大きく差が出る本当の理由!! 高速120キロ化で燃費が落ちやすい&落ちにくい車

欧州車有利は本当!? 高速120キロで燃費が落ちやすい車、落ちにくい車

 日本の高速道路も100km/hから120km/h時代へ! 速度アップで燃費が落ちやすい車、燃費が落ちにくい車は?

 2020年12月22日から新東名の「御殿場JCT-浜松いなさJCT」間で、完全6車線化が実現し、最高速度も正式に120km/hへ引き上げられた。これまで高速道路は100km/hが最高速度の上限だったが、それが20km/h上がれば当然、燃費にも違いが出てくるはず。

 よく「欧州車は高速走行でも燃費が落ちにくい」ということが、まことしやかに語られるが、実際に120km/hとなったことで、燃費が落ちやすい車、落ちにくい車にはどのようなモデルなのか? 以下、国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏、写真/BMW、編集部

【画像ギャラリー】高速省燃費を体感すべし!! 人間国宝奥山峰石氏がBMWと製作した限定2台のBMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディションをみる


120キロになるとアクセル開度や燃費も大きく変わる

2020年12月22日より新東名高速道路の御殿場JCT-浜松いなさJCT間145kmが最高速度120km/hに引き上げられた

 新東名の3車線化区間と東北道の一部区間で120km/h制限になった。先日改めて走ってみたけれど、いろんな意味において「制限速度をキッチリ守れること」が実感できた次第。

 皆さんもなんとなく感じているとおり、人間が快適かつ眠くならないような軽度の緊張感を持つ速度を出すと、120~130km/hくらいになると言われている。

 私もスピードメーターが見えない状態で新東名を走ってみたところ(速度違反しないようナビシートに正確なGPS速度計をセットし、120km/hを超えたら教えてくれるようにした状況)、面白いほど115~120km/hくらいで走り続けてました。

 ちなみにスピードメーターには誤差があるため、メーカー読みだと124~130km/hだったそうな。この速度域、出してみるとハッキリわかるけれど、100km/h走行時より明らかにアクセル開度が大きい。

 しかも登り坂などで速度が落ちた際、加速しようとすると、パワーに余力のないクルマだとキックダウンする(CVTだとハッキリ回転数上がる)。エンジンの負担も100km/hより格段に大きくなると思う。当然ながら燃費だって落ちます。

 ということで、気になるのは高速道路120km/h化で急激に燃費が悪化するモデルの傾向と対策。以前から「輸入車は走行速度を上げても燃費が落ちない」などと言われてきた。はたして直近のクルマだとどうか? 

 パワーユニットやボディタイプによる違いはあるのか? 乗り方で燃費の差が出てしまうのか、などなど考察してみたい。

高速燃費はディーゼルが有利! 最も苦手なパワーユニットは?

写真はBMW 320d。高速高負荷に最も強いパワーユニットのはディーゼル車。速度が上がっても燃費が落ちにくいパワーユニットの筆頭だ

 まずパワーユニットから。

 高速走行=空気抵抗の増加をもたらす。いわゆる「指数関数」となるため、速度が20%上がったら空気抵抗も20%増…ということにはならない。速度上がったぶんの2乗で大きくなっていきます。負荷が掛かってもあまり燃費悪化しないパワーユニットのほうが「速度の増加に強い」ということになります。

 具体的に言えば、最も強いのはディーゼルである。ディーゼルは高負荷状態になった時の熱効率悪化が最も少ないため有利。だからこそ高速走行の多いヨーロッパでは、ディーゼルのニーズが大きかった。

 逆に最も弱いのは電気自動車。負荷を掛けていくと、急激に電力消費量が多くなっていく。120km/hの連続走行したら、航続距離だって短くなる。

エクリプスクロスPHEVなどのPHEV(PHV)車を高速道路で走行する際は、EVモードではなく、エンジン駆動モードを使用したほうがいい

 先日もエクリプスクロスPHEVで新東名を走ってみた。電気自動車モードのまま120km/h走行したら、電池残量がドンドン減っていく。街中だと50kmくらい電気自動車航続距離を持つのに、半分くらいになってしまった。

 エクリプスクロスに限らず、高速道路を走る時はエンジン掛けたモードを選ぶというのはPHV乗りの常識のようなもの。

次ページは : エンジンパワーの「余裕」やボディ形状も高速燃費の鍵