【GT-R、レクサス、NSX…】販売台数が少ないクルマの事情11選 2017年版


 2017年11月の月販台数で、1位に輝いたのはホンダN-BOXでした。その数なんと2万52台。2位のスズキワゴンRが9241台ですから、ダブルスコアです。ちなみに登録車のトップはトヨタプリウスで9220台。

 そのいっぽうで、販売台数が多いクルマがあれば、当然少ないクルマもある。それはモデル末期だったりディーラーやメーカーに売る気がなかったり、そもそも「その台数」で充分だったり、それぞれに事情があります。

 本企画ではそんな、2017年11月に月販台数が少なかったクルマトップ(ワースト?)11のクルマたちについて、それぞれの事情をおっていきます。

 なお本稿ではOEM車両や生産終了が発表され公式サイトの掲載が終了したモデルは除外しております。

文:ベストカーWeb編集部


■ホンダNSX 2017年11月販売台数 8台

NSX

 2016年8月に発表された現行(2代目)NSX。「月販台数8台(国内単一モデルで最少販売台数)」というと「大丈夫かよ……」と思うかもしれませんが、大丈夫です。思いきり想定内。

 というのも、アメリカ・オハイオ州にあるホンダNSX専用工場での現行型NSXの生産能力は1日8台。工場年間稼働日数を250日とすると、生産キャパシティは2000台/年。

 このうち日本の割り当てぶんは5%ほどだというので、100台/年。これを月割りにするとなんと「8.333..台」。おお、ちょうどいい! NSX、順調に売れてます。

■日産 フーガ2017年11月販売台数 11台

フーガ

 完成検査問題で登録作業が遅れたり、リコール処理があってディーラーの営業マンが新車販売に時間を割けなかったことなどがあり、日産車の販売台数が軒並み低迷。

 そのあおりを思い切り受けて、フーガの月販台数は(同門のシーマより少ない)11台。なお10月は9台でした。9台って。

 11月15日に「遮音ガラスを採用し静粛性を向上」という細かい仕様変更を受けています。

 また、完成検査問題が発覚する前の9月は156台なので、本気を出せば(?)それくらい売れるモデルではあるものの、やはり、なんというか、日産はこのクラスのセダンを日本市場で、本気で売る気は……やっぱりないんじゃないかなあ……と思ってしまう。

 かつてフーガといえばクラウンと双璧をなす、日本を代表する高級サルーンだっただけに、ちょっと寂しい。ちなみにクラウンの2017年11月月販台数は1670台でした。

次ページは : ■ホンダ レジェンド2017年11月販売台数 18台

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ