【追悼・渡哲也さん】“元祖カースタント” 西部警察を彩った日産の名車たち

 既報のとおり、昭和の名優の1人である渡哲也さんが78歳でご逝去された。

 生前多数の映画やドラマに出演された渡さんだったが、その代表作の1つが1979年10月から1984年10月の5年間に掛け、パート3までの三部作という形で放送された「西部警察」である。

 2021年1月16日で解散されることが発表された石原プロモーション制作の西部警察は、「映画を超えるドラマを」というコンセプトが掲げられていた。

 それだけにパート1第1話で装甲車が東京銀座の晴海通りを占領するシーンに始まり、建物、船や路面電車が代表的な爆発、役者本人が行うことが多かった激しいアクションなど、コンセプト通りテレビの領域を超越した刑事ドラマだった。

 また、西部警察は5年間で約5000台が廃車になったというカースタントや、舞台となる西部署に、なぜか配備されるスーパーマシンといったクルマ絡みも大きな見どころであった。

 これは映画「栄光への5000キロ」以来石原プロモーションと強い関係にあった日産の全面的なバックアップも多大に貢献したもので、現在40歳、西部警察は再放送で見た筆者を含め、西部警察をきっかけにクルマや日産車に興味を持った人も少なくなかったに違いない。

 そこで、本稿では自動車メディアの視点から渡さんもハンドルを握り、西部警察を彩ったクルマたちのベースとなった日産車を振り返っていく。

 謹んで渡さんのご冥福をお祈りします。

文:永田恵一、写真:日産

【画像ギャラリー】西部警察を彩ったクルマたちのベースとなった日産車をみる


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ