積は相応に確保されるが、リアゲートを寝かせたから、背の高い荷物は積みにくい。ボディスタイルを優先させた設計だ。

5位:スズキスイフト

●買い得グレード:マイルドハイブリッドRS(182万500円)

ボディサイズは全長3840×全幅1695×全高1500mm、ホイールベースは2450mm

■室内空間/長さ1910mm、幅1425mm、高さ1225mm

身長170cmの筆者が座ると膝先空間は握りコブシ1つ半、頭上空間は握りコブシ半分程度

 スイフトはヤリスと同様、前席を優先させた。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ半になる。頭上の余裕は握りコブシの半分程度だ。

 座面の柔軟性はヤリスに負けるが、スイフトも腰の支え方は良い。後席に座る乗員の足が前席の下に収まり、着座姿勢にさほど無理は生じない。

 ただし、外観デザインに塊感を持たせるため、サイドウインドウが少し狭いので、後席に座ると閉鎖感が伴う。後席の外側のドアハンドルを高い位置に装着したから、ドアの開閉性も良好とはいえない。

 荷室容量は全長が3840mmのボディサイズに見合うものだが、後席の背もたれを前側に倒すと、広げた荷室の床に段差が生じやすい。

6位:マツダ2(旧デミオ)

●買い得グレード:XDプロアクティブSパッケージ(215万6000円)

ボディサイズは全長4065×全幅1695×全高1445mm、ホイールベースは2570mm

■室内空間/長さ1805mm、幅1445mm、高さ1210mm

身長170cmの筆者が座ると後席の膝前空間は握りコブシ1つ、頭上空間は握りコブシ半分

 マツダ2はかなり前席を優先させた作りになっている。インパネの質感は高く、前席は座り心地も快適だが、後席は窮屈だ。

 身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ1つ分にとどまる。

 しかも全高が1445mmと低めに抑えられ(フィットに比べると70mm下まわる)、ルーフを後ろ側に向けて下降させたから、後席は天井がかなり下がった。そのために着座位置も低く、腰が落ち込んで膝の持ち上がる座り方になりやすい。

 シート自体には柔軟性があり、座り心地も悪くないが、足元空間の狭さと着座姿勢が災いして後席の快適性を下げた。

 ルーフを後方に向けて下げたから、後席はドア開口部の上側が低い。そのために頭を下げて乗り降りする。前述のように後席の足元空間も狭いため、乗降時の足の取りまわし性も良くない。

 したがってファミリーカーには向かない。後席にチャイルドシートを装着する使い方なら問題ないが、子供を後席のチャイルドシートに座らせる時、子供の頭部とドアの低い開口部が干渉しやすい。子供を抱えて車内に入る時、子供の頭をぶつけないように注意したい。

 荷室容量も狭めだ。ルーフを後方に向けて下降させたから、荷室の上下寸法が不足した。

 リアゲートの角度も寝ているから、背の高い荷物は積みにくい。このようにマツダ2は、前席を優先させたクーペ的な価値観に基づいて開発されている。

【画像ギャラリー】後席の広いクルマランキング・室内・外観の詳細写真

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ