2021年 ダイハツが大きく動く!! 中心的車種が続々新型へ 新規ミニバンも登場か

 昨年(2019年)のロッキー、そして今年はタフトと、立て続けに注目車を輩出しているダイハツ。

 今後も新型コンパクトミニバン、軽ハイトモデルの主力車であるムーヴのフルモデルチェンジなど、新プラットフォーム「DNGA」を軸に楽しみなニューモデルたちが控えており、期待が持てそうだ。これからもダイハツからはちょっと目が離せない!

【画像ギャラリー】スマッシュヒット連発のダイハツ! 今後も期待のもてそうなニューモデルがスタンバイ!!!

※本稿は2020年8月のものです
文・予想CG:ベストカー編集部/写真:DAIHATSU
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■NEW コンパクトミニバン(2021年3月登場予定)

●SUV風味で味つけしたコンパクト3列ミニバン!

エクステリアもSUV風味が濃い個性的な3列シートミニバンとして仕上げてくる。最低地上高も高められる可能性がある(画像はベストカー予想CG)

 2017年の東京モーターショーに出展されたコンセプトモデル、「DNマルチシックス」。ネーミングのとおり、6人乗りの3列シートミニバンだ。

 このカテゴリーではすでにシエンタとフリードがしのぎを削っているのだが、このミニバンのベースとなるのはコンパクトSUVであるロッキー。

 つまり、ミニバンでもSUV色を強めたキャラクターが与えられることになるようだ。パワートレーンにはロッキーと同じ1Lターボに、新開発の1.2Lハイブリッドが与えられる。

2017年の東京モーターショーに出展されたコンセプトモデルの「DNマルチシックス」

■NEWムーヴ(2021年6月登場予定)

●DNGA採用で一気に軽ハイトモデルの頂点へ

ダイハツの誇る新開発プラットフォーム、DNGAを採用し、満を持してムーヴがフルモデルチェンジを果たす!(画像はベストカー予想CG)

 昨年、タントがフルモデルチェンジされて注目を浴びたのは新開発のDNGAプラットフォームを採用していたため。

 いよいよ、ムーヴも新型に切り替わり、同じプラットフォームを採用した新型となる。剛性を大幅に高めながら、それと同時に軽量化も達成できるのがウリで、軽ハイト市場でトップレベルとなる実燃費や加速力の向上など、DNGA導入のメリットは非常に大きい。

 現行N-BOX登場時、「軽のスーパーハイト市場をはるかに超えた完成度」との声を聞いたが、ダイハツも新型ムーヴで同じような評価を得るか?

■NEWパッソ/ブーン(2021年4月登場予定)

●かつてのX4ほどではないがスポーツグレード復活!?

110ps/20.0kgmの新開発1Lターボ搭載で、かつてのブーンX4以来となるスポーツグレード復活へ!(画像はベストカー予想CG)

 ダイハツが開発を担当し、トヨタにOEM供給するパッソ/ブーンも新型に切り替わる。DNGA思想が活かされたプラットフォームを採用し、大幅に走りの性能を向上して登場する。また、久々にスポーツグレードも登場か。

■NEW軽SUV(2021年12月登場予定)

●ジムニー対抗の4WDオフロード軽モデル!

(画像はベストカー予想CG)

 ジムニー対抗モデルとなるのがこの新型軽SUV。ラダーフレームやパートタイム4WDを採用したジムニーほどの本格派軽クロカン4WDではないが、悪路に強い4WDを中心としたラインナップになるようだ。

オフロード走行も可能だが、ジムニーほどの本格派ではない


【番外コラム】コペンワイドモデルはどーなった!?

 すでにコペンGRスポーツはトヨタから出ているのだが、エンジン内部にまでは手が入っていない。そこで、用意されるのがエボリューションモデルとなるこのコペンワイド。

「開発を進めている」という関係者証言があるが、その後進展したという話が入ってこないので、中止になってしまったかも…。もし進んでいれば、軽自動車規格ではなくなることからワイドトレッド化して走りの性能を向上させる。

 もし開発が動いていれば、2021年の東京モーターショーに出品される可能性あり。祈ろう!!

ブリスターフェンダーを装着し、ド迫力となるコペンワイドモデル。ロッキーの1Lターボをチューンして搭載する爽快なオープンスポーツとして登場か?(画像はベストカー予想CG)

【画像ギャラリー】スマッシュヒット連発のダイハツ! 今後も期待のもてそうなニューモデルがスタンバイ!!!