消えていった哀しき世界初 日本初の装備はなぜ続かなかったのか?


 1980年代~1990年代にかけて、日本車に勢いのあったバブル期には世界初、日本初といった装備や技術が新型車が出るたびといっても過言ではないくらい登場していた。

 しかし、そのなかには注目されながらも後に続かなかったものというのも少なくない。本企画では、そんな哀しき、世界初、日本初の装備や技術たちを振り返り、続かなかった理由(言い訳)も考えてみた。

※トビラ写真/1988年登場の80系マークIIには、なんとサイドウインドウの小さなスペースにワイパーが設けられた。バブル期に誕生した贅沢(というか無駄?)な装備だ

文/永田恵一
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】世界初の栄光はどこへ!? 今はすっかり下火となったハイテク装備をつけたクルマたち


雨の日の視界確保関係

1980年登場の日産レパードに装備されたフェンダーミラーワイパー。ボンネットの上に伸びているフェンダーミラーは手を伸ばしても届かないため、確かに便利かもしれない

 視界が狭くなる雨の日はまず視界を確保したい。特にサイドミラーは水滴により見にくくなるのを緩和するために実用化されたのが1980年登場の日産レパードの初代モデルに採用されたフェンダーミラーワイパーである。

 フェンダーミラーワイパーはフェンダーミラーに着いた水滴をワイパーで拭き取るという目的が明確かつ単純明快な装備だったのだが、面積の小さいフェンダーミラーに装着されたため、使わないときにはミラーワイパーが視野を狭めてしまうというデメリットもあった。

 このデメリットを解消したのが1988年登場の日産シーマの初代モデルに装備されたミラーワイパーのドアミラー版で、初代シーマではミラーワイパーがドアミラーの上部にキレイに装着されていた。

 さらに「雨天時にはミラーワイパーの前にドライバーとドアミラーの間にあるサイドウィンドウの水滴を拭わなくてはいけない」と考えたのか定かではないが、サイドウィンドウ前方に小さなワイパーを設けてドアミラーを見やすくしたのが1988年登場の80系マークII三兄弟で、80系マークII三兄弟のサイドウィンドウワイパーはご丁寧にウォッシャー付きだった。

 この2つが併用されれば雨の日のミラーの視界は万全だったのだが、さすがにそれはコストが掛かりすぎるのかそういったクルマ登場せず、現在サイドウィンドウは一度窓を開けて水滴を拭うなどし、ドアミラーは珍しい装備ではなくなったミラーヒーターで水滴をなくし、ドアミラーからの視界を確保するという考え方、方法が主流となっている。

世界初の5バルブエンジンを積んだミニカ

三菱ミニカに搭載された5バルブエンジンの3G81型エンジンは550ccという排気量で実現したから驚くほかない。さらにターボを搭載したダンガングレードは自主規制いっぱいの64ps/9.8kgmのスペックをたたき出していた
バルブ自体の慣性重量を減らしつつ、少しでも多く吸気をするために吸気3、排気2のマルチバルブ化が図られ、2本のカムシャフトが当時の三菱お家芸のローラーロッカーアームを介してバルブを駆動するというものだった。プラグは5つのバルブの中央に配置

 日本車のエンジンは昭和末期あたりからDOHC化とともに最低1気筒あたり1ずつで済む吸気と排気を行うバルブのマルチ化も進んだ。

 マルチバルブ化は吸気、排気ともに2つとなる4バルブがほとんどだったのだが、「さらにパワーを出すためには吸気を増やしたい、吸気バルブを小型化して高回転まで回したい」というコンセプトで、吸気バルブ3つ、排気バルブ2つという形で世界初の5バルブを実用化したのが1989年登場の三菱ミニカの搭載されたNAとターボのDOHCエンジンである。

 5バルブは日本車では1991年登場の100系と1995年登場の110系カローラ&スプリンターなどにスポーツエンジンとして搭載された1.6リッターの4A-GE型も採用し、確かに高回転化による出力向上には貢献した。

 しかし、市販車ではバルブが増えることによるコスト高やコスト高ほどのメリットが薄かったのは否めず、「4バルブのまま性能を追求する方が得策」という結論になり、採用例は増えないまま消えてしまった。

次ページは : ホンダのFFミドシップレイアウト

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ