【追悼・渡哲也さん】“元祖カースタント” 西部警察を彩った日産の名車たち


 既報のとおり、昭和の名優の1人である渡哲也さんが78歳でご逝去された。

 生前多数の映画やドラマに出演された渡さんだったが、その代表作の1つが1979年10月から1984年10月の5年間に掛け、パート3までの三部作という形で放送された「西部警察」である。

 2021年1月16日で解散されることが発表された石原プロモーション制作の西部警察は、「映画を超えるドラマを」というコンセプトが掲げられていた。

 それだけにパート1第1話で装甲車が東京銀座の晴海通りを占領するシーンに始まり、建物、船や路面電車が代表的な爆発、役者本人が行うことが多かった激しいアクションなど、コンセプト通りテレビの領域を超越した刑事ドラマだった。

 また、西部警察は5年間で約5000台が廃車になったというカースタントや、舞台となる西部署に、なぜか配備されるスーパーマシンといったクルマ絡みも大きな見どころであった。

 これは映画「栄光への5000キロ」以来石原プロモーションと強い関係にあった日産の全面的なバックアップも多大に貢献したもので、現在40歳、西部警察は再放送で見た筆者を含め、西部警察をきっかけにクルマや日産車に興味を持った人も少なくなかったに違いない。

 そこで、本稿では自動車メディアの視点から渡さんもハンドルを握り、西部警察を彩ったクルマたちのベースとなった日産車を振り返っていく。

 謹んで渡さんのご冥福をお祈りします。

文:永田恵一、写真:日産

【画像ギャラリー】西部警察を彩ったクルマたちのベースとなった日産車をみる


【1】ガゼールオープン/ガゼール

劇中ガゼールオープンのベースとなった初代ガゼール 2ドアハードトップ(1979-1983)

 ガゼールオープンは180SXの前身的な存在だったガゼールを、カタログモデルにはない“特注”という形でオープンにしたクルマ。

 渡さん扮する大門圭介部長刑事とともにダブル出演を務めた石原裕次郎さん扮する木暮謙三捜査課長専用車だ。

 パート1第一話から登場し、特装のオープンカーだけにクローズドにするのは骨組みを組み立てる必要があるなど難儀だったようだが、石原裕次郎さんが乗っていたクルマだけにそのエレガントさが際立っていた。

 クルマ好き目線で見ると、このガゼールオープンがあのS13型シルビアに設定されたコンバーチブルに通じていたような気もする。

 オープン化以外クルマそのものの改造はなかったようだが、ボンネットとトランクリッドにはラッピングが施され、自動車電話も装備。パート1のオープニングでは石原さんがコード付きの自動車電話片手に運転するシーンもあった。

 また、パート2/3のオープニングでは石原さんがオープン状態のガゼールにドアを開けずAピラーをきしませながら飛び乗るシーン(一度マネしてみたいと思った人も少なくないだろう)や、パート1の75話では犯人から「ガゼールの全高の低さを生かし非常に低い工事中のガードを通過するため」という目的で、逃走用にガゼールが要求されたこともあった。

【2】マシンX/5代目スカイライン

マシンXのベースとなった5代目スカイライン 2000GTターボ(1980)

 パート1の45話で登場。“ジャパン”のニックネームだった5代目スカイラインのモデルサイクル後半に追加されたターボ車のクーペベースで、市販車の登場から4か月後という早さで西部警察のメンバーに加わるというところにも、日産と石原プロモーションの強い関係を感じる。

 主に大門団長がステアリングを握ったマシンXは、逃走用に高性能車のマーキュリークーガーを使う犯人を通常のパトカーでは検挙できず、ピンチに陥っていた大門軍団への小暮課長からのプレゼントという形で登場。

こちらは実際に劇中に登場したマシンXの内装

 マシンXはパワーアップにより最高速は240km/hに高められ、自動車電話はもちろん、西部署や警視庁のマザーコンピューターとの接続により各種情報を車内で見られる車載コンピューター、サーチライト&情報収集用のスチールカメラ、犯人車に残せれば位置を把握できる追跡のための特殊発信ペイント弾発射銃などを装備。

 登場回には装備を駆使し、マーキュリークーガーに乗る犯人逮捕の立役者となった。

 マシンXは、パート1の69話と退役していたパート3の47話で警察のクルマなのに盗難に遭い、パート3の時には犯人に仕掛けられた爆弾により爆発、殉職という形で姿を消した。

次ページは : 【3】サファリ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ