軽自動車販売でスズキとデッドヒート!! ダイハツが首位堅持できた理由とその裏側


 軽自動車販売で毎年のように販売合戦を展開しているダイハツとスズキだが、2020年の販売台数トップの座をかけた争いは、し烈を極めた。

 終盤に突入する9月にスズキがダイハツを逆転した時は、そのままスズキが突っ走るかに思われたが、ダイハツが王者の貫禄を見せつけて最終的には首位堅持。

 2020年のダイハツとスズキの軽トップ争い、DS戦争を振り返り、ダイハツが首位堅持できた理由とその裏側について考察する。

文/渡辺陽一郎、写真/DAIHATSU、SUZUKI、平野学、池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】絶対王者N-BOXが強さを見せるもルーキーが大健闘!! 2020年軽自動車販売ランキングBEST15


ダイハツが僅差で競い勝ち

 2020年には日本国内で459万8615台の新車が販売された(速報値)。コロナ禍により厳しい1年となったが、クルマの売れ行きは11.5%の減少に留まっている。とはいえ、基幹産業の自動車産業が世の中のために頑張らねばならないと思う。

 2020年の新車販売をカテゴリー別に見ると、軽自動車が171万8088台届け出され、国内新車販売全体の37%を占めた。1998年に軽自動車の規格が今の内容に刷新され、2000年代に入ると軽自動車の比率は30%を超えた。2006年には35%に達した。

 2020年における軽自動車の販売ランキングをメーカー順位で見ると、1位:ダイハツ、2位:スズキ、3位:ホンダ、4位:日産と続く。

 この内、ダイハツの軽自動車届け出台数は53万6292台、スズキは52万3604台だから、1年間で1万2688台の差であった。比率に換算すると、ダイハツが例年通り上まわったものの2%だ。ダイハツは僅差で競り勝った。

懸命に逃げ切ったダイハツ

ダイハツとスズキの軽自動車販売動向(販売台数は全軽協調べ)。赤字はその月の勝者を表す。2020年はダイハツが僅差で勝利

 2020年の届け出台数を月別の順位で振り返ると、ダイハツが1位になったのは1/2/4/7/10/11/12月だ。スズキは3/5/6/8/9月になる。ダイハツは7カ月、スズキは5カ月トップに立った。

 そして各月ごとに集計された累計販売台数では、スズキが3月にダイハツを抜いて1位になった。3月は単月でスズキがダイハツを3331台上まわり、2020年1~3月の累計でも1128台上まわった。スズキのスペーシアやワゴンRは減ったものの、2020年1月に本格的な販売を開始したハスラーの効果が大きい。

 その代わり4月に入るとスズキがコロナ禍の影響を受けて45%減少した。ダイハツも減ったが30%に食い止め、スズキに7275台の差を付けて1位になっている。この後、5/6月はスズキが再び上まわったが、ダイハツの累計1位は変わらず、7月はダイハツがさらに増えてスズキとの差を広げた。

 しかし8/9月と再びスズキが抜き返し、1~9月の累計もスズキが3448台リードした。2020年も残り3か月だ。2007年以来、2014年を除くとダイハツが軽自動車販売の1位だったが、久しぶりにスズキがトップに立つ可能性も高まった。

 そこで10月に入ると、ダイハツが再びスズキをリードした。軽自動車が前年の1.4倍届け出され、スズキに9285台の差を付けている。この上乗せで、1~10月の累計台数も挽回され、ダイハツが再度上まわった。

 この後、11/12月もダイハツの売れ行きが多く、最終的に先に述べた1万2688台の差に結び付いた。1年間の販売格差としては僅差だが、9月の時点でスズキが3448台多かったことを考えると、ダイハツが懸命に逃げ切った印象が強い。

2020年1月に販売を開始した新型ハスラー。スズキとダイハツのデッドヒートに大きな影響を与えた

次ページは : 乱高下が激しかった主力のタント

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ