新型タフトは王者ハスラーに勝っているか?? 新時代の軽SUV2トップ激突!!

 軽SUVに“刺客”登場! ダイハツの新型タフトと王者スズキ ハスラー。それぞれのストロングポイントは?

 2020年6月に発売されたダイハツ タフトは、スズキ ハスラーに似ている。両車とも軽自動車だから全長と全幅が同じなのは当然だが、全高もタフトは1630mm、ハスラーは1680mmで、1600~1700mmのハイトワゴンに属する。

 ボディスタイルは両車とも水平基調で、ウエストライン(ボンネットからサイドウインドーの下端まで続くライン)も直線的だ。そのためにフロントマスクに厚みがあり、外観の存在感も強い。

 両車とも軽自動車のハイトワゴンでありながら、外観にはSUVの特徴を盛り込んだ。タイヤサイズは両車とも15インチで、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)はタフトが190mm、ハスラーも180mmと高い。両車は共通点が多い。

 そして、ハスラーの発売は、初代(先代モデル)が2014年1月、現行型は2020年1月だ。タフトの発売は前述の2020年6月だから、ハスラーに対抗する商品と受け取られる。挑むタフトと、迎え撃つハスラーの構図だ。そこで両車を比較してそれぞれの優れている部分を、項目別に見ていきたい。

文:渡辺陽一郎
写真:DAIHATSU、SUZUKI、編集部

【画像ギャラリー】写真で見ると「違い」一目瞭然!? 新型タフトVSハスラー


取り回しや居住性など使い勝手はどちらが優勢?

■取りまわし性比較

タフトの最小回転半径は4.8m。ハスラーが僅かにこの値を凌ぐ

 外観の評価は、見る人によって異なる。しかし最小回転半径はタフトが4.8m、ハスラーは4.6mに収まる。ハスラーの方が小回り性能が優れている。

*ハスラーの勝ち

■内装比較

タフトのインパネ。トレンドのSUVらしく差し色を使ったカジュアルなデザインでパーキングブレーキは電動式となる

 インパネの視認性や操作性は同程度だ。両車ともATレバーをインパネの中央に配置して、空調スイッチも比較的高い位置に装着した。

 ハスラーのインパネは、オレンジ色やブルーのフレームが3つ並んだ形状で遊び心を感じるが、これも見る人の好みで評価が変わる。

 インパネ周辺の機能で異なるのはパーキングブレーキだ。ハスラーは一般的な足踏み式だがタフトは電動式だ。インパネ下側の手前に装着されたスイッチで操作できて先進性がある。

*タフトの勝ち

■居住性比較

ハスラーのリアシート。タフトにはない、スライド機構を持ち、左右独立して室内や荷室のスペースをアレンジできる

 両車ともに全高が1600mmを超えるために車内は広いが、後席の居住性は異なる。ハスラーでは後席に左右分割式のスライド機能が備わり、後端まで寄せると前後席に座る乗員同士の間隔を1035mmに拡大できる。

 タフトの後席にはスライド機能が備わらず固定されている。前後席に座る乗員同士の間隔は900mmだ。900mmでも後席の足元空間はLサイズセダンと同等以上だが、ハスラーに比べると狭い。

 また、後席にチャイルドシートを装着した時、ハスラーであれば、前側にスライドさせて運転席に座る親との間隔を詰められる。信号待ちの時などに子供のケアをしやすい。この時には車内最後部の荷室も広がり、ベビーカーなどを積みやすい。

 その点でタフトの後席はスライドしないため、前述の使い勝手が得られずハスラーに劣る。

*ハスラーの勝ち

■荷室&積載性比較

ハスラーのラゲッジルーム。荷室においてもスペースが限られる軽自動車でスライド機構を持つリアシートはメリットになる

 両車とも荷室には、汚れを落としやすい素材を使う。SUV感覚の車種とあって、屋外で使った遊びのグッズも気兼ねなく積める。

 ただし、シートアレンジは異なる。ハスラーの後席は、背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がり(いわゆるダイブダウン機能)、床の低いボックス状の荷室に変更できる。

 前述の通りハスラーの後席にはスライド機能も備わり、座面の昇降機能を含めて、すべて左右独立式だ。全高が1700mmを超えるスペーシアやタントと同様のシートアレンジを採用した。

 その点でタフトの後席は座面が固定され、昇降機能、スライド機能ともに非装着だ。背もたれが単純に前側へ倒れるだけ。専用のボードを使うことで、アンダーボックスの機能は得られるが、荷室の実用性はハスラーが勝る。

*ハスラーの勝ち

走りや安全装備は新型タフトに軍配?

■動力性能比較

タフトのNAエンジンは、特に実用域のトルクが厚く、ドライバビリティに優れる

 動力性能はタフトのノーマルエンジンの場合、最高出力が52馬力(6900回転)、最大トルクは6.1kgm(3600回転)だ。

 ハスラーのノーマルエンジンは、49馬力(6500回転)・5.9kgm(5000回転)になる。タフトが実用回転域の駆動力を高めた。

 ターボは、タフトが64馬力(6400回転)・10.2kgm(3600回転)、ハスラーは64馬力(6000回転)・10.0kgm(3000回転)。この性能は同等だ。

*タフトの勝ち

■燃費数値比較

一方、燃費で軍配が上がるのはハスラーのほう。軽さも相まって優れた燃費性能を誇る

 WLTCモード燃費は、タフトの2WD(前輪駆動)の場合、ノーマルエンジンが20.5km/L、ターボは20.2km/Lだ。

 トランスミッションはハスラーを含めて全車がCVT(無段変速AT)だが、タフトのターボはD-CVTと呼ばれるタイプになる。CVTのベルト駆動に加えてギヤ駆動も併用して、駆動力の伝達効率を向上させた。

 そのためにタフトのターボは、最大トルクをノーマルエンジンの1.7倍に増強させながら、WLTCモード燃費はわずか0.3km/Lしか悪化していない。

 ハスラー2WDのWLTCモード燃費は、ノーマルエンジンが25km/L、ターボは22.6km/Lだ。マイルドハイブリッドを採用して、車両重量もタフトに比べて10kgほど軽く、優れた燃費数値を達成できた。

*ハスラーの勝ち

■安全装備比較

新型タフトからダイハツは進化版のスマアシを投入。夜間の歩行者対応が可能となり、ライバルに追いついた

 衝突被害軽減ブレーキは、タフト、ハスラーともに2個のカメラをセンサーに使う。両車とも夜間の歩行者検知を可能にした。自転車には両車とも対応していない。

 誤発進抑制機能は前後両方向に作動して、タフトは後退に加えて前進時のブレーキ制御も行う。

 ハイビーム走行時に対向車や先行車を検知した時は、ハスラーとタフト「X」は、ロービームに自動的に切り替わる。タフト「G」と「Gターボ」には、アダプティブドライビングビームも採用した。

 複数のLEDヘッドランプを部分的に遮光して、ハイビーム状態を保ちながら相手車両の眩惑を抑える。サイド&カーテンエアバッグは、両車とも全グレードに標準装着している。

*タフトの勝ち

■運転支援機能比較

電動パーキングブレーキの採用で、渋滞時の追従走行も快適なタフトのACC

 タフトは車間距離を自動制御しながら追従走行可能な全車速追従型クルーズコントロールと、車線の中央を走りやすいように操舵支援を行うレーンキープコントロールを「Gターボ」に標準装着、「G」にオプション設定した。

 パーキングブレーキが電動式だから、追従停車時間が長引いた時は、自動的に作動させて停車を続けられる。

 ハスラーのクルーズコントロールも全車速追従型だが、パーキングブレーキが足踏み式だから、追従停車後に2秒を経過すると解除されて再発進する。停車を続けるには、ドライバーがブレーキペダルを踏む必要がある。

 なお、ハスラーの全車速追従型クルーズコントロールは、ターボには標準装着されるが、ノーマルエンジンにはオプションでも用意されない。また、ハスラーにはレーンキープコントロールも設定されない。

*タフトの勝ち

■快適装備比較

目玉のスカイルーフトップは、なんと全車標準装備という徹底ぶり。逆にこれがコストの低減にも寄与しているという

 タフトで最も注目されるのは、大型ガラスルーフのスカイルーフトップを全車に標準装着したことだ。全車装着によりコストを抑えた。オプションでは8~10万円に相当する装備だから、タフトの買い得感を強めている。

 ルーフレールも「G」と「Gターボ」に標準装着される。メーカーオプションでは、6.8インチと9インチという2種類のディスプレイオーディオを用意した。

 価格が最も安いグレードは、タフトが2WD「X」(135万3000円)、ハスラーはハイブリッド「G」(136万5100円)だ。

 タフトは価格を若干安く抑えながら、スカイルーフトップやLEDヘッドランプを装着した(ハスラー「G」のヘッドランプはハロゲン)。タフトは快適装備を充実させながら価格を抑えてハスラーに対抗している。

*タフトの勝ち

タフト、ハスラーそれぞれに合っているユーザーは?

 タフトは後から登場した対抗車種ながら、基本的な機能ではハスラーに負けている。特にシートアレンジが乏しいのは、タフトのウィークポイントだ。

 後席の居住性や荷室の使い勝手も見劣りする。マイルドハイブリッドなどの機能も採用されない。ハスラーの4WDには走破力を高めるグリップコントロールなどの機能が採用されるが、タフトには見られない。4WDの悪路機能は、キャストアクティバにも劣る。

 その代わりタフトは装備に力を入れた。電動パーキングブレーキの採用で運転支援機能も使いやすい。アダプティブドライビングビーム、スカイフィールトップなど、装備を幅広く充実させた。

 装備はタフトが充実するが、シートアレンジなどはハスラーが多彩でマイルドハイブリッドも備わるから、価格の割安感は同等だ。

 後席や荷室にこだわらず、2名以内の乗車が多いユーザーにはタフト、子育て世代を含めて、後席の広さやスライド機能、荷室にこだわるならハスラーを推奨する。

 グレードはタフトは「G」あるいは「Gターボ」、ハスラーは「ハイブリッド X」あるいは「ハイブリッド Xターボ」を選びたい。

【画像ギャラリー】写真で見ると「違い」一目瞭然!? 新型タフトVSハスラー

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ