売れてない、古い、それでも「よさ」がある? 三菱パジェロに乗ってみた

 三菱パジェロといえば日本のSUV、いやそんななまぬるいものではなく、まさに「4WD」を代表する名車である。しかし2006年10月の登場以来モデルチェンジはしないし、かつての盟友デリカがアクティブギアで躍進を続けるのにパジェロはなんだか地味になってしまった。2017年の月間販売平均台数90台という超マイナー車種になってしまったが、かつてはテレビ番組でダーツの賞品だった華やかしい時代を担当は忘れてていないぞ。パジェロは現行モデル。三菱が大事にしているネーミングでもある。そんなパジェロに編集部員が乗ってみた。「変わらない強さ」がありそうな気がします。

文:ベストカーWeb編集部/写真:塩川雅人


■厳しい現実をどう受け止める!?

 三菱パジェロといえば日本を代表する4WDであり、世界中の極限状況で今日も愛用されるクルマだ。しかしそんなパジェロだが、2006年10月のフルモデルチェンジ以来、コツコツとエンジンなどのマイナーチェンジを繰り返しているものの、大きな動きがないことも事実。いっぽうのライバルであるトヨタランドクルーザーは高級路線に方向転換し、世界の主要マーケットで4WDの頂点に君臨している。

パジェロにはオフロードが似合う。アーバン4WDとしての道を捨てている感もある
パジェロにはオフロードが似合う。アーバン4WDとしての道を捨てている感もある

 近年パジェロはマーケットで徐々にその勢いを失いつつあり、2017年11月の販売台数は70台程度だ。デリカD:5が1042台、アウトランダーシリーズが647台(内PHEV235台)など、同社SUVとの比較では数字的にはかなり厳しいものがある。

 三菱関係者に話を聞くと「安全装備をつけたい、快適装備を充実させたい」なんて声も聞こえるが、全員が揃って言うのが「パジェロの本質はたとえ次期型でもこのまま変わらないです」ということ。モデルチェンジのウワサもあまり聞こえないパジェロだが、そんなパジェロを借りだして1泊2日で体感してみた。まさに10年の時を超えて生き続けるパジェロ。息吹を感じつつ試乗してみた。

■古くさいけど、これ「が」いいのかも

 最初から結論をいえば、とにかくクラシックだった印象。さすがに以前復活した70ランクルのような「トラック感」はないものの、もしかしたら「趣を感じる」ってこんな感じなのかもしれないと実感した。古くさいと批評するジャーナリストは多いかもしれないが、逆をいえばなにも余分なものがついていないからこその興奮を覚えてしまう。PS4が全盛のいま、あえてNINTENDO64に戻りたくなるような感じだ(本企画となんの関係もないが担当は「ゴールデンアイ 007」が好きだ)。

 乗り込んだ時からそのコックピットがなんだか「やる気」にさせる。ロシアあたりのオーナーが永久凍土を爆走する気分になるのだ。なんせインパネからしてもう懐かしい感じがしてくる。どこを探してもUSBポートもなければ、アウトランダーに設定のあるAppleCarPlayなんてシャレた機能も持たない。ナビこそあるものの、ブルートゥースなんてないし、むしろ地図で走ればいいじゃん、くらいの気概を感じる。

高度計などの4WD装備は充実している
高度計などの4WD装備は充実しているが他はいかんせん古さが……

 近年のクルマはユーザーに歩み寄ってくれる親切感がある。パジェロは極めて孤高。突き放すことはぜったいないけど、高倉健さん的な感じがする。後から気づく優しさパターンだ。さらに珍しくなってきたキーシリンダーにキーを差してひねるという行為も健在。きっとあと10年もしたらクルマの物理的なキーなんてものも消えていくだろうから、こんなに鍵山をまじまじと見る機会を与えてくれていることにも感謝だ。

 冷え込んだ真冬の朝にクランキングをすると、3.2Lのディーゼルエンジンは「カラッカラッカラッカラッ」と目覚める。アイドリングストップなんざ生やさしいものはないし、人によっては騒々しいほどのエンジンサウンドが響き渡る。きっとエコカーに慣れたご近所さんはうるさい、と思うかも。ステアリングからもエンジンの鼓動はぶるぶると伝わってくる。きっとジャーナリストが乗ったらここはダメだと指摘するかも。でも担当、「パジェロだよね、こういう感じ」と思う。

■走りは上々、気分も上々!!

 質素なインテリアに似つかわしくない豪勢なウッドステアリングに妙な違和感を感じつつ、ハンドルを握る。出だしは図太いトルクでグイグイ進む。地面を蹴る力を存分に感じながら走っていく。これは2WDモードでもその車重のおかげか伝わってくる。FRだからといって当然ハンドリングがいいわけもない。むしろ4WDモードのほうが鼻先が軽い。そりゃそっか、4WDありきのクルマだもの。

 乗り心地は懐かしい。オンロードで乗るぶんには近年のSUVのようなガッチリした足回りではない。かといってかつてのパジェロのような「クロカン」といった硬派な感じでもない。ちょうどその中間ともいうべきか。個人的にはちょうどいい。高速道路の100km/h巡航も低い回転数で巡航できるし、巷で言われているほどパジェロのオンロード性能は悪くない。たしかに固いし揺さぶられることもあるが「パジェロなんだから」で片付くほどのレベル。

 途中アイスバーンのワインディングも通ったが、怖いもの知らず。ぐいぐいと、そして着実に進んでいく。凍結防止剤と泥でリア周りがどんどん汚れていくがそれもまたいい。最近のSUVならぜったいに入りたくない凸凹道でもこの車高であれば怖くない。ちょっと寄り道して悪路を走っていける環境にあるのなら、進んで入っていきたい。そうやってスタックするクルマも多いのだが。

パジェロでなければいけない道がある。その限りは三菱がパジェロで応えてくれるはず
パジェロでなければいけない道がある。その限りは三菱がパジェロで応えてくれるはず

 目的地の群馬県の山奥に到達。気温は氷点下7度。なんだかパジェロに乗っているとひとつ強くなった気がする。それこそが「4WD」であるし、不安なく確実に目的地につけることこそこのクルマの目的なのだ。現在自衛隊でも73式小型トラックとして、このパジェロのDNAは究極の環境下で使われている。

 パジェロはたしかに古くさい。エアサスで減衰調整もできないし、自動ブレーキもない。けれどパジェロでなければならないというユーザーがいる限り、パジェロは生き続けるはずだ。もしかしたら新車で買うのはラストチャンスかもしれない。ヘビーに使える一生物の相棒を探している人はお急ぎを。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ