大きく差が出る本当の理由!! 高速120キロ化で燃費が落ちやすい&落ちにくい車

 日本の高速道路も100km/hから120km/h時代へ! 速度アップで燃費が落ちやすい車、燃費が落ちにくい車は?

 2020年12月22日から新東名の「御殿場JCT-浜松いなさJCT」間で、完全6車線化が実現し、最高速度も正式に120km/hへ引き上げられた。これまで高速道路は100km/hが最高速度の上限だったが、それが20km/h上がれば当然、燃費にも違いが出てくるはず。

 よく「欧州車は高速走行でも燃費が落ちにくい」ということが、まことしやかに語られるが、実際に120km/hとなったことで、燃費が落ちやすい車、落ちにくい車にはどのようなモデルなのか? 以下、国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏、写真/BMW、編集部

【画像ギャラリー】高速省燃費を体感すべし!! 人間国宝奥山峰石氏がBMWと製作した限定2台のBMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディションをみる


120キロになるとアクセル開度や燃費も大きく変わる

2020年12月22日より新東名高速道路の御殿場JCT-浜松いなさJCT間145kmが最高速度120km/hに引き上げられた

 新東名の3車線化区間と東北道の一部区間で120km/h制限になった。先日改めて走ってみたけれど、いろんな意味において「制限速度をキッチリ守れること」が実感できた次第。

 皆さんもなんとなく感じているとおり、人間が快適かつ眠くならないような軽度の緊張感を持つ速度を出すと、120~130km/hくらいになると言われている。

 私もスピードメーターが見えない状態で新東名を走ってみたところ(速度違反しないようナビシートに正確なGPS速度計をセットし、120km/hを超えたら教えてくれるようにした状況)、面白いほど115~120km/hくらいで走り続けてました。

 ちなみにスピードメーターには誤差があるため、メーカー読みだと124~130km/hだったそうな。この速度域、出してみるとハッキリわかるけれど、100km/h走行時より明らかにアクセル開度が大きい。

 しかも登り坂などで速度が落ちた際、加速しようとすると、パワーに余力のないクルマだとキックダウンする(CVTだとハッキリ回転数上がる)。エンジンの負担も100km/hより格段に大きくなると思う。当然ながら燃費だって落ちます。

 ということで、気になるのは高速道路120km/h化で急激に燃費が悪化するモデルの傾向と対策。以前から「輸入車は走行速度を上げても燃費が落ちない」などと言われてきた。はたして直近のクルマだとどうか? 

 パワーユニットやボディタイプによる違いはあるのか? 乗り方で燃費の差が出てしまうのか、などなど考察してみたい。

高速燃費はディーゼルが有利! 最も苦手なパワーユニットは?

写真はBMW 320d。高速高負荷に最も強いパワーユニットのはディーゼル車。速度が上がっても燃費が落ちにくいパワーユニットの筆頭だ

 まずパワーユニットから。

 高速走行=空気抵抗の増加をもたらす。いわゆる「指数関数」となるため、速度が20%上がったら空気抵抗も20%増…ということにはならない。速度上がったぶんの2乗で大きくなっていきます。負荷が掛かってもあまり燃費悪化しないパワーユニットのほうが「速度の増加に強い」ということになります。

 具体的に言えば、最も強いのはディーゼルである。ディーゼルは高負荷状態になった時の熱効率悪化が最も少ないため有利。だからこそ高速走行の多いヨーロッパでは、ディーゼルのニーズが大きかった。

 逆に最も弱いのは電気自動車。負荷を掛けていくと、急激に電力消費量が多くなっていく。120km/hの連続走行したら、航続距離だって短くなる。

エクリプスクロスPHEVなどのPHEV(PHV)車を高速道路で走行する際は、EVモードではなく、エンジン駆動モードを使用したほうがいい

 先日もエクリプスクロスPHEVで新東名を走ってみた。電気自動車モードのまま120km/h走行したら、電池残量がドンドン減っていく。街中だと50kmくらい電気自動車航続距離を持つのに、半分くらいになってしまった。

 エクリプスクロスに限らず、高速道路を走る時はエンジン掛けたモードを選ぶというのはPHV乗りの常識のようなもの。

エンジンパワーの「余裕」やボディ形状も高速燃費の鍵

ガソリン走行し、なおかつハイパワーエンジン車であるGT-Rは燃費ダウンが少なく、120km/h走行ができる

 ガソリンで走るクルマの場合、フェラーリやGT-Rなどに代表されるハイパワーエンジンほど燃費ダウン少なく、逆に軽自動車など非力&省燃費エンジン搭載車は速度を上げると燃費が悪くなってしまう。ジムニーなどで120km/h巡航したら一桁ですから。

 輸入車の燃費が落ちにくいというのは、比較的パワーに余裕あるということが多いためだ。ボディタイプによる差も大きい。ボディタイプ=空気抵抗。空気抵抗はCD値と呼ばれる空気抵抗係数×前面投影面積(前から見た時のボディ面積)で決まる。CD値が小さくて車高の低いクルマほど、空気抵抗は小さい。

 プリウスなどのように徹底的に空気抵抗の減少を狙ったモデルだとCD値(空気抵抗係数。少ないほうが良い)は0.24しかありません。

 だからこそ98馬力という非力のエンジンで(ハイブリッド車は連続して全開走行するとエンジンだけのパワーになる)180km/hという素晴らしい最高速が出る。

 逆にCD値が大きく、前面投影面積の大きいSUVやミニバンなどの場合、たとえ200馬力エンジンを搭載しても180km/hまで出ない。ということで120km/h出した時の燃費は、車高の低い乗用車ほど有利。

 総合的に考えると、100km/h走行から120km/h走行になって最も燃費がダウンするのは、電気自動車と、パワーに余裕が少なく、空気抵抗の大きいトール系の軽自動車ということになります。

空気抵抗の大きいトール系の軽自動車は、パワーに余裕少なく最も燃費が減りやすい

 燃費悪化の大きい車種で120km/h制限区間を走るなら、走行車線を大型トラックより少し速いくらいの速度でノンビリ走ったらいいと思う。

 また、走り方でも差が出る。パワーに余裕のないクルマだと登り坂で速度が低下。120km/hに戻そうとすればアクセルをたくさん踏むため、燃費は極端に悪くなってしまう。

 パワーに余裕のないクルマなら、クルーズコントロールを積極的に使い、速度が落ちないようにしたらいいと思う。全般的にクルーズコントロール使うと平均的に燃費良く走れます。

【画像ギャラリー】人間国宝奥山峰石氏がBMWと製作した限定2台のBMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディションをみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ