【横浜銀蝿40th】最初のクルマはタクシーだった!? ~Johnny クルマ愛を語る(前編)

 1980年9月21日、後に日本のロック史に名を刻むバンドがレコードデビューした。「横浜銀蝿」は、嵐、翔、Johnny、TAKUのメンバー全員がサングラスに黒の革ジャン、ドカン姿。不良の危険な薫りを全面に漂わせた4人が奏でる熱いサウンドと時代の気分をとらえた歌詞は、当時の若者たちを虜にし、社会現象を巻き起こす。活動期間はわずか3年3カ月だったが、40周年にあたる2020年は「横浜銀蝿40th(フォーティース)」としてオリジナルメンバーで復活を果たした。新型コロナウイルス禍の窮屈な世の中を歌った『ツッパリHigh School Rock‘n Roll(在宅自粛編)』が大きな話題を呼び、9月24日にはニューシングル『昭和火の玉ボーイ』もリリース。来年春からはコロナで順延された全国ツアー「横浜銀蝿40th コンサートツアー2020~It’s Only Rock’n Roll集会 完全復活編 Johnny All Right!~」も予定されている。

40周年を迎えた横浜銀蝿

 横浜銀蝿は、そもそも「単なる車好きの集まり(嵐)」(『ぶっちぎり最終章』講談社刊より)だった。メンバーのプロフィルを見ると、そのことがうかがえる。とりわけ、趣味に「車、バイク(改造するのが好き。好き過ぎて、車屋をやっていた経験も)」と書いたのは翔(62)、特技を「車の運転」としたのがJohnny(62)だった。

 2人は高校の同級生。10代のころからクルマを愛し続けてきた2人が40周年を前に、ベストカー編集部の取材に応じ、クルマにかけてきた情熱を語った。

 2回に分けてお届けするJohnnyのインタビュー前編は「青春時代のクルマたち」。

文:堀晃和/メイン写真:中里慎一郎

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ