乗り物系究極の専門誌 『バスマガジン』の世界へようこそ

 「『バスマガジン』の魅力を紹介してほしい」。

 ベストカーWeb編集長より突然の依頼を受け、よーしがってん、と引き受けたバスマガジン編集特派員。

 何しろ数ある乗り物系専門誌の中でもマニアック具合ではなかなか右に出るものがいない「バス」の専門誌。

 ここは腕に寄りをかけて、濃いエキスの中からさらに濃厚なところを皆さまにご紹介しましょう! 皆さん、めくるめくバスの世界へようこそ!!

 文&写真:バスマガジン編集部


■バスの趣味雑誌『バスマガジン』を知っているか!?

 クルマはもちろん鉄道、航空機、船舶などなど、世に乗り物ファンは多けれど、そのなかで「バス」というセグメントにヒットした人たちに向け、丸ごと1冊バス情報を満載している専門誌が『バスマガジン』です。

 バスには路線バスや観光バス、高速バスやコミュニティバスといったさまざまな運行形態があり、またメーカーで製造される車両にも大・中・小の各サイズのほか、幅広・狭、背高・低などさまざまなバリエーションや多数のオプションが設定されています。

 バス事業者は、運行状況に合わせてバスを調達しますから、バス1台1台に生い立ちがあり、歴史があるのです。極論すれば、どれもこの世にたった1台のバス、といっても過言でないほどです。

 そんなバスに愛情を寄せ、乗ったり撮ったり、調べたり探したり拝んだり、触ったり嗅いだりして楽しむ趣味人たちと交流し、さまざまなバス情報を発信しています。

 ちなみに奇数月(1月、3月、5月、7月、9月、11月の各27日)の隔月誌なので年6回発行。一冊1430円(税別)でけっこう売れています。はい。

三菱ふそうが正式に国内導入販売を開始したメルセデス・ベンツ製の連節バス「シターロG」。80号では表&裏表紙に全長18mのボディを掲載するという大胆なデザインが好評だった

■バスの専門誌にはどんな情報が載ってるの?

 バスの(利用者への)“送り手”となる業種は基本的にふたつあります。ひとつがバスを造っているメーカーであり、もうひとつがバスを運行させる事業者です。

 バス利用者は事業者が運行するバスに乗って移動する、というのが普通の図式となります。

 『バスマガジン』は、主に“送り手”2業者からの情報を発信し、その周辺で利用者の情報、街や地域、自治体の情報、道路の情報、バスを取り巻く団体の情報などにより誌面を展開しています。

 メーカーからの情報とは、いわゆる“ハードウエア”。これは『ベストカー』などクルマ雑誌の誌面に似ています。

 最近の『バスマガジン』では、トヨタの燃料電池バスのロードインプレッションやいすゞの大型路線バス、エルガのテストコース試乗記、三菱ふそうの高速・観光バスのニューモデル、エアロエース&エアロクィーンの新車紹介といった記事を美しい写真とともに紹介しています。

 一方、事業者からの情報は最新の車両というよりも、事業者が日常的に行っているバスの運行についての情報を紹介するものです。

 バスの走行ルートをはじめ、バスのボディカラー、シート配列、仕様、料金授受形態、方向幕といった運行装備品などを詳細に取材して記事にしています。

 そのほか、バス路線のルート乗り潰しや廃車紹介など、公共交通機関としてのバスにおいては趣味性に関わらず、日常生活に密着したさまざまな情報や現象があり、そこに興味を抱く読者に向けての企画を練って紹介しています。

 こう書くとお堅い記事ばかりに感じられますが(というか興味のない人にはお経か呪文のように見えるでしょうが)、『バスマガジン』は硬軟織り交ぜた誌面展開が持ち味です。

 例えば、はとバスの入社式を取材して新人バスガイドを紹介したり、編集部員が豪華夜行バスに試乗する体当たりレポートなど、ライトなファンにも楽しく読める記事も掲載しています。

 「バスには興味があるんだけど専門誌を買うってところまではちょっと……」というシャイなあなた! いい機会なのでぜひ目の前の禁断の扉を開けてみよう!(禁断なのかよ)

東京都交通局(都バス)が導入した燃料電池(FC)バスも公道試乗。信頼性のあるジャーナリストによるインプレッションは当然だが、編集スタッフも試乗してパワー感や操縦性、乗り心地など多角度から情報を発信している

■バスマニアの生態

 『バスマガジン』は、メーカーや事業者などいわゆるバス関連事業者の方々だけでなく、「バスが好きなマニアの皆さん」にも読んでいただいています。

 もちろん、マニアでバス関連企業にお勤めの方も多数います。

 さて、自動車であるバスは同じ公共交通機関である鉄道とは異なり、乗用車と同じ道路を走ります。

 それはレールの上を走るような限定的なものではなく、極端な言い方をすれば、(路線情報を持っていない人には)どこをどう走ってどこへ行くのかわからない、という乗り物です。

 それだけにバス車両が持つ情報は重要であり、バスマニアにとっては“このバスが発している情報”を少しでも多く把握することで、1台のバスのプロファイルを知ろうとします。

 何年式か。ボディとエンジンはどこ製か。改装歴は。カラーリングは。シートは。エンブレムは。窓やドア、ミラーやライトの造形は。

 前述のとおり、ほとんどがワンオフのバス車両は、外観だけでも多くの個別情報を持っており、それを一瞬でどれだけ見分けて受信できるかが、多くのバスマニアの得意とするところであり、歓びでもあります。

 バスマニアには、乗ることが好きな人も(乗りバス)、写真を撮ることが好きな人も(撮りバス)いますが、いずれの場合もバスの出自や“いま”を知ることを活動原理としているようです。

 バスマニアはコンパクトデジタルカメラやスマホを常に携帯しておき、バスを見かけたらとりあえず撮り、時間があったら積極的に乗る、という性質を持っているようです。

 さらに言えば、バスには電車と自動車を合わせたような魅力があります。電車のような公共性、定期性を持ち、自動車のように自在に道路を走るわけですね。だからこそバスマニアには、同時に高濃度な電車好きも車好きもたくさんおります。

特殊な車両や路線の取材ではバスマニアと一緒になることはしばしばある。バスの出自や歴史について編集部員より詳しい方々もいて、取材現場でバス話に花が咲くことも……

■最新号vol.83も面白くて役立つ情報が満載

 2017年初夏の時点で、バス&トラック業界は大騒ぎであるのはご存じでしょうか。

 大型自動車を取り巻く排出ガス&燃費基準の強化、いわゆる「ポストポスト新長期規制」の施行が直前に迫っており、2016年から2017年にかけて、大型車メーカーは新型車の発表で大忙しでした。

 そうしたなか、この5月に登場した三菱ふそうの大型高速・観光バス、エアロエースとエアロクィーンのモデルチェンジは大きなニュースです。

 好評発売中の『バスマガジン』83号では、この新型車両をメーカーの研究所で徹底解析。近日中に国内で走り出すであろう車両を詳細に紹介しています。

 そのほか、この春に24年ぶり(!)にモデルチェンジしたトヨタコースターの導入事業者の紹介、中国メーカーの車両をベースに製作された8m車、オノエンスターの試乗インプレッション、JRの最高級高速バス、ドリームルリエのお披露目など、最新のバス情報を盛りだくさんに紹介しています。

 また、『バスマガジン』では多くの人気連載を展開しています。

 1事業者を詳しく紹介する「バス事業者訪問」は、今回は京都バスを取り上げ、都道府県別のバス事情を詳解する「全方位レポート」は三重県を紹介しています。

 さて、いかがでしょうか。ここまで読んだ皆さんは、すっかりバスの世界に魅了されてきたはず。

 少なくとも身近なバスマニアたちに親しみを感じている頃ではありませんか。想いがほとばしりすぎて若干引かれているような気もしないでもありませんが、本企画担当は満足しています。

 バスマニアたちはとてもデリケートです。見かけたら優しく「新型エアロクィーン、かっこいいよね」と話しかけてあげてください。きっと4時間くらいお気に入りのバスの魅力について語ってくれるはずです。

『バスマガジン』Vol.83は2017年5月27日より全国書店・ネット書店等で発売中です!

最新号の巻頭特集はデビューしたばかりの三菱ふそう、エアロクィーン&エアロエース。ダウンサイジングされた7.7Lエンジン、新開発AMTの全車表重装備などなどニュース性はバツグンだ
はとバスの新人ガイドさんが勢揃い! 最新号では日の出ふ頭で行われたグループ合同入社式も突撃取材し、クルーズ船「シンフォニー」の前で記念撮影。TOKYO2020では中心的役割を果たすはずの新入社員への期待は大きい

■最新号から飛び出し情報「話題の新型スーパーハイデッカーに乗った!」

 そんなわけで、ベストカーWeb初登場を記念して、お蔵出し情報をひとつ。

 早くも乗ってきましたスーパーハイデッカー。デビューしたばかりの新型エアロクィーンの公道試乗。『バスマガジン』独占です。

 三菱ふそうの喜連川研究所から猪苗代まで一般道と高速道路を交えたテストドライブです。今度のMS(型式です)かなりよくなっていますよ。

 まず感心したのが静粛性。乗客目線で最前列から最後列まで座ってみましたが、発表会でリストセーヤ社長が「高級乗用車並みの静粛性」と明言したとおり、騒音レベルはずいぶん抑えられています。同時に振動も少なくなった印象です。

 次は、ドライバーズシートからのインプレッションです。新開発の7.7ℓエンジンは意外にもパワフル。

 ダウンサイジングで懸念されたパワー不足を感じさせない安定した走りをみせてくれました。車間距離保持機能付きオートクルーズ機能の精度も高く、ラクして安全に走れるバスと言っていいと思います。

 おっと、ここでのレポートはこのくらいにしておきましょう。こちらの詳細は、7月27日発売の『バスマガジン』84号でご紹介します。乞うご期待!

どうですか、超かっこいいでしょう! 
東北自動車道を疾走する三菱ふそうの新型エアロクィーン。
実は外観はほとんど変わっていないが、
新エンジンに2ペダル専用化された新開発AMTなどなど、
中身は大きく進化しているのです!!

最新号

ベストカー最新号

【核心スクープ】新型WRX STI情報入手!!!|ベストカー 2020年3月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スバルが新開発する水平対向4気筒ターボエンジンが搭載される新型WRX STI情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、新型グランエース、新型ハスラー…

カタログ