最新ランボルギーニは「魂の燃焼だ」!! フェラーリ教 教祖がランボルギーニに殴り込む!?

ランボルギーニがフェラーリを猛追している! 特にこの日本市場で! かつて販売台数で数倍の開きがあった両社だが、今年1~8月の販売台数は、フェラーリの対前年比113.6%の542台に対し、ランボルギーニは対前年比133.5%の343台とその差は3:2まで縮まっていたのだった。スーパーカーブームにおけるカウンタック人気もあって、もともと日本人はランボルギーニが大好き。近年のラインアップの充実や魅力の大幅向上で、いよいよスーパースポーツの帝王たるフェラーリをも射程範囲に収めたのだ。そんなランボルギーニが繰り出すニューカマーの2台、ウラカン・ペルフォルマンテとアヴェンタドールSに、富士スピードウェイで試乗することができた。

文:清水草一/写真:藤井元輔


■ウラカンの”ペルフォルマンテ”は文字どおり完璧か?

現在のランボルギーニにおいて特筆すべきは、いまだターボ化を拒絶していることだ。スーパーカー業界の趨勢は完全にターボ。パワーも燃費も大幅に向上する。EUの燃費規制により、もはや待ったなしの現実でもある。しかしランボはそれに背を向け、大排気量自然吸気+ミドシップを守っている。その意気や善し!

自然吸気の魅力は、なんといってもエンジンフィールとサウンドだ。それに関してはターボを寄せ付けない。加えて「スーパーカーといえばミドシップ」でもある。現在フェラーリは、V8ミドシップモデルはターボ化し、V12モデルはFR化した。個人的にはその事実に深く失望しているが、ランボはその鉄則を守っている。ランボルギーニこそ古典的スーパーカーファンの希望の星なのだ!

まずはウラカン・ペルフォルマンテ(3416万9904円)。ペルフォルマンテとは英語で「パフォーマンス」のこと。フェラーリでいえばチャレンジストラダーレ以来続くV8ミドシップモデルのレーシングバージョンにあたる。成り立ちも非常に近く軽量化、空力性能向上、そしてパワーアップの三要素による。コースインすると、まずはV10エンジンのレスポンスとパワーに圧倒される。


ウラカン・ペルフォルマンテは文字どおり「パーフェクト」。扱いやすく、そして速い、従来からのランボルギーニのイメージを覆すモデルである

「クワアアアアアアアーーーーン」とどこまでも吹け上がる様は、まるでかつてのフェラーリV8! ノーマルのウラカンでは、トップエンドでわずかに回転の頭打ち感があったが、ペルフォルマンテは完璧だ。文字どおり天井知らずに回りたがる。8000rpmを超え8500rpmをも軽々と超えようとする! この超高回転高出力感、これこそがスーパースポーツ。「このまま死んでもいい」と思わせるところは、少し前まで私が乗っていたフェラーリ458イタリアそのもの。いや、それ以上か……。魂の燃焼だ!

操縦性は恐ろしいほどクイックだ。しかし直進安定性は抜群、「ALA」と命名された可変エアロダイナミクスにより、ストレートでは完璧に路面に張り付き、280km/hオーバーのストレートエンドでも不安感は微塵もないが、不用意にステアリングを切れば、即座に大スピンできそうな気配もバリバリ。この「板子一枚下は地獄」な感じもまたスーパースポーツの真髄だ。

コーナリングは思いのまま。いくらでも曲がる。死ぬほど曲がる! このセリフ、初めて458イタリアに乗った時とまったく同じだが、ウラカン・ペルフォルマンテはそれを4WDで実現した。ステアリングからは4WDの違和感も伝わってくるが、今さらそれを云々もできまい。640psのパワーを2輪で路面に伝えるのは、物理的に無理がある。

走りに関してはまさにランボルギーニの頂点。いや現在の市販車の頂点か? なにせニュルブルクリンクで6分52秒01というとんでもないタイムも叩き出している。それも納得の完璧な走りだった。大排気量自然吸気エンジンを積み、官能性も抜群。レーシングテクノロジーの全面投入により、速さも地上最高。正直に言えば、フェラーリこそ、こういうクルマをリリースしてほしかった。ただし後輪駆動で。ムリか……。


後述のアヴェンタドールと比較すると近未来的で攻撃的なウラカン。インテリアも戦闘機のようだ

■アヴェンタドールは究極の存在感で勝負!!

いっぽうのアヴェンタドールS(4490万4433円)。こちらはアヴェンタドールの大幅改良版で、ポイントは40馬力のパワーアップと4WS化によるコーナリング性能の向上だ。プラス、ルックスも若干戦闘的になっている。アヴェンタドールは、カウンタック以来のシザースドアを持つランボルギーニの旗艦だが、走りはいかにも4WDらしいアンダーステア傾向でV12エンジンのフィールも重々しく、走りよりその存在感で選ぶクルマだった。


アヴェンタドールSは従来モデルのブラッシュアップ。740ps/70.3kgmの大パワーで乗りアジを楽しむモデル

もともとランボルギーニとはそういうクルマであるから文句はないが、今回の「S」の主眼は、走りのカイゼンである。ジムカーナにトライすると、確かに以前のアヴェンタドールよりクイックに曲がる。公道での取り回しも大きく向上しているようだ。5000rpmから上で早くも重さを感じたエンジンも、以前よりシャープに回る。

が、富士のメインコースを走ると、超高速域で微妙な不安定さがあった。300km/h近い領域ではダウンフォースが不足し、4WSも神経質な方向に働いているようだ。なにせウラカン・ペルフォルマンテの走りがあまりにも完璧だったので、落差は大きかった。ランボのテストドライバー氏にも、「ペルフォルマンテと同じように走ると吹っ飛びます」と釘を刺された。

しかし、このクルマの主眼はやっぱり走りより存在感。”ドアが上に開くでっかいランボルギーニ”であればそれでいいんじゃないか? 低速域では4WSが逆位相に動き、取り回しも改善されたし。これはこれで完璧に正しい方向性だ! あと一歩4WSを煮詰めてくれれば文句ない。

究極の走りを見せるウラカン・ペルフォルマンテと、究極の存在感を放つアヴェンタドールS。スーパーカーブランドとして完璧すぎる組み合わせではないか! 我が道を行くランボに喝采である。この2台に接すると、現在のフェラーリのラインアップが、どうにも物足りなく感じてしまう。無念。


ランボルギーニとしては初と夏4WSを備えるアヴェンタドールS。4WSはまだまだ熟成は必要なようだが、V12のミドシップというスーパーカーの王道は生きている

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ