【レクサス、アクセラ…】2018年早々苦戦中のクルマたちの「いいところ」5選


 2018年1月も、売れているクルマは売れまくってます。

 ホンダN-BOXは1万9309台、日産デイズは1万4843台、ダイハツタントは1万2125台。発売したてのスズキスペーシアも受注1万5000台を超えたようです。いやーめでたい。

 しかしそのいっぽうで、年明け早々苦戦しているクルマもあります。どれも企画された当初は「売れるはず」と期待され、発売直後は「新型車登場」と騒がれ、メーカーもメディアもユーザーも喜んだモデルです。みんないいクルマです。

 売れていないと目にする機会が減り、目にする機会が減るとますます売れなくなる。そんな悪い流れを堰き止めるべく(売れるクルマのいいところはいろんなところで目にすることだし)、売れてないクルマのいいところをご紹介してゆきます!

文:片岡英明


■トヨタ アベンシスワゴン 2018年1月販売台数40台

 アベンシスワゴンはトヨタのイギリス工場で生産されている世界戦略車だ。海外には4ドアセダンもある。が、日本市場はワゴンだけと割り切り、現行モデルはセダンを輸入していない。

 デビューしたのは6年半も前だが、2015年に大掛かりなマイナーチェンジを行い、フロントマスクは精悍なキーンマスクとなっている。

  エクステリアは、カローラフィールダーよりはるかにカッコいいし、見栄えもいいと思う。また、1クラス上のワゴンだからインテリアや装備もカネがかかっている。

 走りの実力も一級だ。2Lの直列4気筒エンジンは実用域のトルクが太く、扱いやすい。クルージング時は静粛性も高いレベルにある。パワーユニット以上に魅力的なのが乗り味だ。

 欧州直伝のサスペンションは、骨太で、剛性感あふれる走りを披露する。接地フィールはいいし、コントロールできる領域も広い。

 パッケージングも優秀だ。キャビンは広いし、ラゲッジルームも大容量で、荷物を積みやすい。価格も300万円を切るから買い得感はすこぶる高いのだ。

■レクサス RC 2018年1月販売台数96台

 日本はクーペブームが去り、デートカーにもビッグキャビンのクルマを好む人が多くなっている。

 また、身内に似た性格のトヨタ86があり、価格も安いから86に流れる人が多い。RCの価格はボトムでも500万円以上だから、買えるユーザーは限られる。

 が、ISをベースにしているから走りのポテンシャルは高いのだ。

 エンジンは4気筒のターボから上質でパワフルなV型8気筒まで4機種を揃え、いずれも個性的である。環境に優しいハイブリッド車も実力は高い。

 特筆したいのは、切れ味鋭いハンドリングだ。ISよりホイールベースを70mm短くしているから応答レスポンスは鋭いし、気持ちいいコーナリングを楽しめる。意のままの気持ちいいハンドリングは大きな魅力だ。

 ドライバーズシートはセダンより後方にあり、着座位置も低いから、FRならではのリアの動きもよく分かる。

 インテリアも上質だ。メーターも時計も、自慢できる手の込んだものを配している。内容を考えると、もっと売れてもいいクルマだ。

次ページは : ■マツダ アクセラハイブリッド 2018年1月販売台数46台

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ