ジムニー、タント、デリカ…実用性能の高さに感動した国産車 10選

「そうそう、こういう時にこんな機能がほしかったんだよね!」 そんな風に思わせてくれる「気配り」のよくできた道具に出会うのは、意外と難しかったりする。

 マス・プロダクトにおいて、趣味嗜好の違うユーザーたちそれぞれに応えられるようなものづくりというのは、そもそもものすごく難しい。

 だからこそ、万人受けするような高い実用性を備えた道具には、時に畏敬の念すら抱いてしまう。

 そこで今回は、感動すら覚えるほどの実用性を備えた過去~現在の国産車10台をピックアップしてご紹介!

【画像ギャラリー】こうしてみると失われたものも多い!!? 創意工夫の詰まったクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです
選出・本文/渡辺陽一郎
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号


■使いやすくて役に立つ! 人に優しく実用的なクルマたち

 クルマの実用性には、居住空間の広さ、荷室容量やシートアレンジ、視界や小回り性能による運転のしやすさ、乗降性などがある。

 居住空間や荷室の広さでは、2001年に発売されたモビリオに注目したい。

ホンダ モビリオ(2001年)…欧州の路面電車をモチーフにしてデザインされたというユニークなクルマ。見た目はイロモノ系だが、広い室内と圧倒的な視界のよさで実用性の高いクルマだった。1代で終わったが、その後フリードに名を替えて人気車に

 フィットと同じく燃料タンクを前席の下に搭載して、車内後部の床が低い。

 3列目に座っても床と座面の間隔が充分に保たれ、膝の持ち上がる窮屈な姿勢にならない。全長は4055mmと短いが、多人数で乗車できた。

 3列目を2列目の下に格納すると、大容量の荷室になった。

 ミニバンでは1995年に登場したボンゴフレンディのオートフリートップが実用的だ。

マツダ ボンゴフレンディ オートフリートップ(1995年)…屋根の上にテントがあり、しかも電動で上げ下げできるという夢のようなクルマで、価格は225万円~だった。現代に復活しても面白そうな機能だ

 ルーフの上部に装着されたテントが電動で持ち上がり、2名が就寝できる1850×1080mmの空間を確保する。

 下側の居住空間もフルフラットになって2名が寝られるから、合計4名の就寝を可能にした。

 ちなみに当時のキャンピングカーのポップアップルーフは手動式で、畳む時には上手に降ろさないと、両脇のテントが外側へハミ出した。

 それがオートフリートップは、スイッチ操作だけでキレイに畳めたから驚いた。

 衝突安全性の問題もあろうが、復活してほしい装備だ。

●「マツダ ボンゴフレンディ」の中古車情報はこちら!!!

 現行型のミニバンではデリカD:5。

三菱 デリカD:5(2007年)…居住性に優れたミニバンでありながら、オフロードの走破性も高く、またドライバビリティのいいディーゼルエンジンも備えるといういくつもの魅力があるクルマ。もっと売れていい1台

 最低地上高に余裕があり、ロックモードを備えた4WDと相まって、ミニバンでは悪路走破力が最も高い。

 エンジンはディーゼルターボで、実用回転域の駆動力が高いから、悪路走破力を一層向上させる。空間効率も優れ、全長が4800mm以下のミニバンでは3列目が最も広い。

●「三菱 デリカD:5」の中古車情報はこちら!!!

 軽自動車では現行タントが注目される。

ダイハツ タント(2019年)…最新のタントもランクイン。室内の圧倒的な広さに加え、子育て世代に向けた工夫にあふれた軽自動車で、DNGAプラットフォームによる走りの質感も高い

 左側のピラーをスライドドアに内蔵させ、前後両方を開くと、開口幅が1490mmに広がる。

 助手席をあらかじめ前側へ寄せておくと、ベビーカーを抱えて乗車できる。

 主力グレードの運転席にも長いスライド機能が備わり、子供を左側のチャイルドシートに座らせた後、降車しないで運転席へ移動できる。子育て世代に最適だ。

 視界と小回り性能では、2003年登場のスズキツイン。

スズキ ツイン(2003年)…全長2735mm、2座のシティコミューター。3気筒660ccのガソリンエンジンと2輪車用の鉛電池を8個直列した力ワザのハイブリッドを用意。ガソリン車は49万円~の安さだった

 2人乗りの軽自動車で、全長は2735mmだから、ほかの車種より660mm短く、最小回転半径は3.6m(現行アルトの売れ筋が4.2m)。

 ウィンドウの面積が広く視界も優れ、車庫入れのしやすさは抜群だ。

●「スズキ ツイン」の中古車情報はこちら!!!

 コンパクトカーでは、1992年発売の2代目マーチが運転しやすい。窓の広い水平基調のボディは、前後左右とも抜群に見やすい。

日産 2代目マーチ(1992年)…欧州でも通用する小型車を目標に開発され、見事に実現した2代目マーチ。走りや居住性は「普通」だったが、デザインのよさで大ヒットした

 全長は3695mm、全幅も1585mmと小さく、最小回転半径は4.6mだから縦列駐車も簡単だ。

 1996年登場の初代デミオも視界が優れ、全高は当時では少し高い1500mm(ルーフレール非装着車)。

マツダ 初代デミオ(1996年)…全長3800×全幅1670×全高1500mmのボディに1.3Lと1.5Lの直4エンジン、価格は約110万~150万円と、コンパクトカーの王道をゆくクルマ。合理性を追求したことを主張するシンプルなデザインも好評で大ヒット。「実用的」を体現した1台だ

 全長が3800mmと短いわりに、車内は広かった。立体駐車場も利用しやすく、合理的なクルマであった。

 SUVなら現行ジムニーだ。軽自動車サイズのボディに本格オフロードSUVの機能を凝縮して、ホイールベースも短いから悪路走破力は抜群。

スズキ ジムニー(2018年)…日本を代表するタフなクルマ。圧倒的な走破性を軽自動車枠で実現しているのは世界もビックリ。現行型を代表として選んだが、歴代すべてが感動の日本車だ

 狭く曲がりくねった林道も走りやすく、日本で買えるSUVでは走破力が最も高い。

 このほかセダンでは、1998年登場のプログレが実用的。

トヨタ プログレ(1998年)…プログレは5ナンバーサイズ+直6+FRの高級セダン。現代に復活したら話題になること間違いなしのクルマだ。エンジンは2.5Lと3Lがあり、兄弟車のブレビスもラインアップした

 直6、2.5Lと3Lエンジンを搭載しながら、全長は4500mm、全幅は1700mmに収まる。

 外観はウィンドウの広い水平基調で、ピラーの角度も立てたから視界がいい。

 運転がしやすく、外観は控え目で威張らない上品な高級セダンであった。今の時代にこそ、こういう穏やかなクルマが必要だ。

 ワゴンなら1998年発売の5代目ビスタアルデオ。

トヨタ 5代目ビスタアルデオ(1998年)…背の低いスタイリッシュなクルマの人気が高かった時代に、従来型よりも全高を100mm以上高くして登場。狙いどおりに実用性の高いクルマだった。特にワゴンの「アルデオ」は意外とデザインのバランスもよかった印象だ

 5ナンバー車ながら、全高は1515mmと高めで、ホイールベースも2700mmと長い。

 4名乗車も快適で、荷室容量も充分に確保した。しかも視界がいいから運転しやすく、車内の雰囲気も明るい。

 この時代のトヨタは、プログレを含めて、人に優しい日本向けのクルマを積極的に開発していた。


■編集部が選ぶ「もう1台」…ダイハツ 初代シャレード(1977年)

ダイハツ 初代シャレード(1977年)

「5平方メートルカー」を謳って登場し、人気を博した合理的なコンパクトカー。その後に続く「リッターカー」という言葉も生んだ1台。

【画像ギャラリー】こうしてみると失われたものも多い!!? 創意工夫の詰まったクルマたちをギャラリーでチェック!!!