セダンはトヨタ? SUVなら三菱?? 車種比率データで見る自動車業界 ほんとの勢力図


 クルマ好きにとって半ば「常識」のようにも語られる、「セダンといえばトヨタ」「本気度の高いSUVを揃えるのは三菱」といった事柄たち。

 しかし、対象となるモデルの数がそのメーカーの全モデルに対してどれほどの割合を占めるかを検証することで、「セダンのラインナップが豊富なメーカーは?」「最低地上高200mm超のSUVを多く揃えているメーカーは?」…これらについての意外な事実が見えてくる。今回はそれをご紹介したい。

【画像ギャラリー】アコード グレイス フォレスター… 各パートからピックアップされたモデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです。ベースモデルが存在する場合のハイブリッド車は特別な例外を除き、1モデルとしてカウントしています。レクサスの「F」モデルはベースモデルとの差が大きいため別モデルとしてカウントしています
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月10日号


■Part 1 「セダンの王国」はトヨタじゃない?

 セダンを多く抱えるのはトヨタ。そのイメージはモデルの数だけ見れば間違いではない。モデル数=9は圧倒的だ。

■[データ1]各メーカーセダンモデルの全モデル数に対する比率

 が、セダンモデルの数が全モデルに対してどれだけの割合を占めるかで見ると……、21世紀の「セダン王国」はじつはホンダとなる。

「何言ってんだ? レクサスのほうが比率高いだろ?」と思うかもしれないが、レクサスはプレミアムカーメーカーでラインナップに偏りがあるため、カジュアルに比べるのは難しい。

 一方のホンダは素晴らしい。登録車全モデル数が16しかない(シビックはセダンとハッチバックを別モデルとしてカウント)のに、6モデルもセダンを揃えている。

月販売目標台数=300台のアコード

 正直、ドレもあまり売れてるイメージがないが、今回は販売状況は加味しないので問題ない。よかったよかった。

久々に写真を見た気がするグレイス

■Part 2 ならば「SUVの王国」は? →スズキ、侮りがたし!

「SUVってか、RV王国といえば三菱だろ!?」。

 バブル華やかなりし頃からのそのイメージは、現在でも正しい。モデル数こそトヨタに負けているが、SUVモデルが全モデルに占める割合を見れば、圧倒的に三菱が王様だ。

[データ2]各メーカーSUVモデル(登録車)の全モデル数に対する比率

 が、ここで注目してほしいのが、2位に入ったスズキだ。ジムニーシエラやエスクードは当然として、ほかにイグニス、SX4 S-クロス、クロスビーも、最低地上高が180mm以上あるためSUVとした結果、こうなった。

目つきの悪さがキュートなイグニスさん

 イグニスがSUVかよ? という声もあろうが、最低地上高=140mmのC-HRがSUVヅラしていることを考えると、含めちゃいけない理由のほうがわからない。

見かけることも稀なSX4 S-クロスさん

次ページは : ■Part 3 最低地上高200mm以上! 「本気SUVの王国」はどこ?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ