こんな時だからこそ!!? 珍グルマ試乗紀行 vol.03 ~トムス センチュリー編~

 いまだ緊急事態宣言も解かれぬ4月-5月のこと。ベストカーでは取材先の選定に頭を悩ませていた。なにせ発表会も中止(または延期・オンラインでの実施)、試乗会も中止、広報車の貸し出しも中止……。どうすんだこれ。

 だがそんな中だからこそ、というべきか、普段はあまり乗ることのないクルマたちに試乗して回ることができた。題して「珍グルマ試乗紀行」。今回は「トムス センチュリー編」をお届けしよう。

珍グルマ試乗紀行 vol.01 ~ACコブラ427&ランチアストラトス編~ はこちら

珍グルマ試乗紀行 vol.02 ~ダラーラ ストラダーレ編~ はこちら

【画像ギャラリー】シビれるぐらいの渋さ!!!! 存在感四重丸のトムスセンチュリーをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです
レポート:鈴木直也/撮影:西尾タクト/協力:トムス
初出:『ベストカー』 2020年6月10日号


■限定わずか36台!!! 珠玉のセンチュリー

 今年の東京オートサロンに出展されて話題を呼んだトムス・センチュリーを覚えてるかな?

トムスが手がけた特別なセンチュリー。その上質なスポーティさに、思わずハンドルを握りたくなる

 基本ショーファー・ドリブンのセンチュリーをカスタマイズした意外性、2816万円(税抜き)というリッチな価格、そしてその価格に見合った極めて高品質な仕上がりなど、幕張メッセに集まったクルマ好きの目を引く魅力がてんこ盛りだった。

シート表皮、ドアトリミングなどが変更されたことで、ノーマル以上に上質感を感じさせるコックピット。雰囲気抜群だ

 で、今回はそのトムス・センチュリーに試乗する機会を得たわけだ。

 もちろん世間を騒がすコロナに感染しちゃあ元も子もないってことで、三密を避け、いちいち消毒を徹底。そんな万全の備えでロケをエンジョイしてまいりました。

最高級のナッパレザーが使われたシート。オーナーの好みでカスタムも可能

 で、そのトムス・センチュリーの走りっぷりだが、このクルマのコンセプトは外観/内装のドレスアップがメイン。

マフラー出口がほぼ視認できない純正に対し、左右4本出しのトムス・バレルが存在を主張する

 フロントバンパー、サイドステップ、トランクスポイラーといった専用外装パーツはかっこいいけど、走りに関する追加部品はトムス・バレルによる排気系チューンと、245/45R19レグノ+BBS RZ-Dのタイヤ・ホイールのみで、基本的にノーマルといっていい。

タイヤは純正の225/55R18から245/45R19へ変更。オラオラ系にならないBBSホイールもいい

 そんなわけだから、めっきり交通量の減った都内で、システム出力431psのV8、5Lハイブリッドの余裕の動力性能と上質な乗り心地、そしてとびきりの静粛性を改めて再確認した次第であります。

サイドステップ、トランクスポイラーなどでスポーティさが増したリアスタイル

 あ~あ、早く新型コロナが終息して、夜の繁華街でこのクルマをブイブイ乗り回す日々が、早く帰ってきてほしいものでござるね。

 いや、このクルマならやっぱり極上の後席で「銀座いけー、次は六本木だー」って指示出してるのも悪くないかな。

■TOM’S CENTURY諸元
・全長:5375mm
・全幅:1930mm
・全高:1505mm
・ホイールベース:3090mm
・エンジン:V8DOHC+モーター
・総排気量:4968cc
・最高出力:381ps/6200rpm
・最大トルク:52.0kgm/4000rpm
・モーター最高出力:224ps
・モーター最大トルク:30.6kgm
・価格:2816万円~(税別)

【画像ギャラリー】シビれるぐらいの渋さ!!!! 存在感四重丸のトムスセンチュリーをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ