アルファード、ヤリス…個性的でチャレンジングなデザインの現行車5選+α


 新型ハリアーが大人気だ。メカは基本的にはRAV4だが、直線基調でいかついRAV4とは正反対に、デザインがゴージャスでエレガント。ハリアーのコンセプトを忠実に継承しつつ、確実に進化させている。

 ただ、チャレンジングなデザインかと言われれば「否」。冒険はしていない。新型ハリアーのように、いきなり心地よさを感じるカタチは、脳内になんらかのひな形が存在し、そこから脱してはいない。

 チャレンジングなデザインとは、多くの人に違和感を抱かせる、見たことのないデザインなのである。

 というわけで、現行モデルから、デザイン的に優れている、優れていないに関わらず、チャレンジングな自動車デザインを集めてみよう。

文:清水草一/写真:TOYOTA、NISSAN、MAZDA、MITSUBISHI、TESLA、CITROËN、BMW、平野学、奥隅圭之、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】残り在庫はあとわずか!? 日産ジュークFOREVER その比類なきチャレンジングな姿を心に刻む


トヨタアルファード

チャレンジングなフロントマスクの採用によって販売増となったアルファード。ここまでグリル面積の広いクルマも珍しい

 登場からすでに5年たち、現在は違和感もほとんど消えてしまったが、発表直後は多くのクルマ好きから「あのオラオラグリルはなんだ!」と激しい反発が出て、“悪い自動車デザインの見本“のように扱われた。

 が、それは、アルファードが見たことがないほど強烈なグリルをまとっていたからで、その後は「すげえ迫力!」「カッコイイ!」と、肯定的な評価がどんどん広がっていった。

 アルファードのデザインがチャレンジングだったのは、あの巨大な銀歯のようなグリルだけではない。

 スライドドアを持つミニバンは、基本的に「箱」なわけだが、アルファードは箱のサイドにエモーショナルなうねりを入れて、トータルでデザインイメージを統一している。

BOXタイプながらサイドはグラマラスに仕上げられている。オラオラ顔と合わせてデザイン的にチャレンジをしている

 ギリギリッと銀歯で脅しておいて、サイドはうねうねっとグラマラスに圧倒しているのである。そのトータルな完成度ゆえに、日本だけでなく、アジアでも人気が爆発した……のではないでしょうか。

 オラオラ顔のミニバンとしては、デリカD:5のダイナミックシールドも同様で、あちらもチャレンジングな顔だが、マイチェンだけに「顔だけ」なのが惜しい。

デリカD:5のダイナミックシールドも出た時はギョッとしたという人が多かったが、慣れてくるとカッコよく見えるから不思議

日産ジューク

 すでに生産中止になり、在庫処分状態だが、国内で売られている現行モデルの中では、飛び抜けてチャレンジングなデザインだった。

 なにせ「四ツ目」の顔がすさまじいインパクト。全体のフォルムもまるで昆虫。人間にとって昆虫は、病原菌やウイルスを媒介する天敵なので、嫌悪を抱く対象だが、そこに挑戦して大成功したジュークのデザインは、すばらしくチャレンジングだった。

この形容しがたいフロントマスクはジュークの最大の魅力で、どっちがヘッドライトか? 正解は下の丸灯。チャレンジングなデザインに拍手
ジュークがチャレンジングなのはフロントマスクだけではなくクルマ全体。ジュークはどんなボディカラーでも似合っている

「ジュークなんか、ぜんぜん売れなかったじゃないか!」

 そういう声をあろうが、売れなかったのは日本だけで、世界的には大成功だったし、シトロエンC3やC3エアクロスSUVのデザインは、明らかにジュークの影響を受けている。

 ジュークは、「コンパクトSUVのデザインは、チャレンジングでなければならない」という不文律のようなものを作ったとさえ言える。

 じゃなんで日本ではウケなかったんでしょう? うーん……。たぶん、世界はひとつになりつつあるけれど、まだひとつじゃないってことじゃないでしょうか。

シトロエンC3エアクロスSUVのフロントマスクは超個性的だが、ジュークの影響を受けているのは明らか。それにしても不思議な顔だ

次ページは : マツダマツダ3ファストバック

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ