コペン ジムニー ハスラー…スポーツに、オフロードに 全力で趣味に走れるお薦め軽7台


 軽自動車と言えば、まずは生活の足という側面があるが、スポーティな走りや遊びゴコロ(それこそスペーシアのCMではないが)を満たしてくれるクルマたちも揃っている。

 本企画では、スポーティに走りを楽める軽と、趣味に使い倒せる軽とをそれぞれラインナップ、採点してもらう。

 特に「趣味を楽しむモデル」の3台にはスズキのクルマが揃った。ディーラーで迷う人も出てきそうな部分かとも思うので、是非参考にしてみてほしい。

●スポーツモデルラインナップ…ホンダS660、ダイハツコペン&GRコペン、スズキ アルトワークス

●趣味を楽しむモデルラインナップ…スズキ ハスラー&スペーシアギア&ジムニー

【画像ギャラリー】S660、コペン、ハスラー、ジムニー…ハマれば楽しすぎるクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです/文:永田恵一、片岡英明/ 写真:ベストカー編集部/初出:『ベストカー』 2020年5月26日号


■とことん走り尽くせ!!! スポーツモデル編

 まずS660で頭に入れたいのはふたり乗ったらバイクと同等の荷物しか載らないのと、クローズドでは乗降性が最悪なことだ。

ホンダ S660…2015年4月登場のビート以来となる軽ミドオープンスポーツ。価格帯203万7100~304万2600円

 その代わり、動力性能は4台中最弱ながら、そのぶん全開にできる機会が多いことやブレーキのガッシリ感、安心して楽しめるハンドリングなど一番スポーツカーしているのはコイツだ。

 コペンは、S660と同じジャンルながらノーマルコペンは「乗用車をちょっとスポーティにした」というイメージ。

ダイハツ コペン…FF方式の軽オープンスポーツで現行型は2代目モデル。価格帯188万6500~243万5000円

 プロムナードカー(お散歩クルマ)がほしいというならこれはこれでアリなキャラなので、サスペンションがソフトな方向となる標準グレードを気に入ったスタイルのATで乗ることを薦める。

 コペンGRスポーツはボディ剛性の向上、サスペンションの強化、電動パワステの専用チューンなどにより、生まれ変わったように「運転して楽しいシャープなスポーツカー」になっている。

ダイハツ GRコペン…昨年(2019年)10月に追加設定されたコペン第4のモデルとなるGRモデル。価格帯238万~243万5000円

 それだけにMTで乗りたいところながら、ノーマルコペンと同様にシフトフィールとクラッチフィールがイマイチなのが惜しい。

 最後にアルトワークスは軽さとクロスミッションにより動力性能の痛快さは3台をブッチ切る。

スズキ アルトワークス…現行型アルトになって復活した、かつてのホットモデル。価格帯153万7800~168万6300円

 また軽快なハンドリングと適度なコツコツ感がある乗り心地のバランスも良好で、全体的にほどよくピリリとした仕上がりとなっており、実にホットハッチらしい。

■軽スポーツモデルの採点&まとめ

 この種のクルマは売っているだけでも尊い趣味のクルマだけにコストパフォーマンスなども加味して点数はつけるが、気にせずに好みや使い方にあったものを選べばいい。

 そのなかでアルトワークスとS660のキャラは際立っているのに加え、GRスポーツの追加以来コペンが頑張っているのも非常に嬉しく思う!

●採点結果
・アルトワークス……95点
・S660……93点
・コペンGRスポーツ……90点
・コペン……85点

次ページは : ■趣味を思いっきり楽しむならどれ? “同門”スズキの3台を採点!(ハスラーvsスペーシアギアvsジムニー)