名車が大名行列 NISMO&オーテック最強のカスタムモデル9選

 フェアレディZが発表され俄然注目の集まる日産のスポーツモデル。

 そんな日産のスポーツを語るとき、NISMOとオーテック、この両社は外せない。いずれも日産単体ではだせない、よりスポーティなモデルを生み出すブランドだ。

 もちろん現在も両社の名を冠したモデルは販売されているが、ここではもうちょっと前の、まだカスタムモデルに野蛮な香りがしていた頃のモデルを紹介してみたい。

 特にオーテックは今でこそプレミアム志向のモデルを多く揃えているが、過去には走りを重視した、かなり攻めたモデルも用意していた。

 日産の粋を集めたコンプリートモデル9台。懐かしさを胸にご覧いただきたい。

【画像ギャラリー】メーカーでは出せない、NISMO&オーテックの魅惑のモデルたちを写真でささっと見る。

※本稿は2020年10月のものです
文/鈴木直也、ベストカー編集部、写真/NISSAN、NISMO、オーテック、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■NISMO 400R(1996年)

 99台限定で販売されたコンプリートカー。エンジンは2.8L化され、さらにチューニングが施されて400psを発生する、RB-X GT2を積んだ。

NISMO 400R(1996年)

■NISMO 270R(1994年)

 NISMO創立10周年を記念し、S14シルビアをベースに30台限定で製作。車名のとおり出力はノーマルの220psから270psに高められていた。

NISMO 270R(1994年)

■NISMO フェアレディZ Version NISMO Type 380RS(2007年)

競技用モデル、Version NISMO Type380RS-Competisionの公道仕様。エンジンはノーマルの3.5Lから3.8Lに拡大され、350psを発生。

NISMO フェアレディZ Version NISMO Type 380RS(2007年)

■オーテック R31スカイライン オーテックバージョン(1988年)

 エンジンチューンによる発生出力=210ps/25.0kgmは、グループAホモロゲモデル「GTS-R」と同じだが、低速トルクが厚く、GTS-Rより乗りやすいと言われた。200台限定。

オーテック R31スカイライン オーテックバージョン(1988年)

■オーテック R32スカイライン オーテックバージョン(1992年)

 4ドアセダンのGTS-4にNA化したRB26を搭載。スペシャルメイドのピストン、カムシャフト、ECUチューンなどにより220psを発生。

オーテック R32スカイライン オーテックバージョン(1992年)

■NISMO R34 GT-R Z-tune(2004年)

 NISMO創立20周年記念モデル。良質な中古車をベースにボディを強化、搭載する2.8Lエンジンは500psを発生していた。販売価格1774万5000円で19台が販売された。

NISMO R34 GT-R Z-tune(2004年)

■オーテック P10プリメーラ オーテックバージョン(1994年)

 搭載するSR20DEチューンドエンジンは180ps/19.6kgmの出力を発生(ノーマルは150ps/19.0kgm)。JTCC参戦を記念して製作された。

オーテック P10プリメーラ オーテックバージョン(1997年)

■オーテック ステージア オーテックバージョン260RS(1997年)

 ワゴンの初代ステージアにR33GT-Rのパワートレーンを移植。出力は280ps/37.5kgm。踏みごたえのあるクラッチも魅力の一台。後期型もあり。

オーテック ステージア オーテックバージョン260RS(1997年)

■オーテック R33スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY(1998年)

 リアドアとリアフェンダーのプレス型を作り直してまでブリスターフェンダーを再現した4ドアGT-R。当時の価格は498万5000円。

オーテック R33スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY(1998年)

【番外コラム】NISMO400R、乗りました!(鈴木直也のSHORT IMPRESSION)

 R33が現役だった頃のチューニングメーカーによるチューンドっていうのは、かなりピーキーな性格だったけど、このクルマはさすがに完成度が高くて乗りやすかった。

 400psの出力は今となってはそんなに珍しくなくて、パワー感も現代の400psのほうが上なんだけど、1996年当時によくここまでバランスよく仕上げたなって思わされたよね。

ボンネットのエアアウトレットなどスペシャルな外観も魅力

【画像ギャラリー】メーカーでは出せない、NISMO&オーテックの魅惑のモデルたちを写真でささっと見る。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ