【レクサス、シーマ…】売れてない車の事情と言い分とは? 2017年度版

 2017年の車種別年間販売台数を見てみると、売れているクルマは本当によく売れているし、売れてないクルマは本当に売れてないなあと思います。

 1台にかかる開発費は車種ごとでもそれほど変わらないし、製作・流通・販売コストだって大きく違わない。だからこそ、売れてないクルマを作り続け、ラインアップを維持し続けるのは本当に大変なことだと思います。

 売れてるクルマは紹介記事も山ほど出て、知名度も上がるし何より儲かる。けれど売れてないクルマはメディアの露出も減って、どんどん日陰の存在へ。

 しかし「日本の自動車文化」を考えると、売れてないクルマこそ、その事情と言い分に耳を傾けるべきではあるまいか!

 そんな思いを胸に、2017年1〜12月の車種別販売台数(自販連発表)の中から「売れてない車」ワースト10を紹介し、その事情と言い分をお届けします。

 なお「売れてる車」を見てみると、1位はホンダN-BOXで年間販売台数21万8478台、2位はトヨタのプリウスで16万812台、3位ダイハツタント14万1373台、4位ダイハツムーヴ14万1312台。

 下半期に工場の完成検査問題で生産も受注も止まった日産ノートは13万8905台で5位でした。

文:大音安弘


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ