形は似ている!? 東京モーターショー 市販化された名コンセプトカーたち

東京モーターショー2017の開催がいよいよ迫ってきた。モーターショーの華は大物コンセプトカー。特に、数年後市販化される車が出展されることにこそ夢がある! これまで東京モーターショーに出展され、実際に市販化された大物コンセプトカーには、ショー出展時と形を変えたもの、ほぼそのまま市販化されたものなどさまざまだ。

文:ベストカーWeb編集部/写真:編集部、HONDA、TOYOTA、MAZDA、MITSUBISHI


20世紀末にはハイブリッド&2台のFRスポーツの源流が登場

■ホンダ SSM【S2000】


SSM(1995年出展)。全長3985mm×全幅1695mm×全高1100mm

ファン待望のホンダ製FRスポーツ「SSM」が、東京モーターショーに出展されたのは1995年のこと。SSMはスポーツ・スタディ・モデルの略。

そのデザインの奇抜さは、いかにもコンセプトカーという感じだったが、4年後の1999年に発売されたS2000を見てびっくり! フォルムそのものは、ほぼそのままS2000に生かされていた。

ちなみにSSMの搭載エンジンは、インスパイアなどにも載った直列5気筒をVTEC化したものだった。これをS2000ではオーソドックスな直4エンジンとし、ホンダにとって29年ぶりとなるFR車が誕生した。


S2000(1999年登場)。全長4135×全幅1750×全高1285mm

■トヨタ EMS【初代プリウス】


トヨタ EMS(1995年出展)。全長4150×全幅1695×全高1490mm

同じく1995年の東京モーターショーに出展されたエポックな出展車が、初代プリウスの元となったトヨタEMS。EMSはエネルギー・マネージメント・システムの略。

面白いのはそのパワーユニット。市販型初代プリウスは、ニッケル水素バッテリーを用い、アトキンソンサイクルエンジンにモーターを組み合わせるハイブリッド。いっぽうEMSは、エンジンに直噴のD-4、蓄電装置としてキャパシタを搭載するというコンセプトだった。

「21世紀に間にあいました」というコピーで、1997年に登場した初代プリウス。その原型は、東京モーターショーで世界初公開された1台のコンセプトカーだったのだ。


初代プリウス(1997年登場)。全長4275×1695×1490mm

■マツダ RXエボルヴ【RX-8】


RXエボルヴ(1995年出展)。全長4285mm×全幅1760mm×1350mm

20世紀最後の東京モーターショー(1999年)で、一際注目を集めたのがマツダ RXエボルヴ。マツダは当時、RX-7を発売していたが、次世代のロータリーエンジン車は、環境対策もあり急務。そこでコンセプトとして現われたRXエボルヴは、NAとなる新世代ロータリーエンジン「RENESIS」を搭載していた。

それ以上に画期的だったのは、大人4人乗りのスポーツとして、前後ドア間のピラーがない観音開きのドアを採用していたこと。

かなり斬新かつコンセプトカー然としていたが、2001年にはRXエボルヴを発展させたRX-8のコンセプトが、デトロイトショーに出展。ほぼそのままの形で市販モデルのRX-8が2003年に発売。

4ドアロータリーの観音開きというコンセプトをすべて実現させてしまった!


RX-8(2003年登場)。全長4435×全幅1770×全高1340mm

21世紀に出展された国産スーパースポーツも市販化

■日産 GT-Rコンセプト 【GT-R】


GT-Rコンセプト(2001年出展)

2001年、21世紀初となる東京モーターショーに出展されたのが、日産 GT-Rコンセプト。カルロス・ゴーンCOO(当時)が、壇上で新型GT-Rの開発を発表したのだが、そのステルス戦闘機のような無機質なデザインは強烈なインパクトで、「これ、本当に市販されるの!?」と感じたことを今も覚えている。

当時まだ発売中だったR34型スカイラインGT-Rともかなり違うイメージだっただけに、その衝撃度は高かった。

時を経て2007年。ご存じのとおり現在も発売されているGT-Rが登場。フロントヘッドランプ回りなどの造形は変わったものの、GT-Rコンセプトに近いフォルムの新型GT-Rが登場。

今回紹介するなかでは最長となる6年の時を経て市販化に漕ぎ着けた。


GT-R(2007年登場)

■三菱 コンセプトX 【ランエボX】


コンセプトX(2005年出展)。全長4530mm×全幅1830mm×全高1470mm

GT-Rが話題をさらった2001年から2回後、4年後の東京モーターショーに出展されたのが、三菱 コンセプトX。誰が見ても、これがランサーエボリューションの次期型であることは明らかだっただけに大いに注目を集めた。

当時はランエボⅨが発売されていたが、コンセプトXの「X」は、もちろん“エックス”ではなく“10”を示すものだった。

それまでのランエボに比べて、かなりロー&ワイドな印象もさることながら、トランスミッションに2ペダルのMTを備えていたこともトピック。

そして2007年に、その2ペダルMTも実際に採用し、ほぼそのままの形で、ランエボXとして発売された。


ランエボX(2007年登場)。全長4495×全幅1810×全高1480mm

◆  ◆  ◆

ファンの胸躍らせるコンセプトカー。それが単に展示に終わるのではなく、実際に世の中に出てくることこそ、東京モーターショーの醍醐味。2017年、45回目を迎えるショーには、果たしていくつ市販モデルに繋がるコンセプトモデルが出てくるのか、注目だ。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ