クラウンもZもみんな昔は丸目だった!? 丸目のヘッドライトを持つクルマたち

「ベストカー」本誌で好評連載中のテリー伊藤さん(ぜひ読んでね!!! 下段にミニコラムもあり!!!)もかねがねおっしゃっているように、丸目グルマは「癒やし系」、気持ちをほんわかさせてくれる。

 クルマの歴史を紐解けば、もともとヘッドライトは丸目がフツーだった。ここではそんな丸目ヘッドライトの歴史と、いまもなおそのキュートさを受け継ぐモデルに焦点を当てる。

【画像ギャラリー】軽に多いのも時代の必然!? 丸目キュートなモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年12月のものです
文/テリー伊藤、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年1月10日号


■1970年代までは丸目がフツーだった

 もともとクルマのヘッドライトは丸形が基本だった。1960年代から1970年代にかけては、前照灯の保安基準などのからみで、規格サイズの丸形ヘッドライトを使うクルマがほとんどだった。

 下にも紹介しているように、初代クラウンだって、パブリカだってヘッドライトは丸形だった。フェアレディZも初代S30型、2代目S130型は丸形ライトを使っていた。

初代クラウン
初代パブリカ
フェアレディZ

 その後1970年代前半になると、上級モデルを中心に、丸型ランプを片側2灯配置した4灯式が出てくるけれど、まだ「丸形規格サイズ」が基本。

 この時代だとクラウンやセドリックなどは丸形4灯ヘッドライトを採用している。スカイラインやマークIIなども丸4灯ライトだ。

■角形ランプの登場は1967年

 いち早く角形ランプを採用したのは、意外と早くて、1967年に登場した2代目ファミリア、それに続いて1968年の3代目クラウン2ドアハードトップだったけど、この後広く普及したかというとそのようなことはなく、丸形規格サイズが一般的だったのだ。

 転機は1979年、「異形ヘッドランプ」が開発されたこと。5代目スカイライン(GC210型=ジャパン)のマイチェンで採用されたのが印象的だった。

 その後の大転機は1986年、BMW7シリーズで初採用されたプロジェクターヘッドランプ。国産車だと1988年のS13型シルビア、初代セフィーロが思い出される。

 凸型レンズで配光をコントロールすることで、大型のリフレクターが不要となり、ヘッドライトの形状の自由度が格段に高まったのだ。

 その一方でリフレクターの形状も進化して、レンズカットによる配光の必要性がなくなってきたことで、非プロジェクターランプの形状も自由度が高まって、「脱丸目」時代が一気に進んだのが1990年代だ。細く切れ長のヘッドライトでシャープな表情を作るのがその時代流行った。

 さらに配光特性の自由度が高まったLED時代になって、これまでにないヘッドライト形状のクルマも登場してきたが、その反動なのか、今の時代、あえて丸目を採用するクルマが増えてきたようにも感じられる。

 こうして改めて見ると、やっぱりクルマの「顔」はヘッドライトの形状によってガラリとイメージが変わるんだなってことがわかる。丸目は癒し系だよね、やっぱり。

■丸目の王道かわいい系のモデルたち 9選

●スズキ スペーシアギア

 スーパーハイト軽ワゴン、スペーシアをベースに、アウトドアテイストを盛り込んだSUV。丸型ヘッドライトを採用したフロントマスクはソフトな表情になった。

スズキ スペーシアギア
スズキ スペーシアギア

●ホンダ N-ONE

 フルモデルチェンジして2代目になったけれど、フロントマスクだけではなく、外観はほとんど初代のまま。大先輩N360を起想させる丸目がポイントだから、変えようがない。

ホンダ N-ONE

●スズキ ハスラー

 丸目大好きのスズキ! ハスラーは初代の丸目を受け継いだが、ヘッドライトの造形が複雑さを増して、表情が豊かになった。まさに「ハスラーの顔」を作り上げた。

スズキ ハスラー

●ダイハツ キャスト

 2015年に登場したキャスト。丸目ヘッドライトを採用してレトロモダン調を目指した。当初は「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」が設定されたが、現在はスタイルのみ販売。

ダイハツ キャスト

●ダイハツ ムーヴキャンバス

 一見「丸目!?」と思うかもしれないが、キャンバスのヘッドライトは点灯時にリング状に光るポジションランプでしっかりと丸目を主張しているのでありました。

ダイハツ ムーヴキャンバス

●ホンダ Honda e

 N-ONEが思いっきり丸目を主張しているのに対し、こちらHonda eはやや控えめな丸目。とはいえリング状に光るLEDで独特の表情を作っているのが特徴。

ホンダ Honda e

●スズキ クロスビー

 ハスラーの登録車版と思ってはいけない。軽自動車枠にとどまらないワイドなフロントマスクにより、立体的な造形の丸目の生み出す表情はより生き生きして見える。それにしてもスズキは丸目が多いなぁ!

スズキ クロスビー

●スズキ アルトラパン

 そしてスズキの丸目グルマもういっちょう! ラパンはその名が示すように、ウサギのかわいらしさを表現したつぶらな目がポイント。丸目以外考えられないわな、このクルマの場合。

スズキ アルトラパン

●ホンダ N-BOX

 N-BOXのヘッドライトケース自体は角形だけど、見てのとおり点灯すると丸目が現われる。“カスタム”はシャープなヘッドライトだ。

ホンダ N-BOX

■“かわいい系”とはちょっと違った丸目たち 4選

●スズキ ジムニー

 ジムニーの場合、伝統的に丸型ヘッドライトを採用しているため、ある意味「伝統的ジムニー顔」と言ったらいいのか。武骨なボディにシンプルな丸目がよく似合っていると思います!

スズキ ジムニー

●ジープ ラングラー

 ジープ ラングラーも昔からこの顔。歴史あるクルマは、フロントマスクや車体形状そのものがアイコンになっているということを体現している1台だ。

ジープ ラングラー

●ダイハツ コペンセロ

 2代目はシャープな目つきで登場したが、途中から初代をイメージさせる丸目の「セロ」が追加された。

ダイハツ コペンセロ

●ジープ レネゲード

 フィアットとの協業で誕生したライトSUVのレネゲード。右に紹介したラングラーのデザインテイストを受け継ぐ、いわゆる「JEEP顔」ってやつで、当然丸目ヘッドライトを採用する。

ジープ レネゲード

(ここまでのTEXT/ベストカー編集部)

■テリー伊藤の「やっぱりクルマは丸目がいい!!」

 丸目の何がいいって「怖くない」ことですよ。ヘッドライトの技術が進化してデザインの自由度が広がった代わりに、クルマの顔から愛嬌が消えていきました。

 最近はコワモテを競い合うようなクルマばかりで全然癒やされない。それで「ペットのようなクルマ」を目指してデリカD:5 eyeキュートを作らせてもらったんです。

 技術が進化してコンピュータでクルマがデザインできるようになると、温かみが消えていくような気がします。

 私が子どもの頃、クルマの絵を描く時は必ず丸い目から描き始めたものですが、今の子どもはたぶん違うでしょうね。でも、可愛らしい丸い目のほうが絵を描いていて楽しいと思いますよ。

テリーさんの提案で実現したデリカD:5 eyeキュート

 今、初代のコペンやロードスターが中古車市場で人気なんですが、それも丸目が効いているんじゃないかな? クルマのコワモテやドヤ顔が行きすぎて、最近、揺り戻しが起きているような気がします。

 そもそも現代人はパソコンやスマホばかり見ているから、日々の生活に「丸いもの」が足りていないんです。

 ハダカ電球に象徴されるように、丸いものって貧しさを表しているところもあるから、複雑なカタチのものをありがたがる面があるのかもしれません。

 でも、複雑なカタチばかりになるとシンプルなものを求めたくなるのが人間心理。このところクルマの丸目が復権しつつあるのはそういうことだと思いますね。

 これからは現行コペンのようにひとつのクルマで角目と丸目の両方を作るのが流行るんじゃないかな? メーカーではできなくてもショップのドレスアップならできるはず。

 まさにデリカD:5 eyeキュートのやり方ですよね。

(TEXT/テリー伊藤)

【画像ギャラリー】軽に多いのも時代の必然!? 丸目キュートなモデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ