北米で発売開始したインフィニティQX55と日本で売れそうなインフィニティ車

北米で発売開始したインフィニティQX55と日本で売れそうなインフィニティ車

 日産が海外で展開する高級車チャンネル「INFINITI」の新型クーペSUV「QX55」が2021年2月16日から現地で発売開始となった。

 2020年11月にデジタルワールドプレミアされていたQX55は、クロスオーバーSUVのQX50をベースとしたクーペルックのSUVで、今後のインフィニティの中核を担う、重要なモデルだ。

 「カッコいい!」「日本でも売れそう!」と話題になったQX55だが、残念ながら、インフィニティは本社機能が横浜の日産グローバル本社にあるにもかかわらず、日本ではインフィニティブランドを展開していないため、今のところQX55を日本で手に入れることは難しい。

 インフィニティには、他にも日本導入が熱望されているクルマが多々あるだけに、日本展開がないことは、非常にもったいなく感じる。

 今回はQX55についてご紹介するとともに、日本でも売れそうなインフィニティブランドのクルマも併せてご紹介、そして、なぜインフィニティは日本で展開しないのかについても、迫りたいと思う。

文/吉川賢一 写真/日産自動車

【画像ギャラリー】本文未掲載の内装写真も!! 日本でも発売してほしいインフィニティブランドの多彩な車種を見る!!


■ダイナミックなエクステリアが印象的なQX55

北米で登場したインフィニティ QX55。大きく堂々としたフォルムだ

 QX55は、インフィニティブランドのなかで成功したモデルのひとつである、高性能クーペSUV「QX70(インフィニティFX)」の後継車的な位置付けで登場したモデルだ。

 全体的なプロポーションは、BMWのX5やポルシェカイエンなどにも影響を与えた、とされている「初代FX」のマッシブなデザインテイストを受け継ぎ、ダイナミックで存在感のあるエクステリアが印象的だ。

フロントグリルの幾何学的な模様は日本の折り紙にヒントを得ている

 フロントグリルやエアインテークの模様は、日本の折り紙に着想を得てデザインしたそう。ルーフラインはベースとしたQX50のルーフラインとは全く異なり、クーペSUVらしさがあふれている。

 20インチの大径タイヤホイールが標準採用となっていることで、キャビンのコンパクトさ際立っている。個人的には、これほどの大径タイヤは好きにはなれないが、もはやこの手のラグジュアリーSUVに20インチは珍しくなくなってきた。

 テールランプは、まるでピアノの鍵盤のようなデザインが特徴的で、QX55のいいアイコンとなっている。そういえば、先日発表されたホンダ新型ヴェゼルでも同じようなテールランプデザインになっていた。

 ちなみにこのテールランプは、1つのハウジングに45個のLEDを組み合わせているそう。パワーリフトゲートも備えられ、利便性もしっかりと確保されている。

特徴的なテールランプデザイン。1つのハウジングに45個のLEDを組み合わせている
モナコレッドとグラファイトのQX55のインテリア。デュアルセンターディスプレイを採用する

 上段8インチ、下段7インチの高解像度スクリーンの「デュアルセンターディスプレイ」は、日本のV37スカイラインに搭載されているものと(つまりインフィニティQ50)と同じだ。

 また、ワイヤレスでApple CarPlayと連携できるタッチインフォテインメントシステムでもあり、複数のUSB入力口も備えている。カラーヘッドディスプレイも備え、コンサート会場のような音響が体験できる、16スピーカーのBoseオーディオシステムも備えている。

 パワートレインは、QX50と同じく、4気筒可変圧縮ターボエンジン(最大出力268ps)を搭載。マニュアルシフトモード付の無段変速機と、インテリジェント全輪駆動システムの組み合わせだ。このパワートレインは、日本には未導入。

 日産にはこのパワートレインを搭載できるサイズのクルマ(ムラーノやティアナといったDプラットフォームのクルマ)が現時点ないのだ。非常に良いパワートレインなのに、日本で乗れないのが悔やまれる。

 だが、QX55のパワートレインとしては、すこし物足りない。QX70の血統を受け継ぐクルマとしてならば、さらにハイパワーなエンジン、例えば、Q50 RED SPORT(日本だとスカイライン400R)に搭載されている400ps級のV6ツインターボもあってほしかったところ。ややがっかりした内容だった。

■スタイル抜群のQX50、ベンツAクラスと兄弟車のQ30は日本でも売れそうだ

2021年モデルの上級グレードQX50 LUXE

 インフィニティは、北米、中国、そして欧州市場で販売を展開している。そのうち、主戦場である北米市場では、現在、Q50(日本名:スカイライン)、Q60、QX50、QX60、QX80(アルマーダの兄弟車)の5車種のみ。

 2000年頃にはG35(V35スカイライン)の大ヒットによって、特にセダンで勢いのあったインフィニティだが、世界的なセダン需要の縮小も影響し、かつてインフィニティのフラグシップを担っていたセダン「Q70」が、2019年末をもって販売が終了。いまでは寂しいラインナップとなってしまった。

 このなかで、筆者が日本導入を熱望しているのがQX50だ。スタイルが良く、ドイツメーカーに対しても、まったく見劣りがしないデザインクオリティだ。

 燃費の面で国産ハイブリッドに対抗できるパワートレインがないのが弱点だが、日本未導入のVCターボエンジンは、インフィニティのラグジュアリーSUVの魅力のひとつとなるだろう。

 続いてインフィニティのグローバル本社がかつて香港にあったこともあり(前述のとおり、現在は横浜の日産グローバル本社へ移転)、中国市場はラインナップが手厚い。

 セダンはQ50、Q50L(Q50のロングホイールベース版)、Q60、Q70L(日本のシーマと同じホイールベースに延長したもの)、そしてSUVはQX30、QX50、QX60、QX70、QX80と、合計で9車種だ。

日本未導入のVCターボエンジンを搭載するのも魅力だ

 なかでも、中国版のQ60には、最大出力211psの2リッター直4ターボのモデルが用意されている。北米では、300ps級と400ps級の2つのアウトプットを持つ3リッターV6ツインターボしかなく、燃費の面では目も当てられない状態だが、2リッタークラスの後輪駆動車であれば、フロントの軽量化と燃費改善にもなる。

 これって、「日本人が長年欲しがっているシルビア」に最も近い一台ではないだろうか。

インフィニティQ60欧州仕様。なかなか美しいフォルムを持つ2ドアクーペだ
Q30はサイズ感もスタイルも日本向けだといえる

 欧州市場(英国インフィニティ)では、Q30、Q50、Q60、Q70、QX30、QX50、QX60、QX70、QX80がラインアップされている。

 ちなみにQ30は、メルセデスベンツのAクラス(1世代前のW176型)のプラットフォームを使い、インフィニティが化粧直しと足回りのチューニングをしたプレミアムコンパクトだ。プロポーションも悪くなく、日本でも売れそうな気がする。

 だが、願わくば、アウディQ2サイズの、さらに小さなコンパクトSUVが欲しいところだ。

次ページは : ■いまは「余裕がない」 しかし今後に期待!!