タフト対ハスラー頂上決戦!! 新感覚SUVはなぜ売れまくっているのか

 今年1月の東京オートサロンでその姿が明らかになった、ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」。いよいよ、6月11日より発売開始となり、いま注目を集めている。

 タフトは、直線を基調とした存在感のあるボディスタイルと、大きなガラスルーフが特徴の「軽クロスオーバーSUV」であり、実用性の高さもさることながら、遊び心を兼ね備えたクルマだ。

 「軽クロスオーバーSUV」といえば、その代表格であるスズキの看板車種「ハスラー」も、今年の1月にフルモデルチェンジされており、今後、この2台の激戦が始まるだろう。いま、こうした新感覚の「軽クロスオーバーSUV」が注目を集める理由とは、いったい何だろうか。

文:吉川賢一/写真:DAIHATSU、SUZUKI

【画像ギャラリー】実はこんなに豊富!スズキのSUVラインナップを写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ