BMW、VW、ベンツら輸入車のフルタイム4WDの性能ってどうなの?


輸入車各車の4WD制御方法とは?

 輸入車は前述したように、さまざまな制御方式で4WDをラインアップしている。以下に代表的な5車種を挙げてみた。

【フォルクスワーゲン】

センターデフなしで前後輪にハルデックス社の電制による油圧作動の多板クラッチを入れた第5世代のシステムを採用するVWの4MOTION

【メルセデス・ベンツ】

AクラスやGLAなどFFベースはトルクオンデマンド方式の4MATIC。FRベースのC、E、S、SUV系は基本、前輪33:後輪67の遊星ギアの4MATIC(車種により前後輪配分は異なる)

【BMW】

FRベースのxDriveは電子制御多板クラッチを用いて前50:後50から前0~後100まで走行状況で可変配分。FFベースもファイナルドライブに一体化した電子制御多板クラッチを採用する

【ボルボ】

ボルボのオール・ホイール・ドライブも通常FFで駆動輪のスリップに瞬時に反応するオンデマンドタイプの第5世代のハルデックスカップリング製(V40、V60、最新XC90など)

【ポルシェ】

新型パナメーラや新型カイエンにはリアアクスルステアリングや3チャンバー式エアサスペンション、ロール安定化システム「PDDC」など、これらを統合制御するアクティブ制御のポルシェ4Dシャシーコントロールシステムを装備する