【レクサス、シーマ…】売れてない車の事情と言い分とは? 2017年度版


 2017年の車種別年間販売台数を見てみると、売れているクルマは本当によく売れているし、売れてないクルマは本当に売れてないなあと思います。

 1台にかかる開発費は車種ごとでもそれほど変わらないし、製作・流通・販売コストだって大きく違わない。だからこそ、売れてないクルマを作り続け、ラインアップを維持し続けるのは本当に大変なことだと思います。

 売れてるクルマは紹介記事も山ほど出て、知名度も上がるし何より儲かる。けれど売れてないクルマはメディアの露出も減って、どんどん日陰の存在へ。

 しかし「日本の自動車文化」を考えると、売れてないクルマこそ、その事情と言い分に耳を傾けるべきではあるまいか!

 そんな思いを胸に、2017年1〜12月の車種別販売台数(自販連発表)の中から「売れてない車」ワースト10を紹介し、その事情と言い分をお届けします。

 なお「売れてる車」を見てみると、1位はホンダN-BOXで年間販売台数21万8478台、2位はトヨタのプリウスで16万812台、3位ダイハツタント14万1373台、4位ダイハツムーヴ14万1312台。

 下半期に工場の完成検査問題で生産も受注も止まった日産ノートは13万8905台で5位でした。

文:大音安弘


■10位 レクサスGS F 276台

 GS Fは、国産で唯一となった5L V8自然吸気エンジンを搭載するスーパーセダン。まさに日本のBMW M5のような存在だ。

 しかも欧州ブランドは、昨今、ターボ化とAWDにご熱心で、大排気量NAのスポーツモデルは希少な存在となってきた。

 筆者もサーキット走行した経験があるが、一見、フォーマルなスタイルのミディアムセダンだが、活躍の場さえ与えれば、スポーツカー顔負けの走りを見せる。まさに現代版羊の皮をかぶった狼である。

 それが1112万円で購入できるのは、バーゲンプライスといえるだろう。トヨタだっていつまでV8を続けるかわからない。ぜひ今のうちに買っておこう!(予算があれば……)

 なおレクサスは販売台数の集計をグレードごとに提出しており、この「GS」も「GS F」と「GS300h」と「GS300」と「GS450h」はそれぞれ別々に販売台数がカウントされている。「GS全体」で集計すると暦年販売台数は4257台となる。

 ちなみに上記写真は先月登場した特別仕様車「F 10th Anniversary」。25台限定で1550万円だそうです。どひー。「このマットカラー、洗車できないじゃん」と思ったのですが、そういう人は購入対象に引っかからないんでしょうね。

■9位 日産シーマ 272台

 かつては“シーマ現象”と呼ばれる大ヒットを飛ばした日産のフラッグシップも今やマイナーな存在に。その追い打ちをかけたのは、現行型がベースとなるフーガとの視覚的な違いが歴代で最も少ないことだろう。

 しかし、実はこの2台、よく見ると結構違うのだ。

 3m越えのホイールベースの専用ロングボディ、横格子の大型グリルとメッキモールによるフロントマスク、リヤエンターテイメントシステムなどはすべてシーマだけのもの。

 パワートレインがハイブリッドだけというのも現代の高級車らしいところだ。しかも塗装など製造工程もフラッグシップに相応しい最高級品質で作られている。

 三菱のOEM(「ディグニティ」)も2016年11月に終了したことで、唯一の存在にも返り咲いた。その価値はもっと評価されても良いかも。

次ページは : ■8位 レクサスIS350 254台