いよいよ開幕直前! 3分でわかる各ブース見所ガイド8選【東京モーターショー2017】

いよいよ今週末(プレスデーは10月25日、一般公開日は10月28日〜11月5日)に迫った東京モーターショー。2年に一度のクルマ好きの祭典を前に、ここでは現時点で各メーカーから発表されている出展概要を元に、ちょっと通好みのモデル巡りと見所を紹介いたします。
文:ベストカーWeb編集部


■トヨタ Tjクルーザー

名前だけ読むと「FJクルーザーの後継車かな?」と思うのですが、実車は「ミニバンとクロカンのクロスオーバー車」という、それなりに意欲的なコンセプトカー。シートを倒せば汚れても拭ける板間っぽいフロアと後席スライドドアを持ち、かなり真剣に市販が検討されているもよう。会場に行けば内装やインパネが見られるので、「どこまで本気で作っているか」がわかります。アメリカで売れそう。

■日産 セレナNISMO

出展概要で突然「11月発売」が明かされたセレナのNISMO版。もうすぐ発表されるという噂の「セレナe-POWER」とともに、日産の日本市場における2018年度の販売台数の大黒柱になるはず。合わせてリーフNISMOも出展されるので、NISMOの解説員がいたら「次は何を?」と聞いてみるとあれこれ教えてくれるかも。あと日産は「サプライズカー」が得意なので、期待しましょう。

■ホンダ Sports EV Concept

25日のプレスカンファレンスまで外観はシークレット。四角いブレーキランプがノスタルジックな雰囲気に見えてしまうのは本企画担当だけでしょうか。「EVのスポーツカー」と説明されていますが、市販するならガソリン版もあり得ます。個人的には今年のフランクフルトショーで発表された街乗り版EV「Urban EV Concept」と搭載ユニットがどう違うのか気になります。

■スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPT

こちらも外観全貌は25日までシークレット。外観も気になりますが、もっと知りたいのは搭載ユニット。EVなのか、PHEVなのか、ハイブリッドか、純ガソリン車か。一番興奮するのは純ガソリン車だった場合。このコンセプトカーは次期WRXだと言われており、水平対向4気筒が載っていたら、そいつが超名機「EJ20」の後継エンジンです。

■マツダ 次世代商品コンセプトモデル

ハッキリ明言はしていませんが、おそらくこれが次期アクセラ。現行型のアクセラは2013年発売なので、モデルサイクルを考えると来年頃にフルモデルチェンジを控えています。さらに搭載エンジンは噂の「SKYACTIV-X」。圧縮着火式のガソリンエンジンですね。トヨタと提携して搭載しているハイブリッドはどうするつもりなのかなど、説明員を問い詰めるとあれこれ面白そう。

■三菱 e-EVOLUTION CONCEPT

ついに三菱に「エボリューション」の名前を冠したモデルが(コンセプトカーとはいえ)復活する。そう考えると感慨深いファンも多いのではないでしょうか。三菱が持つEV、四輪駆動力配分、RVといった、得意技術の「全部盛り」といったモデルとなります。全貌は25日までシークレット。同時に出展されるエクリプスクロスがベースだと言われていますが、真相やいかに。

■スズキ XBEE OUTDOOR ADVENTURE

2013年の東京モーターショーに出展し、同年12月にはもう発売しちゃった軽自動車のハスラーが大ヒットとなったからには、そのリッターカークラスであるこのクルマも発売の可能性は高い。世界的なクロスオーバーSUVブームを背景に、ジムニーシエラで培った本格派クロカン4WDのDNAを注入して開発中。「スペーシア」のほぼ市販型といえるモデルも出展予定。

■ダイハツ DN U-SPACE

個人的には一番楽しみにしているブース。何しろ盛りだくさんで選ぶのに苦労しましたが、「一台これぞ」とセレクトするなら「DN U-SPACE」。ホンダがN-BOXの2代目を8月に発売して大ヒット中、スズキは今回のショーで「スペーシアコンセプト」というそのまんまな名前のモデルを出展。ではダイハツは。これがおそらく次期タントです。左側の(ハンズフリー)前後スライドドアって本当に装着可能なのでしょうか。

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ