トヨタ「セコイア」全幅2m超!! 真の旗艦は案外お買い得!?


 北米のクルマ、といえばやはり「ピックアップトラック」だろう。いま世界的にSUVがブームとなっているが、北米ではもともとピックアップトラックを中心に、SUVの需要が高い。

 日本でも最近、「武骨ルック」が流行の兆しを見せているが、北米で販売されているSUVは、この武骨ルックのお手本ともいえるほど、ハードでカッコいい。

 北米トヨタが販売する、北米専用のフルサイズSUV「セコイア(Sequoia)」もそのひとつだ。今回は、ランクルを遥かに凌駕する巨大戦艦「セコイア」について詳しくご紹介していく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、写真AC

【画像ギャラリー】何このド迫力!! 日本未導入の北米トヨタのSUVをギャラリーでチェック!!


ランクルがすっぽりと隠れるほどの巨体

 セコイアは、2000年に初代モデルが発売、現行モデルは2007年の発売だ。すでに13年を経過しているクルマだが、イヤーモデルとして毎年の様にアップデートがなされており、セーフティ性能の向上や、運転支援技術の追加など、その時代に応じた新たな装備が採用されている。

ライバルは、シボレー・サーバーバンやフォード・エクスペディション、リンカーン・ナビゲーター、キャデラック・エスカレードといったSUVたちだ(写真は、セコイア2021年モデル)

 ちなみに、セコイア(Sequire)とは、アメリカに生息するスギ科の巨木のこと。樹齢1000年を超える個体もあり、大きいもので高さ100メートル以上にも達するという。トヨタが、このクルマの名前に採用した気持ちがよく分かる。

世界最大級のセコイアの木 人間の大きさと比べてみてほしい(Photo/写真AC)

 セコイアは、北米トヨタが製造するタンドラをベースとし、ボディサイズは5210×2029×1956(全長×全幅×全高mm)という巨漢だ。

 参考に、日本のトヨタのSUVのなかで最も大きなランドクルーザーのボディサイズは、4950×1980×1870(全長×全幅×全高mm)。あの大きなランクルが、セコイアの中にすっぽりと隠れてしまうサイズ感だ。

 セコイアは7人乗り、もしくは8人乗りの3列シートだ。最上級グレードの「Platinum」のみに設定される7人乗り仕様は、2列目シートがキャプテンシートになる。移動中には、乗員全員が快適に過ごせるよう、大きなシートや後席用ブルーレイプレーヤーモニタ、14個のスピーカーシステムなど、各種装備も備わっている。

 パワートレインは、レクサスLX570にも搭載されている、5.7リッターV型8気筒(381ps/kgfm)と6速ATの組み合わせだ。駆動方式はフルタイム4WDと、後輪駆動の2WDとが選べる。この手のクルマでFRらしさを求めるのも酷だが、車両価格と燃費を求める方にとっては、ひとつの選択肢となっているようだ。

自重を越えるものも牽引できる

 セコイアの魅力のひとつが、トーイング性能の高さだ。北米では、こうしたSUVやピックアップトラックには、小型のボートやジェットスキー、トレーラーハウスを牽引する性能が求められる。

 クルマの後ろに、四角くて貫通穴が開いたトーイング用のヒッチレシーバーはもはや必須であり、牽引のポテンシャルを示すトーイングキャパシティ(単位はlb:ポンド)も重要だ。

トレーラーハウスを引っ張り旅に出る こうしたライフスタイルが根付いている北米で、フルサイズSUVやピックアップトラックの需要があるのは納得だ

 セコイアのトーイングキャパシティは7000lt、つまり約3175kgの荷物まで牽引できる。ちなみにセコイアの車重は5730lb(約2600kg)なので、自重以上の荷物を牽引することも、可能なのだ。

次ページは : グレード構成と燃費は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ