2021年 ダイハツが大きく動く!! 中心的車種が続々新型へ 新規ミニバンも登場か

2021年 ダイハツが大きく動く!! 中心的車種が続々新型へ 新規ミニバンも登場か

 昨年(2019年)のロッキー、そして今年はタフトと、立て続けに注目車を輩出しているダイハツ。

 今後も新型コンパクトミニバン、軽ハイトモデルの主力車であるムーヴのフルモデルチェンジなど、新プラットフォーム「DNGA」を軸に楽しみなニューモデルたちが控えており、期待が持てそうだ。これからもダイハツからはちょっと目が離せない!

【画像ギャラリー】スマッシュヒット連発のダイハツ! 今後も期待のもてそうなニューモデルがスタンバイ!!!

※本稿は2020年8月のものです
文・予想CG:ベストカー編集部/写真:DAIHATSU
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■NEW コンパクトミニバン(2021年3月登場予定)

●SUV風味で味つけしたコンパクト3列ミニバン!

エクステリアもSUV風味が濃い個性的な3列シートミニバンとして仕上げてくる。最低地上高も高められる可能性がある(画像はベストカー予想CG)

 2017年の東京モーターショーに出展されたコンセプトモデル、「DNマルチシックス」。ネーミングのとおり、6人乗りの3列シートミニバンだ。

 このカテゴリーではすでにシエンタとフリードがしのぎを削っているのだが、このミニバンのベースとなるのはコンパクトSUVであるロッキー。

 つまり、ミニバンでもSUV色を強めたキャラクターが与えられることになるようだ。パワートレーンにはロッキーと同じ1Lターボに、新開発の1.2Lハイブリッドが与えられる。

2017年の東京モーターショーに出展されたコンセプトモデルの「DNマルチシックス」

■NEWムーヴ(2021年6月登場予定)

●DNGA採用で一気に軽ハイトモデルの頂点へ

ダイハツの誇る新開発プラットフォーム、DNGAを採用し、満を持してムーヴがフルモデルチェンジを果たす!(画像はベストカー予想CG)

 昨年、タントがフルモデルチェンジされて注目を浴びたのは新開発のDNGAプラットフォームを採用していたため。

 いよいよ、ムーヴも新型に切り替わり、同じプラットフォームを採用した新型となる。剛性を大幅に高めながら、それと同時に軽量化も達成できるのがウリで、軽ハイト市場でトップレベルとなる実燃費や加速力の向上など、DNGA導入のメリットは非常に大きい。

 現行N-BOX登場時、「軽のスーパーハイト市場をはるかに超えた完成度」との声を聞いたが、ダイハツも新型ムーヴで同じような評価を得るか?

■NEWパッソ/ブーン(2021年4月登場予定)

●かつてのX4ほどではないがスポーツグレード復活!?

110ps/20.0kgmの新開発1Lターボ搭載で、かつてのブーンX4以来となるスポーツグレード復活へ!(画像はベストカー予想CG)

 ダイハツが開発を担当し、トヨタにOEM供給するパッソ/ブーンも新型に切り替わる。DNGA思想が活かされたプラットフォームを採用し、大幅に走りの性能を向上して登場する。また、久々にスポーツグレードも登場か。

■NEW軽SUV(2021年12月登場予定)

●ジムニー対抗の4WDオフロード軽モデル!

(画像はベストカー予想CG)

 ジムニー対抗モデルとなるのがこの新型軽SUV。ラダーフレームやパートタイム4WDを採用したジムニーほどの本格派軽クロカン4WDではないが、悪路に強い4WDを中心としたラインナップになるようだ。

オフロード走行も可能だが、ジムニーほどの本格派ではない


次ページは : 【番外コラム】コペンワイドモデルはどーなった!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ