ポルシェを漢字で書くと…どうなる?? 禁断の「カタカナと英字禁止」試乗記

ポルシェを漢字で書くと…どうなる?? 禁断の「カタカナと英字禁止」試乗記

 使っていいのは漢字と平仮名のみ!!

 過去に書かれたあのクルマのインプレッション。それを著者自らがカタカナ&英語禁止の条件のもと再執筆するとどうなる?

 そもそもメーカーやモデルの名前はどうする? とか考えなかったのか。前代未聞の企画が始まる!!!

【画像ギャラリー】ヤリス、CX-30、タイカンの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:鈴木直也、岡本幸一郎、松田秀士/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号


■鈴木直也のカタカナ禁止原稿

※2019年12/26号「ヤリス衝撃初試乗」より(一部抜粋)

●元はこんなです

 まず、新しい3気筒1.5Lエンジンが予想以上にいい。このエンジンは“ダイナミックフォース”というシリーズ名からわかるように、2L 4気筒とディメンションを共有するモジュラーエンジン。

 吸気側バルブシートをレーザー溶接加工で成形し、燃焼室内に強い縦渦を発生させるポート形状を実現するなど、トヨタの最新トレンドをすべて盛り込んだ力作だ。

(中略)

 さて、この新型1.5L 3気筒だが、まったく電動化の助けを借りないコンベンショナル仕様のドライバビリティが凄くいい。3気筒ということで懸念されるアイドル振動はバランサーシャフトによって効果的に抑えられているし、低中速のトルク感は特筆すべき力強さ。さすがに40000rpmを超えるとゴーッというノイズが聞こえてくるが、パワーそのものは6400rpmのレッドゾーンまでまったく勢いが衰えない。

 組み合わされるミッションは、初期加速のダイレクトな立ち上がりがウリの発進ギア付きCVTがメイン。CVTというと「あのラバーバンドフィールが嫌……」と言われがちだが、少なくとも日常使用領域ではその評価は過去のもの。ほとんどステップATとの差を感じられないくらい、自然なドライバビリティを提供してくれる。

とにかく評価の高いヤリス。バカ売れするんだろうなぁ

●カタカナ禁止版

 まず、排気量六分の五升の新型三気筒発動機が予想以上にいい。この発動機は“躍動する力”という系列名からわかるように、排気量一升一合の四気筒と各種寸法を共有する、いわゆる同一構成単位型発動機。吸気側弁座を光線増幅式溶接加工で成形し、燃焼室内に強い縦渦を発生させる吸気口形状を実現するなど、豊田の最新技術傾向をすべてを盛り込んだ力作だ。

(中略)

 さて、この新型六分の五升三気筒発動機だが、まったく電動化の助けを借りない在来仕様の動力特性が極めて良好だ。三気筒ということで懸念される休眠回転域の振動は、釣り合い均衡軸によって効果的に抑制されているし、低中速域の駆動力特性も特筆すべき力強さ。さすがに毎分四千回転を超えると轟々という雑音が聞こえてくるが、馬力そのものは毎時六千四百回転の危険領域まで、まったく勢いが衰えない。

 組み合わされる変速機は、鋭い初期加速が自慢の発進歯車付き連続可変式が主力。連続可変式変速機というと「あの護謨のように伸縮する加速感が嫌……」と言われがちだが、少なくとも日常使用領域ではその評価は過去のもの。ほとんど有段式自動変速機との差を感じられないくらい、自然な運転感覚を提供してくれる。

●どのへんに苦労しました?

 基本的に語呂合わせみたいなもんだから面白い組み合わせを見つけるのに時間がかかったね。やっぱり物書きとしてはそこにこだわりたいじゃん?

1.5Lハイブリッドはモーター出力が30%向上。伝達損失は30%低減。…日本語オンリーでそのスゴさ、伝わった?

次ページは : ■岡本幸一郎のカタカナ禁止原稿

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します